Windows XPのコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法

Windows XPのコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法

Q&A番号:006905  更新日:2012/10/26
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:006905  更新日:2012/10/26

Windows XPのコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法について教えてください。

Windows XPのコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法について案内します。

Windows XPのコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法について案内します。

はじめに

Windows XPなどでは、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を利用してアプリケーションを削除できます。

アプリケーションを追加する場合は、インストールするアプリケーションに添付されているマニュアルなどを参照して、 案内されている手順通りにインストールしてください。

操作手順

「プログラムの追加と削除」を利用してアプリケーションを削除するには、次の項目を確認してください。

1. Windows XP/2000でアプリケーションを削除する

Windows XP/2000でアプリケーションを削除するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、「SmartVision」というTV録画ソフトを削除してみます。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    (Windows 2000の場合は、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。)

  2. 「プログラムの追加と削除」をクリックします。
    (Windows 2000の場合は、「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。)

    ・Windows XPの場合

    ・Windows 2000の場合

  3. 削除できるアプリケーションの一覧が表示されます。
    右下の「▼」を数回クリックして、「SmartVision」を表示させます。

  4. 表示された「SmartVision」をクリックして選択します。

    ・拡大図

  5. 項目右側の「変更と削除」ボタンをクリックします。

    補足

    • 「変更と削除」ボタンは、アプリケーションに応じて「変更」ボタンと「削除」ボタンに分かれて表示されたり、 「削除」ボタンのみ表示されたりする場合があります。

    • 「削除」ボタンをクリックした後、下図のようなメッセージが表示された場合は、 管理者権限のあるユーザー(Windows XPの場合はパソコンの管理者アカウント、 Windows 2000の場合はAdministrators権限を持ったユーザー)でログオンし直した後で、削除作業を行ってください。

      「このソフトウェアは、アドミニストレータの権限を持ったユーザーにインストールされました。 アンインストールする場合はアドミニストレータの権限を持ったユーザーでログオンし直してください。」

      ※上図は、Windows XPで表示される画面です。

  6. 以降の手順は、削除するアプリケーションによって異なります。
    表示される画面の指示に従って、削除を行ってください。

  7. 表示されるメッセージに従って削除作業を終えると、「完了」「終了」「OK」などのボタンが表示されます。 これらのボタンをクリックして、削除作業を終了してください。

    補足

    削除するアプリケーションによっては、削除終了後にパソコンを再起動するものがあります。
    その場合、画面の指示に従ってパソコンを再起動してください。

以上で操作完了です。

すべての削除作業が終了後、該当するアプリケーションが削除されていることを確認してください。

2. Windows 98/98SE/Meでアプリケーションを削除する

Windows 98/98SE/Meでアプリケーションを削除するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、「Microsoft Office XP Personal」というアプリケーションを削除してみます。

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 下図のいずれかの「アプリケーションの追加と削除」をクリック(またはダブルクリック)します。

  3. 「インストールと削除」タブをクリックします。(通常、すでに選択されている状態です。)

    削除できるアプリケーションの一覧が表示されます。
    右下の「▼」を数回クリックして、「Microsoft Office XP Personal」を表示させます。

  4. 表示された「Microsoft Office XP Personal」をクリックして選択し、「追加と削除」ボタンをクリックします。

  5. 以降の手順は、削除するアプリケーションによって異なります。
    表示される画面の指示に従って、削除を行ってください。

  6. 表示されるメッセージに従って削除作業を終えると、「完了」「終了」「OK」などのボタンが表示されます。
    これらのボタンをクリックして、削除作業を終了してください。

    補足

    削除するアプリケーションによっては、削除終了後にパソコンを再起動するものがあります。
    その場合、画面の指示に従ってパソコンを再起動してください。

以上で操作完了です。

すべての削除作業が終了後、該当するアプリケーションが削除されていることを確認してください。

↑ページトップへ戻る