文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:006561
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition
最終更新日:2017/12/27
印刷する

◆ Windows Media Player でDVD再生時に視聴制限を行う方法

Windows Media Player でDVD再生時に視聴制限を行う方法

概要
  ここでは、Windows Media Player でDVD再生時に視聴制限を行う方法を案内します。

対象機種
  PC98-NXシリーズ

内容
  Windows Media Player では、視聴制限を有効にすることによりDVD再生に制限を設定することができます。

《注意》
DVDの視聴制限を使用するためには、下記の準備が必要です。
  • コンピュータの管理者アカウントまたは管理者アカウントのすべてにパスワードを割り当てます。

  • DVDの視聴制限を適用する各ユーザーについて、制限付きユーザー アカウントを作成します。

DVDの視聴制限を使用するには、Windows ユーザーアカウントとパスワードを正しく設定し、コンピュータのセキュリティを確保する必要があります。
正しい設定を行わないと、許可のないユーザーによってDVDの視聴制限の設定が変更されるおそれがあります。

Windows Media Player で視聴制限を設定にするには、コンピュータの管理者でログオンし、次の操作を行ってください。

【操作手順】

  1. Windows Media Player を起動します。




  2. メニューバーより「ツール」→「オプション」をクリックします。




  3. 「DVD」タブをクリックします。




  4. 「保護者による制限」より「視聴を制限する」にチェックを入れ、「規制レベル」を選択します。

    Windows Media Player で設定できる「規制レベル」には、次の項目があります。
    (アメリカのMPAAで設定されている区分です。)

    • G:一般

    • PG:児童に不適切な箇所あり。保護者の判断が必要

    • PG-13:13歳以下の児童には不適切な箇所あり。保護者の判断が必要

    • R:17歳以下の青少年は親か成人の保護者同伴が必要

    • NC-17:17歳以下は観賞禁止

    • 規制なし:特に規制はありません




  5. 「OK」ボタンをクリックします。




  6. 下図のようなメッセージが表示された場合は、ユーザーのアカウントとパスワードを設定してください。




以上で設定は終了です。

関連情報
  この情報の詳細は、以下のMicrosoft社のホームページで案内していますので参照してください。



ユーザーアカウントに関する情報は、次を参照してください。



補足
  《注意》
  • DVD の再生には、互換性のある MPEG-2 ソフトウェア デコーダまたはハードウェア デコーダが必要です。

  • 制限付きユーザー アカウントには必ずしもパスワードを割り当てる必要はありませんが、必要な場合は割り当てることができます。
    DVD の視聴制限の設定を変更できるのは、コンピュータの管理者または管理者のみです。

  • 「ツール」→「オプション」→「DVD」タブは DVD-ROM ドライブが装着されているコンピュータのみ表示されます。

  • DVDディスクが視聴制限をサポートしている場合には、「規制レベル」で設定したレート以上のディスクは再生できません。

  • すべてのDVDディスクが視聴制限機能をサポートしているわけではありません。
    サポートしていないディスクは、視聴制限の設定に関係なく再生されます。



◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。