文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:005236
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition
最終更新日:2002/07/24
印刷する

◆ Windows XP でI/0アドレスや割り込みレベルを変更する方法

Windows XP でI/0アドレスや割り込みレベルを変更する方法

概要
周辺機器等をパソコンに増設した時、システムのI/Oアドレスや割り込みレベル(IRQ)が他の周辺機器と競合する場合があります。

通常 Windows XP は周辺機器の割り込みレベルの設定は自動で行いますが、一旦設定されたI/Oアドレスや割り込みレベルを手動で変更するも可能です。
なお、Windows XP で固定されているものは変更することができません。

ここでは、WindowsXPでI/Oアドレスや割り込みレベルを手動で変更する方法を案内します。


対象機種
PC98-NXシリーズ


内容
周辺機器等をパソコンに増設したが、I/Oアドレスや割り込みレベルをさらに手動で調節したい場合下記の手順を参考に行ってください。

【操作手順】

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。



  2. .「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。



  3. 「コンピュータの基本的な情報を表示する」をクリックします。



  4. 「ハードウェア」タブをクリックします。



  5. 「デバイスマネージャ」ボタンをクリックします。



  6. 変更したいデバイスをダブルクリックします。
    (ここでは例として、通信ポート(COM1)をダブルクリックしています。)



  7. 「リソース」タブをクリックし、「自動設定」のチェックをはずします。



  8. 「現在の構成」横のボタンをクリックし、プルダウンメニューから基本構成0000〜をクリックします。
    (ここでは基本構成0003を選択しています。)



  9. 「I/Oの範囲」、「IRQ」の値が変更されていることを確認します。
    (目的の値になっていない場合は再度8.で他の基本構成を選択します。)
    「OK」ボタンをクリックします。



  10. リソースの設定がいくつか手動で設定されています。〜というウインドウが表示されたら「OK」ボタンをクリックします。



  11. 再起動の画面が表示されたら再起動します。


関連情報
Windows XPで割り込みレベルの一覧を調べる方法については下記の技術情報を参照してください。

 情報番号:003124
WindowsXPで割り込みレベルを調べる方法」 


補足
補足はありません。



◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。