Microsoft社セキュリティ問題のQ&A集

Microsoft社セキュリティ問題のQ&A集

Q&A番号:006818  更新日:2017/12/22
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows Vista Home Basic、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Enterprise
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows XP Media Center Edition 2004
Windows XP Tablet PC Edition 2005
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Enterprise
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows XP Media Center Edition 2004
Windows XP Tablet PC Edition 2005
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:006818  更新日:2017/12/22

Microsoft社のセキュリティ問題について、Q&Aリンク集はありますか。

2001年から2008年までにご案内したMicrosoft社セキュリティ問題は、以下の通りです。

2001年から2008年までにご案内したMicrosoft社セキュリティ問題は、以下の通りです。

1. 2008年セキュリティ情報

ここでは、2008年のセキュリティに関する情報を案内します。

情報番号 タイトル
009750 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS08-25)
009749 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS08-24)
009748 「セキュリティ」ActiveX Kill Bit用のセキュリティ更新プログラムについて(MS08-23)
009747 「セキュリティ」VBScriptおよびJScriptスクリプトエンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-22)
009746 「セキュリティ」GDIの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-21)
009745 「セキュリティ」DNS クライアントの脆弱性により、なりすましが行われる可能性がある問題について(MS08-20)
009680 「セキュリティ」Microsoft Office Webコンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-17)
009679 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-16)
009678 「セキュリティ」Microsoft Outlookの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-15)
009677 「セキュリティ」Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-14)
009630 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-013)
009629 「セキュリティ」Microsoft Worksファイルコンバータの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-011)
009628 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS08-010)
009627 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-009)
009626 「セキュリティ」OLEオートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-008)
009625 「セキュリティ」WebDav Mini-Redirectorの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-007)
009624 「セキュリティ」Windows TCP/IPの脆弱性により、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS08-004)
009539 「セキュリティ」LSASSの脆弱性により、ローカルで特権が昇格される可能性がある問題について(MS08-002)
009538 「セキュリティ」Windows TCP/IPの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS08-001)

2. 2007年セキュリティ情報

ここでは、2007年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
009490 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-069)
009489 「セキュリティ」Windows Media Formatの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-068)
009488 「セキュリティ」Macrovisionドライバの脆弱性により、ローカルで特権が昇格される可能性がある問題について(MS07-067)
009487 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS07-066)
009486 「セキュリティ」メッセージキューの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-065)
009485 「セキュリティ」DirectShowの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-064)
009484 「セキュリティ」SMBv2の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-063)
009433 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 DNSの脆弱性により、なりすましが行われる可能性がある問題について(MS07-062)
009432 「セキュリティ」Windows URI処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-061)
009353 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-060)
009352 「セキュリティ」RPCの脆弱性により、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS07-058)
009351 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-057)
009350 「セキュリティ」Outlook ExpressおよびWindows メール用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-056)
009349 「セキュリティ」Kodak Image Viewerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-055)
009285 「セキュリティ」Microsoft エージェントの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-051)
009210 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 Vector Markup Languageの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-050)
009209 「セキュリティ」Windows Vistaの重要な更新 Windowsガジェットの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-048)
009208 「セキュリティ」Windows Media Playerの重要な更新 Windows Media Playerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-047)
009207 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 GDIの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-046)
009206 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-045)
009205 「セキュリティ」Excelの重要な更新 Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-044)
009204 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 OLEオートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-043)
009203 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 XMLコア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-042)
009112 「セキュリティ」Microsoft インターネット インフォメーション サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-041)
009111 「セキュリティ」.NET Frameworkの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-040)
009110 「セキュリティ」Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-036)
009047 「セキュリティ」Windowsの重要な更新 Win32 APIの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS07-035)
009046 「セキュリティ」Outlook ExpressとWindowsメールの重要な更新 Outlook ExpressおよびWindows メール用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-034)
009045 「セキュリティ」Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-033)
009044 「セキュリティ」Microsoft Windows Schannel の セキュリティ パッケージの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-031)
008908 「セキュリティ」Windows DNSのRPCインターフェイスの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題について(MS07-028)
008907 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-027)
008906 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題について(MS07-025)
008905 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題について(MS07-024)
008904 「セキュリティ」Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題について(MS07-023)
008739 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により特権が昇格される可能性がある問題について(MS07-022)
008738 「セキュリティ」CSRSSの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-021)
008737 「セキュリティ」Microsoftエージェントの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-020)
008736 「セキュリティ」ユニバーサル プラグ アンド プレイの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-019)
008731 「セキュリティ」GDIの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-017)
008616 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS07-016)
008615 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-015)
008614 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-014)
008613 「セキュリティ」Microsoft リッチ エディットの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-013)
008612 「セキュリティ」Microsoft MFCの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-012)
008611 「セキュリティ」Microsoft OLEダイアログの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-011)
008610 「セキュリティ」Microsoft Malware Protection Engineの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-010)
008609 「セキュリティ」Microsoft Data Access Componentsの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-009)
008608 「セキュリティ」HTMLヘルプのActiveXコントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-008)
008607 「セキュリティ」Windows Image Acquisitionサービスの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS07-007)
008606 「セキュリティ」Windowsシェルの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS07-006)
008605 「セキュリティ」ステップ バイ ステップの対話型トレーニングの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-005)
008527 「セキュリティ」Vector Markup Languageの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-004)
008526 「セキュリティ」Microsoft Outlookの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-003)
008525 「セキュリティ」Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS07-002)

