Windows XPで回復コンソールをインストールする方法

Windows XPで回復コンソールをインストールする方法

Q&A番号:007816  更新日:2017/03/29
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:007816  更新日:2017/03/29

Windows XPで、回復コンソールをインストールする方法を教えてください。

Windows XPでは、あらかじめハードディスクに回復コンソールをインストールすることができます。

Windows XPでは、あらかじめハードディスクに回復コンソールをインストールすることができます。

はじめに

パソコンに何らかのトラブルが発生して、セーフモードでも起動しなくなった場合、「回復コンソール」を使って問題を解決することができる場合があります。
回復コンソールを使うには、あらかじめ回復コンソールをインストールしておく必要があります。

回復コンソールの概要や使い方については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XPで回復コンソールを利用する方法

操作手順

Windows XPで回復コンソールをインストールするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「検索」の順にクリックします。

  2. 「ファイルとフォルダすべて」をクリックします。

  3. 「ファイル名のすべてまたは一部」欄に半角文字で「WINNT32」と入力し、「検索」をクリックします。

  4. 「名前」欄に「WINNT32」、「種類」欄に「アプリケーション」と書かれたファイルが表示されることを確認します。

  5. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」の順にクリックします。

  6. 表示される「名前」欄に、手順4で表示されたファイルをドラッグ&ドロップします。

  7. 「名前」欄に入力された文字列の後ろに、半角スペースを空けて「/cmdcons」と半角文字で入力し、「OK」をクリックします。

    補足

    「名前」ボックスの前半部分は、上記手順でドラッグしたファイルが表示されます。
    ※ 機種により表記が若干異なる場合があります。

  8. 「はい」をクリックします。

    補足

  9. インストール後、「OK」をクリックします。

  10. パソコンを再起動した後、起動直後に表示される「オペレーティングシステムの選択」画面で「Microsoft Windows XP 回復コンソール」が選択できる状態になっていることを確認してください。
    ※ 機種により表示される画面が若干異なることがあります。

    補足

    • パソコン起動時、自動的に表示される「オペレーティングシステムの選択」画面を表示しないようにするには、以下の情報を確認してください。
      Q&AWindows XPで「オペレーティングシステムの選択」画面の表示時間を変更する方法

    • パソコン起動時、自動的に「オペレーティングシステムの選択」画面が表示されない場合は、パソコン起動後にキーボードの「F8」キーを連打して表示される画面から 、「OS選択メニューに戻る」を選択して「Enter」キーを押してください。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る