文字サイズを変更する
情報番号:009580
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS:Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、Windows 7 Starter、Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate、Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Media Center Edition 2005
最終更新日:2017/12/22
印刷する

◆ PowerPoint 2007のプレゼンテーションを保存する方法

Q PowerPoint 2007のプレゼンテーションを保存する方法について教えてください。

A
対処方法
  PowerPoint 2007のプレゼンテーションを保存する方法について案内します。

プレゼンテーションを保存する場合は、発表する環境に合った保存方法を選択することが大切です。



  • PowerPoint 2010のプレゼンテーションを保存する方法は、情報番号:012593を参照してください。

  • 対象機種の確認はここをクリックしてください。


プレゼンテーションを保存するには、次の項目を確認してください。

  1. プレゼンテーションを保存する

  2. PowerPoint 2003以前のPowerPointの形式で保存する

  3. Web ページとして保存する

  4. 保存したプレゼンテーション ファイルを開く

1. プレゼンテーションを保存する
PowerPoint 2007のファイル形式で保存するには、以下の操作手順を行ってください。



  • PowerPoint 2003以前のバージョンで保存する場合は、「2. PowerPoint 2003以前のPowerPointの形式で保存する」参照してください。


【操作手順】

  1. 「Office」ボタン→「名前を付けて保存」の順にクリックします。





    • クイックツールバーの「」をクリックする方法もあります。

  2. 「名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存する場所を選択し、ファイル名を入力後、「保存」ボタンをクリックします。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

2. PowerPoint 2003以前のPowerPointの形式で保存する
PowerPoint 2007で作成したファイルを、PowerPoint 2003以前のバージョンで利用する場合は、保存形式に注意が必要です。

PowerPoint 2003以前のバージョンで利用するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 「Office」ボタン→「名前を付けて保存」→「PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション」の順にクリックします。



  2. 「名前を付けて保存」画面が表示されます。保存する場所を選択し、ファイル名を入力後、「ファイルの種類」は「PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション」になっていることを確認し、「保存」ボタンをクリックします。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

3. Web ページとして保存する
Web ページとして保存すると、パソコンのInternet ExplorerなどのWebブラウザを利用して、プレゼンテーションの表示が可能になります。

Web ページとして保存するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 「Office」ボタン→「名前を付けて保存」→「その他の形式」の順にクリックします。



  2. 「名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存する場所を選択して、ファイル名を入力します。



  3. 「ファイルの種類」の▼をクリックし、一覧から「単一ファイル Web ページ」または「Web ページ」のいずれかを選択し、「保存」ボタンをクリックします。



    《ファイルの種類》
    種 類 説 明
    単一ファイル
    Web ページ
    単一のファイルとして保存できますが、Internet Explorer以外のWebブラウザでは、正しく表示できない場合があります。
    Web ページ 複数のファイルとして保存されますが、ほとんどのWebブラウザで表示できます。

以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

4. 保存したプレゼンテーション ファイルを開く
「1. PowerPoint プレゼンテーションとして保存する」で保存したプレゼンテーション ファイルを開くには、次の項目を確認してください。

  1. PowerPoint 2007から開く

  2. 直接ファイルから開く


【a. PowerPoint 2007から開く】

PowerPoint 2007から開くには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. PowerPoint 2007を起動し、「Office」ボタン→「開く」の順にクリックします。



  2. 「ファイルを開く」画面が表示されるので、ファイルが保存されている場所からファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。





【b.直接ファイルから開く】

直接ファイルから開くには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 直接プレゼンテーション ファイルをダブル クリックします。



  2. PowerPoint 2007が起動し、ファイルが開きます。

以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  以下のMicrosoft PowerPointをご使用のお客様

対象のPowerPoint製品
PowerPoint 2007 - - -

お使いのPowerPointのバージョンを確認する方法は、情報番号:006876を参照してください。

また、Microsoft Office シリーズに対応しているOSについては、情報番号:005745を参照してください。


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  《PR》できるWindows Vista《PR》

《PR》できるWord 2007 Windows Vista 対応《PR》

《PR》できるExcel 2007 Windows Vista対応《PR》

《PR》できるPowerPoint 2007 Windows Vista対応《PR》

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。