Windows XPのMicrosoft IME 2003で顔文字を入力する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:005209  更新日:2016/08/30

Windows XPのMicrosoft IME 2003で、顔文字を入力する方法について教えてください。

Microsoft IMEでは、入力モードや変換モードを変更することで、あらかじめ登録されている顔文字が「かお」の変換候補に表示され、変換候補から顔文字を入力できるようになります。

Microsoft IMEでは、入力モードや変換モードを変更することで、あらかじめ登録されている顔文字が「かお」の変換候補に表示され、変換候補から顔文字を入力できるようになります。

はじめに

Microsoft IMEでは、入力/変換モードの設定を変更すると、顔文字を入力することができます。
「かお」と入力して変換すると、あらかじめ登録されている顔文字が変換候補に一覧表示されます。
顔文字を入力したい場合、記号1つ1つを入力して作成しなくても、効率よく顔文字を入力することができます。

変換候補に表示される顔文字(一例)
変換候補に表示される顔文字(一例)

※ ここでは、Microsoft IME 2003/2002/2000/98で顔文字を入力する方法について案内します。
ご使用のMicrosoft IMEによって、操作手順をそれぞれ確認してください。

操作手順

Microsoft IMEで顔文字を入力するには、以下の操作手順を行ってください。

1. Microsoft IME 2003/2002の場合

Microsoft IME 2003/2002で顔文字を入力できるように設定するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、Microsoft IME 2003の画面で案内します。

  1. 言語バーのMicrosoft IMEから「ツール」をクリックします。
    言語バーのMicrosoft IMEから「ツール」をクリックします

    補足

    言語バーが表示されていない場合は、以下の情報を参照してください。
    Q&AWindows XPで言語バーが表示されない場合の対処方法
    Q&A日本語入力中MS-IME 2002ツールバーが表示されない場合の対処方法

  2. 表示された一覧から「プロパティ」をクリックします。
    表示された一覧から「プロパティ」をクリックします

  3. 「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」が表示されます。
    「辞書/学習」タブをクリックします。
    「辞書/学習」タブをクリックします

  4. 「システム辞書」欄の「Microsoft IME 話し言葉・顔文字辞書」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
    ※ グレーにチェックではなく、白地にチェックが入力されている状態か確認してください。
    「システム辞書」欄の「Microsoft IME 話し言葉・顔文字辞書」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

顔文字の入力方法については、「3. 顔文字の入力方法」を確認してください。

2. Microsoft IME 2000/98の場合

Microsoft IME 2000/98で顔文字を入力できるように設定するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、Microsoft IME 2000の画面で案内します。

  1. ツールバーからMicrosoft IME 2000の「プロパティ」をクリックします。
    「Microsoft IME 2000のプロパティ」画面が表示されたら、「辞書/学習」タブをクリックします。
    「Microsoft IME 2000のプロパティ」画面が表示されたら、「辞書/学習」タブをクリックします

  2. 「システム辞書」欄の「MS-IME 2000話し言葉辞書」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
    ※ グレーにチェックではなく、白地にチェックが入力されている状態か確認してください。
    「システム辞書」欄の「MS-IME 2000話し言葉辞書」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

顔文字の入力方法については、「3. 顔文字の入力方法」を確認してください。

3. 顔文字の入力方法

Microsoft IMEで顔文字を入力するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、Microsoft IME 2003の画面で案内します。

  1. 「メモ帳」などの文字入力できるアプリケーションを起動し、「かお」と入力して変換します。
    「メモ帳」などの文字入力できるアプリケーションを起動し、「かお」と入力して変換します

  2. 顔文字の変換候補が一覧表示されたら、キーボードのスペースキーで目的の顔文字を選択し、「Enter」キーを押します。
    顔文字の変換候補が一覧表示されたら、キーボードのスペースキーで目的の顔文字を選択し、「Enter」キーを押します

以上で操作完了です。

4. 顔文字の読み方

顔文字を入力する場合、「あせ」や「にこにこ」など、「かお」以外の文字を入力して変換すると様々な顔文字が入力できます。
顔文字の読み方は、Microsoft IMEの「目次とキーワード」で確認することができます。

Microsoft IMEで入力できる顔文字の読みを確認するには、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XPのMicrosoft IME 2003で記号や顔文字の読み方がわからない場合の対処方法

↑ページトップへ戻る