3. 2006年セキュリティ情報

ここでは、2006年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
008484 「セキュリティ」Windows Media Formatの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-078)
008483 「セキュリティ」リモートインストールサービス(RIS)の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-077)
008482 「セキュリティ」Outlook Express用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-076)
008481 「セキュリティ」Windowsの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS06-075)
008480 「セキュリティ」SNMPの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-074)
008479 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-072)
008426 「セキュリティ」Microsoft XMLコアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-071)
008425 「セキュリティ」Workstationサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-070)
008424 「セキュリティ」AdobeのMacromedia Flash Playerの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-069)
008423 「セキュリティ」Microsoft エージェントの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-068)
008422 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-067)
008421 「セキュリティ」Netware用クライアントサービスの脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-066)
008350 「セキュリティ」Serverサービスの脆弱性により、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS06-063)
008349 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-062)
008348 「セキュリティ」Microsoft XMLコアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-061)
008347 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-060)
008346 「セキュリティ」Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-059)
008345 「セキュリティ」Windows Explorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-057)
008310 「セキュリティ」Vector Markup Languageの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-055)
008281 「セキュリティ」Pragmatic General Multicast(PGM)の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-052)
008212 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-051)
008211 「セキュリティ」Microsoft Windowsハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-050)
008210 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS06-049)
008209 「セキュリティ」Microsoft Visual Basic for Applications(VBA)の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-047)
008208 「セキュリティ」HTMLヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-046)
008207 「セキュリティ」Windowsエクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-045)
008206 「セキュリティ」Microsoft 管理コンソール(MMC)の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-044)
008205 「セキュリティ」Microsoft Windowsの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-043)
008204 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-042)
008203 「セキュリティ」DNS解決の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-041)
008202 「セキュリティ」Serverサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-040)
008162 「セキュリティ」Microsoft Officeフィルタの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-039)
008161 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-038)
008160 「セキュリティ」Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-037)
008159 「セキュリティ」DHCPクライアントサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-036)
008158 「セキュリティ」Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-035)
008157 「セキュリティ」ASP.NETの脆弱性により、情報漏えいが起こる可能性がある問題について(MS06-033)
008119 「セキュリティ」TCP/IPの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-032)
008118 「セキュリティ」サーバーメッセージ ブロックの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS06-030)
008117 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-027)
008116 「セキュリティ」Windows用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-026)
008115 「セキュリティ」ルーティングとリモート アクセスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-025)
008114 「セキュリティ」Windows Media Playerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-024)
008113 「セキュリティ」Microsoft JScriptの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-023)
008112 「セキュリティ」ARTの画像表示の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-022)
008111 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-021)
008049 「セキュリティ」AdobeのMacromedia Flash Playerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-020)
008000 「セキュリティ」Outlook Express用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-016)
007999 「セキュリティ」Windowsエクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-015)
007998 「セキュリティ」Microsoft Data Access Components(MDAC)の機能の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS06-014)
007997 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-013)
007930 「セキュリティ」Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-012)
007929 「セキュリティ」制限の少ないWindowsサービスのDACLにより、特権が昇格される可能性がある問題について(MS06-011)
007875 「セキュリティ」PowerPoint 2000の脆弱性により、情報漏えいが起こる可能性がある問題について(MS06-010)
007874 「セキュリティ」韓国語版Input Method Editorの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS06-009)
007873 「セキュリティ」WebClient サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-008)
007872 「セキュリティ」TCP/IP の脆弱性により、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS06-007)
007871 「セキュリティ」Windows Media Playerプラグインの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-006)
007870 「セキュリティ」Windows Media Playerの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-005)
007869 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS06-004)
007801 「セキュリティ」Microsoft OutlookおよびMicrosoft ExchangeのTNEFデコードの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-003)
007800 「セキュリティ」埋め込みWeb フォントの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS06-002)
007794 「セキュリティ」Graphics Rendering Engineの脆弱性によりコードが実行される可能性がある問題について(MS06-001)

