Windows Vistaの「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」について

Windows Vistaの「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」について

Q&A番号:009836  更新日:2017/12/27
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表) LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows Vista Home Basic、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate

Q&A番号:009836  更新日:2017/12/27

Windows Vistaの「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」について教えてください。

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を利用すると、バッテリの劣化防止に役立ちます。

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を利用すると、バッテリの劣化防止に役立ちます。

はじめに

バッテリは使用していると徐々に性能が劣化します。
バッテリの劣化などを防止し長く使用するためには、「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を利用してください。

ここでは例として、2007年9月/2008年1月発売のLaVie L(アドバンスドタイプ)、LaVie Gタイプ(アドバンスド)にインストールされている「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を案内しています。
※ 発売された時期によって画面が異なる場合があります。

操作手順

1. 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の概要

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の概要は下記のとおりです。
「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の概要図

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の主な機能

  • バッテリのリフレッシュと劣化の診断
  • リフレッシュ&診断の実行スケジュールの設定

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を使用する時期

下記のような場合に「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を使用してください。
「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の使用は、3ヶ月に1回が目安です。

  • バッテリの電源のみでパソコンが使用できる時間が短くなってきた場合
  • 購入直後やバッテリを長時間使用しなかった場合
  • タスクトレイのバッテリ残量表示時間と、バッテリ電源のみでパソコンを使用できる時間が違ってきた場合
    タスクトレイのバッテリ残量表示時間と、バッテリ電源のみでパソコンを使用できる時間が違ってきた場合

2. バッテリのリフレッシュと劣化の診断

バッテリのリフレッシュと劣化の診断を行うには、次の操作手順を行ってください。

補足

  • 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の実行中は、必ずACアダプタとバッテリを接続して、途中で抜かないでください。また、ACアダプタのプラグはコンセントに差し込んでください。

  • 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」が完了するには、最大6時間かかる場合があります。

  • 「バッテリリフレッシュ&診断」の実施中は経過を%で表示しますが、ご使用の環境や状態に依存し100%完了にならない場合があります。 この場合、バッテリの故障や劣化ではありません。
    いったん電源をオフにしてBIOSセットアップユーティリティーを使ってバッテリリフレッシュすることをおすすめします。

  • 以下の機種をご利用の場合は、補足欄を参照してください。

    LaVie L

    PC-LL370*** PC-LL550*** PC-LL560*** PC-LL565***
    PC-LL570*** PC-LL590***

    ※型番中の「***」には特定の英数字2〜5文字が入ります。

    LaVie G タイプ L スタンダード(s)

    PC-GL34U***9 PC-GL36U***A PC-GL36UR**B PC-GL52Z***9
    PC-GL5521**C PC-GL572R**B PC-GL58Z***A PC-GL58ZR**B

    ※ 型番中の「*」には任意の英数字1文字が入ります。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の順にクリックします

  2. 下図のような画面が表示された場合は、画面下の「閉じる」をクリックします。
    下図のような画面が表示された場合は、画面下の「閉じる」をクリックします

  3. 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」が表示されます。
    これから開始する場合は、「今すぐ開始」をクリックします。
    開始する場合は、「今すぐ開始」をクリックします

  4. 確認画面が表示されるので内容を確認し、「はい」をクリックします。
    内容を確認し、「はい」をクリックします

  5. バッテリ・リフレッシュ&診断が開始されたら、しばらく待ちます。
    開始されたら、しばらく待ちます

    補足

    やむを得ず中止する場合は、「中止」をクリックしてください。
    終了後自動的にスリープ状態にしたい場合は、次の箇所にチェックを入れてください。
    終了後自動的にスリープ状態にしたい場合は、次の箇所にチェックを入れてください

  6. 完了画面が表示されるので「OK」をクリックします。
    完了画面が表示されるので「OK」をクリックします

以上で操作完了です。
このとき、下図のようにバッテリ交換のメッセージが表示される場合があります。
下図のようにバッテリ交換のメッセージが表示される場合があります

「購入はこちら」をクリックすると、「NEC Direct」の「NEC純正オプション」画面が表示されます。
バッテリ交換を検討される場合は、ご利用ください。
※ このとき、パソコンはインターネットに接続されている必要があります。
「購入はこちら」をクリックすると、「NEC Direct」の「NEC純正オプション」画面が表示されます

