Windowsのウイルス/セキュリティ問題について

Windowsのウイルス/セキュリティ問題について

Q&A番号:006878  更新日:2019/07/18
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows XP Media Center Edition 2004
Windows XP Tablet PC Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows XP Media Center Edition 2004
Windows XP Tablet PC Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:006878  更新日:2019/07/18

Windowsのウイルス/セキュリティ問題について教えてください。

パソコン(Windows)を安全に使用していくために必須の知識、「コンピューターウイルス」問題、および「セキュリティ」問題について説明します。

パソコン(Windows)を安全に使用していくために必須の知識、「コンピューターウイルス」問題、および「セキュリティ」問題について説明します。

はじめに

Windowsで、セキュリティ問題が悪用されたコンピューターウイルス(以下「ウイルス」)の被害に遭わないために、今すぐ以下の操作を行ってください。

  1. 「Windows Update」を実行する
    3-A「「Windows Update」によるセキュリティ問題対策」を確認してください。

  2. 使用しているウイルス対策ソフトのデータを最新にして、新種のウイルスに対応する
    3-B「ウイルス対策ソフトによるウイルス対策」を確認してください。

1. 「ウイルス」「セキュリティ問題」の一般的な知識

以下では、「ウイルス」および「セキュリティ問題」についての一般的な知識について説明しています。

A. 「ウイルス」って何?

「ウイルス」とは

「ウイルス」とは、ユーザーのパソコンに入り込んで悪さをするプログラムのことです。
「パソコン」と「悪さをするプログラム」の関係が、「人間」と「病原菌(ウイルス)」の関係に似ていることから、パソコンに悪さをするプログラムのことを「ウイルス」(「コンピューターウイルス」)と呼んでいます。

「ウイルス」は実行されなければ感染しない

ウイルスは実行されることで悪さを行います。
※ 具体的な「悪さ」については、次項「2. 「ウイルス」「セキュリティ問題」の未対策によりユーザーが受ける被害」を確認してください。

ウイルスの形態は、電子メールの添付ファイルであったり、文書作成ソフトや表計算ソフトに含まれる「マクロウイルス」と呼ばれるものであったり、ネットワーク(インターネット)上でやり取りされるファイルであったりと様々ですが、基本的に、ユーザーがこれらのファイルを実行しなければ(怪しげなファイルをダブルクリックしたり、何らかの方法で開いたりしなければ)、パソコンがウイルスに感染することはありません。
「出所がよくわからないファイルは開くな(実行するな)」とよく言われるのは、このためなのです。

ところが、ウイルスの中には、そのウイルスが含まれるファイルをユーザーが意図的に開かなくても(実行しなくても)、自動的に実行されてしまうものがあります。
それらのウイルスは、「セキュリティ問題」を悪用しているのです。

B. 「セキュリティ問題」って何?

「セキュリティ問題」とは

パソコンの基本ソフト(「OS」→ここでは「Windows」のこと)に、脆弱な部分(ウイルスなどに付け入る隙を与える部分)があると、それが「セキュリティ問題」となります。
これらのセキュリティ問題が悪用されることによって、動作妨害や不正利用、情報漏洩などが起こりえます。

セキュリティ問題により、ウイルスなどの不正なプログラムが自動実行される

セキュリティ問題は、それ自体が悪さをするものではありません。実は、クラッカーやウイルスなどがセキュリティ問題を悪用しているのです。

上述したように、ウイルスは実行されなければ感染しません。
そこでウイルスは、自身を確実に感染させるために(実行させるために)、ユーザーがウイルスファイルを開く開かないに関わらずウイルスを実行させる方法を利用します。
それが、セキュリティ問題を悪用したウイルスの自動実行です。

セキュリティ問題を悪用されると、メールの本文や特定のウェブサイトを見たり、インターネットに接続したりしただけでウイルスが自動的に実行され、パソコンがウイルスに感染することになります。
つまり、「怪しげなファイルを開かなければ大丈夫」という考えは通用しなくなってしまうのです。

したがって、セキュリティ問題はすぐに修正する必要があります。
マイクロソフト社が提供する「Windows Update(ウィンドウズアップデート)」は、このセキュリティ問題を修正する機能です。
「Windows Update」を定期的に行い、このような自動実行型ウイルスの感染を防ぎましょう。
ただし、「Windows Update」により、すべてのウイルス感染を防ぐことができるわけではありません。
さまざまなウイルスに対応するには、ウイルス対策ソフトのデータを更新していく必要があります。

2. 「ウイルス」「セキュリティ問題」の未対策によりユーザーが受ける被害

以下では、「ウイルス」および「セキュリティ問題」の未対策によりユーザーが受ける被害について説明しています。

「ウイルス」「セキュリティ問題」による具体的被害について

ウイルスやセキュリティ問題への対策をしていないことにより、ユーザーが受ける被害については、以下のような症状が発生します。

  • パソコンの動作が不安定になる
  • パソコンが突然終了する
  • アプリケーション(文書作成/表計算ソフト)などが突然終了する
  • 電子メールや写真など、パソコン内のファイルが盗み見られる(重要な情報が漏洩する)
  • 電子メールや写真など、パソコン内の重要なファイルが削除される
  • 悪意のあるユーザーアカウントが作成され、パソコンが乗っ取られる
  • パソコン(Windows)が起動不可能になる

3. 「ウイルス」「セキュリティ問題」への対策

ウイルスやセキュリティ問題への対策として、複数の対策を組み合わせることが最も有効です。
以下で紹介する対策をすべて実施することにより、ご使用のパソコンをさまざまな攻撃(ウイルス感染など)から、ほとんどの場合で保護することができます。