4. 2005年セキュリティ情報

ここでは、2005年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
007784 「セキュリティ」Windowsカーネルの脆弱性により、特権が昇格される可能性がある問題について(MS05-055)
007783 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-054)
007738 「セキュリティ」Graphics Rendering Engineの脆弱性によりコードが実行される可能性がある問題について(MS05-053)
007693 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-052)
007692 「セキュリティ」MSDTCおよびCOM+の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-051)
007691 「セキュリティ」DirectShowの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-050)
007690 「セキュリティ」Windowsシェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-049)
007689 「セキュリティ」Microsoft Collaboration Data Objectsの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-048)
007688 「セキュリティ」プラグアンドプレイの脆弱性により、リモートでコードが実行され、ローカルで特権の昇格が行われる可能性がある問題について(MS05-047)
007687 「セキュリティ」NetWare用クライアントサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-046)
007573 「セキュリティ」印刷スプーラの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-043)
007572 「セキュリティ」テレフォニー サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-040)
007571 「セキュリティ」プラグ アンド プレイの脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行われる可能性がある問題について(MS05-039)
007570 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-038)
007502 「セキュリティ」JView プロファイラの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-037)
007501 「セキュリティ」マイクロソフト カラー管理モジュールの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-036)
007500 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-035)
007467 「セキュリティ」ステップ バイ ステップの対話型トレーニングの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-031)
007466 「セキュリティ」Outlook Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-030)
007465 「セキュリティ」Web Clientサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-028)
007464 「セキュリティ」サーバーメッセージブロックの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-027)
007463 「セキュリティ」HTMLヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-026)
007462 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-025)
007390 「セキュリティ」「Web の表示」の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-024)
007371 「セキュリティ」Microsoft Wordの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-023)
007370 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-020)
007369 「セキュリティ」TCP/IPの脆弱性により、リモートでコードが実行され、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS05-019)
007368 「セキュリティ」Windows Kernelの脆弱性により、特権の昇格およびサービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS05-018)
007367 「セキュリティ」メッセージ キューの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS05-017)
007366 「セキュリティ」Windowsシェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-016)
007279 「セキュリティ」ハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-015)
007278 「セキュリティ」Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムについて(MS05-014)
007277 「セキュリティ」DHTML編集コンポーネントの Active Xコントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-013)
007276 「セキュリティ」OLEおよび COMの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-012)
007275 「セキュリティ」サーバーメッセージブロックの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-011)
007274 「セキュリティ」ライセンスログサービスの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS05-010)
007272 「セキュリティ」Windowsシェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-008)
007271 「セキュリティ」Windowsの脆弱性により、情報漏えいが起こる可能性がある問題について(MS05-007)
007270 「セキュリティ」Microsoft Office XPの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-005)
007269 「セキュリティ」ASP.NETパス検証の脆弱性について(MS05-004)
007227 「セキュリティ」インデックス サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-003)
007226 「セキュリティ」カーソルおよびアイコンのフォーマット処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS05-002)
007225 「セキュリティ」HTML ヘルプの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS05-001)

