Excel 2003でセルに入力した文字の方向を変更する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:007301  更新日:2015/04/15

Excel 2003で、セルに入力した文字の方向を変更する方法について教えてください。

Excel 2003では、セルに入力した文字を標準の横書き以外にも、縦書きや斜めなどさまざまな方向に設定できます。

Excel 2003では、セルに入力した文字を標準の横書き以外にも、縦書きや斜めなどさまざまな方向に設定できます。

はじめに

Excel 2003では、セルの書式設定から、セルに入力した文字の方向を変更することができます。
初期状態では横書きに設定されていますが、縦書きに変更したり、角度を指定して斜めに表示したりできます。

操作手順

Excel 2003でセルに入力した文字の方向を変更するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、文字を縦書きに変更する方法を案内します。

  1. 文字の方向を変更したいセルを右クリックし、表示された一覧から「セルの書式設定」をクリックします。
    文字の方向を変更したいセルを右クリックし、表示された一覧から「セルの書式設定」をクリックします

  2. 「セルの書式設定」が表示されます。
    「配置」タブをクリックし、「方向」欄から縦書きで表示されている「文字列」をクリックします。
    「配置」タブをクリックし、「方向」欄から縦書きで表示されている「文字列」をクリックします
    ※ 文字を斜めに配置するには、「方向」欄から任意の角度をクリックするか、角度を入力します。

  3. 縦書きで表示されている「文字列」部分が反転したことを確認し、「OK」をクリックします。
    縦書きで表示されている「文字列」部分が反転したことを確認し、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

文字の方向が変更されたことを確認してください。
文字の方向が変更されたことを確認してください

補足

方向を変更した文字を元の横書きの状態に戻すには、手順3で縦書きの「文字列」をクリックして反転を解除します。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Excel 2003がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る