A. 「Windows Update」によるセキュリティ問題対策

セキュリティ問題を修正する

以下の情報を参照して、セキュリティ問題を修正してください。

Windows XP/2000の場合
Q&AWindows XPのWindows Updateでモジュールをアップデートする方法

修正できたかどうかを確認する

正しくセキュリティ問題を修正できたかどうかを確認します。
確認方法の詳細については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XPでWindows Updateを使ってインストールしたプログラムを確認する方法

B. ウイルス対策ソフトによるウイルス対策

プリインストールされている(または、お客様が個別にインストールした)ウイルス対策ソフトのデータを最新の状態に更新して、ご使用のパソコンを新種のウイルスから保護してください。

また、定期的に手動でパソコンのウイルスチェックを行うことで、パソコンがウイルスに感染していても、これを発見して駆除することができます。
インストールされているウイルス対策ソフトに応じて、下記のいずれかを確認してください。

VirusScanの場合

新種のウイルスに対応するには、以下の情報を参照してください。
Q&AVirusScanで最新のウイルスに対応する方法
手動でウイルスのチェックを行うには、以下の情報を参照してください。
Q&Aウイルスチェックを行う方法

補足

プリインストールされているウイルス対策ソフトがわからない場合は、以下の手順で確認してください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」(または「プログラム」)をクリックします。

  2. 表示される一覧から「McAfee」「Norton AntiVirus」「McAfee VirusScan(ウイルススキャン)」などの名前があるか確認します。

    • 「McAfee」がある場合
      インストールされているウイルス対策ソフトは「McAfee VirusScan Online」です。
    • 「Norton AntiVirus」がある場合
      インストールされているウイルス対策ソフトは「Norton AntiVirus」です。
    • 「McAfee VirusScan(ウイルススキャン)」がある場合
      インストールされているウイルス対策ソフトは「VirusScan」です。

以上で操作完了です。
各ウイルス対策ソフトに対応した対策方法を確認してください。

C. ファイアウォールによる対策

ウイルスを侵入させないようにする手段として、ファイアウォールによる対策を行いましょう。

ご使用のパソコンにファイアウォールソフト「PCGATE Personal」が添付されている場合は、「PCGATE Personal」の使用をおすすめします。

※ 最新のウイルスの場合は、ウイルス対策ソフト用のデータが提供される前に電子メールに添付されているファイルを不用意にクリックして開くと感染してしまう可能性があるので、注意してください。

D. 上記の諸対策を行うことによる新たな問題の発生とその対策

上記の諸対策を行うことにより、既知の問題が発生する場合があります。

詳細については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XP Service Pack 1(SP1)または Service Pack 2(SP2)を適用後にサウンドが鳴らなくなった場合の対処方法

4. 「ウイルス」「セキュリティ問題」対策に関するホームページの案内

以下では、ウイルス対策およびセキュリティ問題対策に関するホームページを案内しています。

A. ウイルス対策の関連ホームページ

マカフィー株式会社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトマカフィー株式会社

シマンテック社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトシマンテック社

トレンドマイクロ社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトトレンドマイクロ社

ウイルスの「危険度」ってなに?

ウイルスの「危険度」とは、上記の各ウイルス対策ソフト開発会社が独自の基準でウイルスの危険性を評価した総合指標です。
「どれくらいウイルスが蔓延しているか」「被害を受けたときのダメージはどの程度か」「ウイルスの感染力はどれくらいか」などの基準で、危険度「大」「中」「小」などが判定されます。

「駆除ツール」について

ウイルス対策ソフト開発会社が、各ウイルスに対応した無料のウイルス駆除ツールを用意している場合があります。
もし、ご使用のパソコンにウイルス対策ソフトがインストールされていない場合は、これらの駆除ツールを利用することで、ウイルスの被害を受けたパソコンの復旧を行える場合があるので、利用することをおすすめします。

マカフィー株式会社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトマカフィー株式会社 - McAfee 無料ツール

シマンテック社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトシマンテック社 - 駆除ツール

トレンドマイクロ社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトトレンドマイクロ社 - システムクリーナー

B.セキュリティ問題対策の関連ホームページ

Microsoft社については、以下の情報を参照してください。
外部サイトMicrosoft社 - マイクロソフトセキュリティ

セキュリティの危険性(深刻度)ってなに?

セキュリティ問題の危険性(深刻度)は、マイクロソフト社が、「Windows」に潜むセキュリティ問題について、悪用される可能性や被害の大きさの度合いに応じて、「緊急」「重要」「警告」「注意」の4段階に分けた総合指標です。
「緊急」が最も危険度の高いセキュリティ問題であり、「重要」「警告」「注意」の順で危険性が下がります。
特別な理由がない限り、これらのセキュリティ問題は「Windows Update」にて修正する必要があります。

補足

ウイルス対策ソフトを含む、パソコン添付アプリケーションの問い合わせ窓口については、以下の情報を参照してください。
Q&Aパソコン標準搭載アプリの問い合わせ先について

ウイルスに感染しないためには、日頃からの対策が重要です。以下のチェックポイントを確認してください。
Q&Aウイルス感染しないためのチェックポイント

VirusScanやNorton AntiVirusでのコンピュータウイルスの総合的な予防と対策については、以下の情報を参照してください。
Q&Aコンピュータ・ウイルスの予防/対策について(McAfee VirusScan)

↑ページトップへ戻る