文字サイズを変更する
情報番号:006962
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Media Center Edition 2005、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、Windows NT Workstation 4.0、Windows NT Server 4.0
最終更新日:2018/05/30
印刷する

◆ Word 2003でWebページ(ホームページ)を作成する方法

Q Word 2003で、Webページ(ホームページ)を作成する方法について教えてください。

A
対処方法
  ホームページ作成ソフトを使用せずとも、Wordがあれば簡単なホームページを作成できます。
ここでは例として、下図のようなホームページを作成してみましょう。



ホームページを作成するといっても、通常の Word文書を作成する方法とほとんど変わらないため、Wordで文書を作成できる方なら簡単にホームページを作成できます。



以下の手順でホームページを作成していきましょう。

  1. タイトルと画像を挿入する

  2. 文字を入力し、ハイパーリンクを設定する

  3. ページ全体に背景を設定する

  4. Webページ(ホームページ)として文書を保存する

1. タイトルと画像を挿入する
「ワードアート」や「クリップアート」機能を使ってタイトルと画像を挿入してみましょう。
タイトルと画像を挿入するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. Wordを起動し、メニューバーから「表示」→「Web レイアウト」をクリックします。



  2. ツールバーから「中央揃え」ボタンをクリックします。



  3. メニューバーから、「挿入」→「図」→「ワードアート」をクリックします。



  4. 下図のワードアート雛形をクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックします。



  5. 「「Word」で作るホームページ」と入力します。「フォント」は「HG創英角ポップ体」を選択してください。
    選択後、「OK」ボタンをクリックします。





    • Word 2000の場合は、ワードアート挿入後、ワードアートを右クリックして「ワードアートの書式設定」→「レイアウト」→「行内」をクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。

  6. 挿入したワードアートをクリックして選択し、表示される四方の「■」をドラッグ操作で大きさを調節してください。大きさの調節後、Enterキーを押します。



  7. メニューバーから、「挿入」→「図」→「クリップアート」をクリックします。



  8. 「検索」欄に「世界」と入力し、「検索」をクリックします。
    下図のクリップアートが表示されますので、クリックしてください。





    • この操作はWord 2003/2002による操作です。他のバージョンのWordを利用されている場合、そのバージョンに応じたクリップアートの操作を行ってください。
    • 同じ図柄(クリップアート)がない場合は、他の図柄をご利用ください。

  9. 選択した図柄(クリップアート)が表示されます。Enterキーを押し、改行します。





    • Word 2003/2002の場合、画面右側の「クリップアート」画面は必要ありませんので閉じておきましょう。メニューバーから、「表示」→「作業ウィンドウ」をクリックしてください。
以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

2. 文字を入力し、ハイパーリンクを設定する
「文字の装飾」や「ハイパーリンク」機能を使って文字を入力し、ハイパーリンクを設定してみましょう。
文字を入力し、装飾やハイパーリンクの設定を行うには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 「ようこそ!・・・」から「メール」までを入力します。



  2. 「Last Update 2004 / 7 / 12」及び「目次」をドラッグ操作で選択し、「フォントの色」の▼をクリックして「赤」を選択します。



  3. 「目次」のみドラッグ操作で選択し、「フォントサイズ」から、「14」に選択し「太字」ボタンをクリックします。



  4. 「今、Word を考える」をドラッグ操作で選択し、メニューバーから「挿入」→「ハイパーリンク」をクリックします。



     「ハイパーリンク」について
    文字列にハイパーリンクを設定しておくと、その文字列をクリックした際に、関連するページ/画面が表示されるようになります。

    ハイパーリンクには、主に以下のものを設定できます。
    • 既に作成済みのホームページ
    • インターネット上のアドレス(例: http://121ware.com など)
    • メールアドレス(例: nec@biglobe.ne.jp など)

  5. ここでは例として、弊社ホームページ「121ware.com」へのリンクを設定してみましょう。
    「ファイル、Webページ」をクリックし、「アドレス」欄に「http://121ware.com」と入力します。入力後、「OK」ボタンをクリックします。





    • Word 2000の場合は、「ファイル名または、Web ページ名」欄に「http://121ware.com」と入力します。

  6. ハイパーリンクが設定されたため、文字列に下線が引かれ、文字の色が変わりました。
    同様に、「人生におけるホームページの意味」「いきなり121ware.comへリンク」をそれぞれドラッグ操作で選択し、ハイパーリンクを設定してください。



  7. 「メール」にハイパーリンクを設定しましょう。
    「メール」をクリックすると、指定したメールアドレスが入力されている状態でメール作成画面が表示されるように設定します。

    「メール」をドラッグ操作で選択し、メニューバーから「挿入」→「ハイパーリンク」をクリックします。

  8. 電子メールアドレス」をクリックし、「電子メールアドレス」欄に送信先の電子メールアドレスを入力します。
    入力後、「OK」ボタンをクリックしてください。

    ここでは例として、「電子メールアドレス」欄に「nec@biglpbe.ne.jp」と入力しています。





    • 「電子メールアドレス」欄に電子メールアドレスを入力すると、自動的に「mailto:」という文字列が挿入されます。

以上で操作完了です。

現時点で、下図のような状態になります。




「対処方法」の先頭に戻る

3. ページ全体に背景を設定する
「背景」機能を使ってホームページの背景に色や模様などを設定しましょう。
ホームページの背景に色や模様などを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. メニューバーから、「書式」→「背景」をクリックし背景に設定したい色を選択します。
    ここでは例として、「薄い水色」を選択しています。



以上で操作完了です。

背景が設定されました。




「対処方法」の先頭に戻る

4. Webページ(ホームページ)として文書を保存する
「Webページとして保存」機能を使って作成した文書をWebページ(ホームページ)として保存しましょう。
Webページ(ホームページ)として保存するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. メニューバーから、「ファイル」→「Web ページとして保存」をクリックします。



  2. 保存したい場所を選択してファイル名を付け、保存します。

    ここでは例として、「デスクトップ」をクリックして選択し、「ファイル名」に「ホームページ」と入力しています。「ファイルの種類」には「Webページ」を選択し、「保存」ボタンをクリックしてください。



  3. 画面右上の「×」ボタンをクリックして Wordを終了します。



以上で操作完了です。

作成した「ホームページ」ファイルと、関連する画像ファイルなどをまとめて保存してある「ホームページ.files」フォルダが表示されています。

「ホームページ」ファイルをダブルクリックするなどするとInternet Explorer が起動し、作成したホームページが表示されます。



ハイパーリンクを設定した文字列のいずれかをクリックし、指定したページが開かれる、または、メール作成画面が表示されることを確認してください。





  • 作成したホームページを Wordで再編集したい場合は、ファイルを右クリックし、「編集」をクリックしてください。


「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne、その他PC98-NXシリーズ、PC-9800シリーズで以下のOffice製品がインストールされている機種

対象のOffice製品
Word 2003 Word 2002 Word 2000 -

Word/Excel/Outlookのバージョンを確認する方法

Microsoft Officeシリーズに対応しているOSについて


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  特にありません。

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。