5. 2004年セキュリティ情報

ここでは、2004年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
007201 「セキュリティ」Windows XP Service Pack 2 用の重要な更新プログラムについて(886185)
007194 「セキュリティ」WINS の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS04-045)
007193 「セキュリティ」WindowsカーネルおよびLSASSの脆弱性により、特権の昇格が起こる可能性がある問題について(MS04-044)
007192 「セキュリティ」ハイパー ターミナルの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-043)
007191 「セキュリティ」DHCP の脆弱性により、リモートでコードが実行され、サービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS04-042)
007190 「セキュリティ」WordPad の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-041)
007161 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-040)
007090 「セキュリティ」NetDDE の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-031)
007089 「セキュリティ」WebDav XML Message ハンドラの脆弱性によりサービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS04-030)
007088 「セキュリティ」RPC ランタイム ライブラリの脆弱性により、情報漏えいおよびサービス拒否が起こる可能性がある問題について(MS04-029)
007087 「セキュリティ」圧縮(zip形式)フォルダの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-034)
007086 「セキュリティ」Microsoft Excel の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-033)
007085 「セキュリティ」Microsoft Windows のセキュリティ上の問題を排除する修正プログラムについて(MS04-032)
007084 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-038)
007083 「セキュリティ」Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS04-037)
007082 「セキュリティ」NNTP の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-036)
007047 「セキュリティ」JPEG処理の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-028)
007046 「セキュリティ」WordPerfect コンバータの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-027)
006996 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-025)
006973 「セキュリティ」Windowsシェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS04-024)
006972 「セキュリティ」HTML ヘルプの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-023)
006971 「セキュリティ」タスク スケジューラの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-022)
006970 「セキュリティ」Internet Information Server 4.0 のセキュリティ更新プログラムについて(MS04-021)
006969 「セキュリティ」POSIX の脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-020)
006968 「セキュリティ」ユーティリティ マネージャの脆弱性により、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-019)
006880 「セキュリティ」「ヘルプとサポート センター」の脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性がある問題について(MS04-015)
006858 「セキュリティ」Microsoft Outlook Express のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-013)
006856 「セキュリティ」Microsoft RPC/DCOM 用のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-012)
006857 「セキュリティ」Windows のセキュリティ上の問題を排除する修正プログラムについて(MS04-011)
006824 「セキュリティ」Microsoft Outlook の脆弱性によりコードが実行される可能性がある問題について(MS04-009)
006782 「セキュリティ」ASN.1の脆弱性によりコードが実行される可能性がある問題について(MS04-007)
006783 「セキュリティ」WINSの脆弱性によりコードが実行される可能性がある問題について(MS04-006)
006771 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS04-004)
006717 「セキュリティ」MDAC機能のバッファ オーバーランにより、コードが実行される可能性がある問題について(MS04-003)

