「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って無線LANの設定を行う方法

対象機種 LaVie LaVie
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:007016  更新日:2012/10/29

「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って無線LANの設定を行う方法について教えてください。

「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って無線LANの設定を行う方法について案内します。

「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って無線LANの設定を行う方法について案内します。

操作手順

「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って無線LANの設定を行う方法について説明します。

  • 以下の説明は、親機(無線LANアクセスポイント)の設定が完了していることを前提にしています。親機の設定については親機添付の取扱説明書をご覧ください。

  • MACアドレスフィルタリング機能を親機側に設定している場合、子機側からの接続が制限される場合があります。
    この場合、子機側のパソコンが親機に登録されていることをご確認ください。

  • 親機/子機間で、無線LAN規格(IEEE802.11 a/b/g)の相違による接続問題がないことをご確認ください。

  • 無線LAN機器には接続互換性が存在します。親機/子機の組合せによっては、無線LAN規格(IEEE802.11 a/b/g)が同じでも、接続できない場合もあります。

  • その他、親機側の設定方法についての詳細は、親機に付属の取扱説明書をご覧ください。

以下では、「ワイヤレスクライアントマネージャ」を使って親機(無線LANアクセスポイント)を中心とする無線LANネットワークに接続するまでの手順をご案内します。

1. 無線LANの設定を行う

ワイヤレスクライアントマネージャを使って無線LANを設定する基本的な手順をご案内します。

  1. パソコン本体の無線LANスイッチをオンにします。

    補足

    無線LANスイッチをオンにする方法については、パソコン付属の取扱説明書または電子マニュアル(「サポートナビゲーター」/「ぱそガイド」)をご覧ください。

  2. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「ワイヤレスクライアントマネージャ」をクリックします。

  3. 「ネットワークの調査」をクリックします。

    補足

    この時、画面下部にメッセージが表示されてワイヤレスクライアントマネージャを正常に操作できない場合は、「2. ワイヤレスクライアントマネージャが操作できない場合は」をご覧ください。

  4. 一覧から接続したい「ネットワーク名(SSID)」をクリックして選択し、「追加」をクリックします。

    補足

    「ネットワーク名(SSID)」が表示されない場合は、手動で設定を行う必要があります。手順の詳細は「3. 無線LANネットワークが表示されない場合は」をご覧ください。

  5. 「接続」をクリックします。

    補足

    無線LANの親機側で暗号化設定を行っている場合は、「接続」をクリックする前に「4. 親機側で無線LANの暗号化設定を行っている場合は」をご覧ください。

  6. 下図のメッセージが表示された場合は、「OK」をクリックします。

  7. 下図のようなメッセージが表示されれば無線LANに接続できています。ワイヤレスクライアントマネージャの画面を閉じてください。

    補足

    メッセージが表示されず無線LANに接続できなかった場合、設定が間違っている可能性があります。設定した内容を変更する手順については「5. 設定した内容を変更するには」をご覧ください。

以上で操作完了です。

2. ワイヤレスクライアントマネージャが操作できない場合は

ワイヤレスクライアントマネージャの画面下部に以下のいずれかのメッセージが表示されている場合、ワイヤレスクライアントマネージャを使う準備ができていません。

a. ドライバが認識できません

以下の手順でワイヤレスネットワーク接続を有効にします。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「通信」→「ネットワーク接続」をクリックします。

  2. 「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「有効にする」をクリックします。

  3. ワイヤレスクライアントマネージャの操作ができることをご確認ください。

b. ワイヤレスアダプタがワイヤレススイッチによって使用できない・・・

パソコン本体の無線LANスイッチをオンにします。
無線LANスイッチをオンにする方法については、パソコン付属の取扱説明書または電子マニュアル(「サポートナビゲーター」/「ぱそガイド」)をご覧ください。

c. XPのワイヤレスネットワーク設定を使用しています

ワイヤレスクライアントマネージャを使える状態にします。

  1. 「拡張設定」→「Windows XPのワイヤレスネットワーク設定を使用する。・・・」をクリックしてチェックを外します。

  2. ワイヤレスクライアントマネージャの操作ができることをご確認ください。

d. ワイヤレスアダプタがユーティリティによって使用できない・・・

以下の手順で「使用する」を選択してください。

  1. 「アダプタの状態」→「使用する」をクリックします。

  2. ワイヤレスクライアントマネージャの操作ができることをご確認ください。

3. 無線LANネットワークが表示されない場合は

親機側で「SSID非通知」「ステルス」などの設定を行っている場合、 「ネットワークの調査」画面に無線LANネットワークは表示されません。この場合、無線LAN接続に必要な設定を手動で行います。

  1. 「ネットワークの設定」→「新規作成」をクリックします。

  2. 「プロファイル名」欄にお好きな名前(無線LANネットワークに付ける名前)を入力し、「ネットワーク名(SSID)」欄に親機と同じSSIDを入力します。入力後、「接続」をクリックしてください。

    補足

    無線LANの親機側で暗号化設定を行っている場合は、「接続」をクリックする前に「4. 親機側で無線LANの暗号化設定を行っている場合は」をご覧ください。

  3. 上記「1. 無線LANの設定を行う」の手順6.以降をご覧ください。

4. 親機側で無線LANの暗号化設定を行っている場合は

親機側で暗号化設定を行っている場合、子機側でも同じ暗号化設定を行います。

  1. 「プロファイル設定」画面にて、「セキュリティ」をクリックします。

    補足

    「セキュリティ」をクリックする前に、「プロファイル名」と「ネットワーク名(SSID)」を設定しておく必要があります。

  2. 「セキュリティ方式」欄をクリックし、「固定キーを用いた暗号化」を選択してください。

  3. 親機の暗号化設定に応じて、「WEP/AESを使用する」または「WPAを使用する」のいずれかをクリックしてチェックを入れ、「キー入力」欄に該当する暗号キーを入力します。入力後、「接続」をクリックしてください。

    補足

    • 暗号キーは、親機側で設定しているキーと同じものを入力してください。
    • 親機に設定されている暗号キーの長さ(40/104/128 ビット)に応じて、「キーの長さと入力形式」を変更してください。
  4. 上記「1. 無線LANの設定を行う」の手順6.以降をご覧ください。

5. 設定した内容を変更するには

設定した内容を変更します。

  1. 「ネットワークの設定」をクリックします。続いて、設定を変更したい無線LANネットワークをクリックして選択し、「編集」をクリックします。

  2. 上記「3. 無線LANネットワークが表示されない場合は」の手順2.以降をご覧ください。

↑ページトップへ戻る