3. リフレッシュ&診断の実行スケジュールの設定

リフレッシュ&診断の実行スケジュールの設定を行うには、次の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」→「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」の順にクリックします

  2. 下図のような画面が表示された場合は、画面下の「閉じる」をクリックします。
    下図のような画面が表示された場合は、画面下の「閉じる」をクリックします

  3. 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」が表示されます。
    「次回開始時間の設定」をクリックします。
    「次回開始時間の設定」をクリックします

  4. 「日時設定」欄より「次回の実行日時を指定する」の項目を選択および設定を行い、「OK」をクリックします。
    ここでは例として、2008/08/29 16:00を指定します。
    「日時設定」欄より「次回の実行日時を指定する」の項目を選択および設定を行い、「OK」をクリックします

    日付を指定する場合
    日付を指定するには、日付欄の「▼」をクリックし、年月の横向き三角をクリックおよび日付を選択し実施したい日付を指定します。
    日付欄の「▼」をクリックし、年月の横向き三角をクリックおよび日付を選択し実施したい日付を指定します

    時刻を指定する場合
    時刻を指定するには、時刻欄の時・分ごとに「▲▼」をクリックし、実施したい時刻を指定します。
    時刻欄の時・分ごとに「▲▼」をクリックし、実施したい時刻を指定します

  5. 「予定」欄に指定したスケジュールが表示されていることを確認し、「終了」をクリックします。
    「予定」欄に指定したスケジュールが表示されていることを確認し、「終了」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

対象製品

「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」がプリインストールされている機種

補足

弊社のホームページ「121ware.com」より、アップデートモジュールをダウンロードして適用すると、この問題が改善されます。
詳細や手順については、以下の情報を参照してください。

対象機種

LaVie L

PC-LL370MG PC-LL370MG1KS PC-LL370MG1T PC-LL370MG1Y
PC-LL370MG3E PC-LL370RG PC-LL370RG1E PC-LL370RG1J
PC-LL370RG1KS PC-LL370RG1N PC-LL370RG1T PC-LL370RJ1B
PC-LL550KG PC-LL550KG1B PC-LL550KG1J PC-LL550KG1T
PC-LL550KG3E PC-LL550KG6BL PC-LL550KG6GN PC-LL550KG6PK
PC-LL550KG6RD PC-LL550KG7KT PC-LL550KH7KT PC-LL550KJ1K
PC-LL550LG PC-LL550LG1B PC-LL550LG1J PC-LL550LG1K
PC-LL550LG1KS PC-LL550LG1T PC-LL550LG3E PC-LL550MG
PC-LL550MG1B PC-LL550MG1J PC-LL550MG1K PC-LL550MG1KS
PC-LL550MG1T PC-LL550MG3E PC-LL560LG1KR PC-LL560LG1TR
PC-LL560LG3ER PC-LL560LG6BL PC-LL560LG6PK PC-LL560LG6RD
PC-LL560MG1KP PC-LL560MG1KR PC-LL560MG1KS PC-LL560MG1TR
PC-LL560MG3ER PC-LL560MG6BL PC-LL560MG6PK PC-LL560MG6RD
PC-LL565LG1KB PC-LL565LG1TB PC-LL565LG6BK PC-LL565MG1KB
PC-LL565MG1TB PC-LL565MG6BK PC-LL570KG PC-LL570KG3E
PC-LL570LG PC-LL590KG PC-LL590LG

LaVie G タイプ L スタンダード(s)

PC-GL34U***9 PC-GL36U***A PC-GL36UR**B PC-GL52Z***9
PC-GL5521**C PC-GL572R**B PC-GL58Z***A PC-GL58ZR**B

※型番中の「*」には任意の英数字1文字が入ります。

問題を解決するためのプログラム名(モジュール名)
番号 モジュール名
5535 LaVie L スタンダードタイプ/LaVie G タイプL スタンダード(s) BIOSアップデートモジュール

補足

プログラムをダウンロードして適用する手順については、以下の情報を参照してください。
Q&Aモジュール番号から121wareの修正モジュールを見つける方法

ダウンロードしたプログラムを手順どおりに実行できない場合は、ダウンロードに失敗している可能性があります。 再度、プログラムのダウンロードを実行してください。

何度もダウンロードに失敗する場合は、以下の情報を参照してください。
Q&Aインターネットでファイルのダウンロードに失敗する場合の対処方法

↑ページトップへ戻る