文字サイズを変更する
情報番号:008464
対象シリーズ:VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS:Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate
最終更新日:2017/07/20
印刷する

◆ Windows Vista(R)の概要や特徴

Q 「Windows Vista(R」)の概要や特徴について教えてください。

A
対処方法
  ここでは、「Windows Vista(R)」の概要や特徴について案内します。



  • 対象機種の確認はここをクリックしてください。


「Windows Vista(R)」とは、Microsoft社が提供する「Windows XP」の後継となるオペレーティングシステム(OS)のことで、主に視覚効果や操作性の向上、セキュリティ強化などが施されています。

Windows Vista(R)の特徴については、次の項目を確認してください。

  1. 視覚効果の充実

  2. セキュリティの強化

  3. スムーズな情報検索

  4. サイドバーとガジェット

  5. その他

1. 視覚効果の充実
Windows Vista(R)では、全体的にデザインが洗練されています。
中でもウィンドウを半透明処理して表示する「Windows Aero」では、視覚効果の充実が図られています。

《Windows Aero》



開いているウィンドウを重ね、並べて表示する「Windows フリップ 3D」では、複数の作業を同時に行っているときに必要なアプリケーションを探しやすい、というメリットも兼ね備えています。

《Windows フリップ 3D》



「対処方法」の先頭に戻る

2. セキュリティの強化
Windows Vista(R)では、従来のWindowsに加えてスパイウェアやウイルス、フィッシング詐欺対策機能が追加され、より安全にインターネットを使用できます。

また、セキュリティ面が強化されたWindows Vista(R)独自の「Internet Explorer 7」が標準搭載されています。


「対処方法」の先頭に戻る

3. スムーズな情報検索
スタートメニューやエクスプローラの上部などに「クイック検索」ボックスが配置され、必要なファイルをスムーズに検索できるようになりました。

また、検索の結果は履歴として保存され、その履歴を参照することで最新の検索結果を簡単に確認できます。






「対処方法」の先頭に戻る

4. サイドバーとガジェット
Windows Vista(R)では、デスクトップの端に「ガジェット」と呼ばれる様々なミニアプリケーションを置くサイドバー領域を設定できます。

ガジェットには電卓やメモ、時計のほかに、天気予報やニュース、株価情報などがあり、それらをリアルタイムに表示できます。




「対処方法」の先頭に戻る

5. その他
前記のような特徴のほかにも、ノートパソコンで使用した際のバッテリの持続時間や、起動・終了時間の短縮など、基本的な性能も向上しています。


「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  《PR》できるWindows Vista《PR》

《PR》できるWord 2007 Windows Vista 対応《PR》

《PR》できるExcel 2007 Windows Vista対応《PR》

《PR》できるPowerPoint 2007 Windows Vista対応《PR》

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。