6. 2003年セキュリティ情報

ここでは、2003年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
006630 「セキュリティ」Microsoft FrontPage Server Extensions のバッファ オーバーランにより、コードが実行される可能性がある問題について(MS03-051)
006629 「セキュリティ」Microsoft Word および Microsoft Excel の脆弱性により、任意のコードが実行される問題について(MS03-050)
006627 「セキュリティ」Workstation サービスのバッファ オーバーランにより、コードが実行される可能性がある問題について(MS03-049)
006628 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS03-048)
006585 「セキュリティ」リストボックスおよびコンボボックスのコントロールのバッファ オーバーランによりコードが実行される可能性がある問題を排除する修正プログラムについて(MS03-045)
006582 「セキュリティ」Windows の「ヘルプとサポート」のバッファ オーバーランによりシステムが侵害される可能性がある問題を排除する修正プログラムについて(MS03-044)
006584 「セキュリティ」Windows トラブルシュータ ActiveX コントロールのバッファオーバーフローにより、コードが実行される可能性がある問題を排除する修正プログラムについて(MS03-042)
006583 「セキュリティ」Authenticode の検証の脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある問題を排除する修正プログラムについて(MS03-041)
006560 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS03-040)
006542 「セキュリティ」RPCSS サービスのバッファ オーバーランによりコードが実行される可能性がある問題について(MS03-039)
006534 「セキュリティ」Visual Basic for Applications の問題により任意のコードが実行される可能性がある問題について(MS03-037)
006535 「セキュリティ」Microsoft Word の問題により、マクロが自動的に実行される可能性がある問題について(MS03-035)
006519 「セキュリティ」Microsoft Data Access Components のセキュリティアップデートについて(MS03-033)
006520 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS03-032)
006499 「セキュリティ」DirectX の未チェックのバッファにより、コンピュータが侵害される可能性がある問題について(MS03-030)
006492 「セキュリティ」Windows シェルの未チェックのバッファによりシステムが侵害される可能性がある問題について(MS03-027)
006491 「セキュリティ」RPCインターフェイスのバッファオーバーランによりコードが実行される可能性がある問題について(MS03-026)
006479 「セキュリティ」ユーティリティ マネージャによる Windows メッセージ処理の問題により、権限が昇格する問題について(MS03-025)
006482 「セキュリティ」Windows のバッファ オーバーランによりデータが破損する可能性がある問題について(MS03-024)
006478 「セキュリティ」Windows に含まれるHTMLコンバータの処理の問題により、不正なプログラムが実行される可能性がある問題について(MS03-023)
006394 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS03-020)
006308 「セキュリティ」Windows Media Playerのスキンダウンロードの問題により、不正なプログラムが実行される問題について(MS03-017)
006293 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS03-15)
006294 「セキュリティ」Outlook Express 用の累積的な修正プログラムについて(MS03-014)
005800 「セキュリティ」Microsoft VM の問題により、システムが侵害される問題について(MS03-011)
006281 「セキュリティ」Windows スクリプトエンジンの問題により、コードが実行される問題について(MS03-008)
006282 「セキュリティ」Windows コンポーネントの未チェックのバッファにより Web サーバーが侵害される問題について(MS03-007)

7. 2002年、2001年セキュリティ情報

ここでは、2002年、2001年のセキュリティに関する情報を案内しています。

情報番号 タイトル
005804 「セキュリティ」Windows XP で、Windows Shell の未チェックのバッファによりシステムが侵害される問題について(MS02-072)
005773 「セキュリティ」Internet Explorer のセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムについて(MS02-066)
005403 「セキュリティ」デジタル証明書の不完全なチェックにより偽装されたWebページへのアクセスや偽装された署名を持つ電子メールの受信が行われてしまう問題について(MS02-050)
005388 「セキュリティ」ActiveX コントロールの不正な実行によって証明書が破壊される問題について(MS02-048)
003583 「セキュリティ」Windows XP / Windows Me などでシステムが侵害されるセキュリティ問題の対策について(MS01-059)

補足

不正アクセス被害やコンピュータウイルスに感染した場合の届出先について

不正アクセス被害やコンピュータウイルスに感染した場合の相談・届出は、情報処理推進機構(IPA)にて受け付けています。
外部サイト情報処理推進機構(IPA)

↑ページトップへ戻る