文字サイズを変更する
情報番号:009725
対象シリーズ:VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS:Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate
最終更新日:2017/07/21
印刷する

◆ Windows Vista(R)でスタートメニューの「最近使った項目」に表示されるファイルの保存場所を調べる方法

Q Windows Vista(R)でスタートメニューなどにある「最近使った項目」に表示されるファイルの保存場所を調べる方法を教えてください。

A
対処方法
  Windows Vista(R)のスタートメニューには「最近使った項目」を表示することができます。



ここを利用すると、ファイルの場所がわからなくてもファイルを利用することができますが、このファイルを直接他の場所へコピー・移動したり、メールに添付したりするためにはファイルの保存場所がわからないとできません。

ここでは、「最近使った項目」で表示されるファイルの保存場所を調べる方法を説明します。




「最近使った項目」で表示されるファイルの保存場所を調べるには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 「スタート」→「最近使った項目」の順にクリックします。



  2. ファイルの場所を調べたいファイル名にしばらくマウスポインタを合わせていると、ポップアップで表示されます。



    《拡大図》


    ファイルを右クリックし、表示された項目より「プロパティ」をクリックして表示された画面の「ショートカットタブの「リンク先」欄でも、ファイルの場所を調べることができます。



    《拡大図》


  3. \はフォルダの区切りを表しています。
    この画面例は「ドキュメント」に保存されているファイルであることを表しています。



以上で操作完了です。




  • ファイルがどうしても見つからない場合は、ファイルの検索機能を利用することもできます。
    ファイルの検索については、情報番号:009636を参照してください。


対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  【Windows標準添付のソフトウェアに関するファイルの保存場所】
ワードパッド、メモ帳など、Windowsに標準で添付されているソフトウェアを使ったときは、特に保存場所を指定しなければ、「ドキュメント」に保存されます。ペイントなど画像ファイルは、「ピクチャ」に保存されます。

なお、「ドキュメント」や「ピクチャ」は、複数のユーザーでパソコンを利用している(マルチユーザー利用)の場合は、自分で保存したものしか利用できません。他のユーザーが保存したものは見えない仕組みになっています。



【WordやExcelのファイルの保存場所】
WordやExcelでも、「最近使用したドキュメント」の一覧を表示することができます。

《Word 2007の「最近使用したドキュメント」》


WordやExcelで作成したファイルは、特に保存場所を指定しなければ、「ドキュメント」に保存されています。

《Word 2007の「最近使用したドキュメント」》


◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。