Excel 2007で入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate

Q&A番号:010294  更新日:2013/12/05

Excel 2007で、入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更する方法について教えてください。

Excel 2007では、「条件付き書式」を設定することで、入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更できます。

Excel 2007では、「条件付き書式」を設定することで、入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更できます。

はじめに

「条件付き書式」を設定すると、特定のセルを強調して表示できるため、特徴のある値をすぐに認識でき便利です。

Excel 2003などの場合は、以下の情報を参照してください。
Q&AExcelで入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更する方法

操作手順

Excel 2007で入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更するには、以下のいずれかの方法で行うことができます。

このQ&Aの操作手順は動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する

入力した値によって自動的にセルの色やフォントの色を変更するには、次の項目を確認してください。

1. 条件付き書式を設定する

ここでは例として、備品管理台帳の「確認日」欄の日付が先月(当日が2月の場合、1月の日付)であった場合に、強調表示されるよう設定します。

条件付き書式を設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Excel 2007を起動し、条件付き書式を設定する表を表示します。
    ここでは例として、下図のようなデータを使用します。
    Excel 2007を起動し、条件付き書式を設定する表を表示します

  2. 条件付き書式を設定したいところを範囲選択します。
    ここでは例として、E列を選択します。
    条件付き書式を設定したいところを範囲選択します

  3. リボンから「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします。
    リボンから「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします

  4. 下図のような画面が表示されるので、「セルの強調表示ルール」をクリックし、「日付」をクリックします。
    「セルの強調表示ルール」をクリックし、「日付」をクリックします

  5. 「日付」画面が表示されるので、「日付」の▼をクリックし、「先月」をクリックします。
    「日付」の▼をクリックし、「先月」をクリックします

  6. 日付が「先月」に変更されるので、「書式」の▼をクリックして設定する書式を選択します。
    ここでは例として、「濃い赤の文字、明るい赤の背景」を選択します。
    「書式」の▼をクリックして設定する書式を選択します

  7. 「日付」画面が表示されるので、内容を確認して「OK」をクリックします。
    内容を確認して「OK」をクリックします

以上で操作完了です。
E列に条件付き書式が設定できました。
(1月の日付データが「濃い赤の文字、明るい赤の背景」で表示されています。)

E列に条件付き書式が設定できました

2. 条件付き書式を削除する

条件付き書式を削除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Excelを起動し、条件付き書式が設定されたファイルを開きます。
    Excelを起動し、条件付き書式が設定されたファイルを開きます

  2. リボンから「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします。
    リボンから「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします

  3. 下図のような画面が表示されるので、「ルールの管理」をクリックします。
    「ルールの管理」をクリックします

  4. 「条件付き書式ルールの管理」画面が表示されるので、削除したいルールを選択して「ルールの削除」をクリックします。
    ここでは例として、「先月」を選択します。
    削除したいルールを選択して「ルールの削除」をクリックします

  5. 「先月」が削除されるので、内容を確認して「OK」をクリックします。
    内容を確認して「OK」をクリックします

以上で操作完了です。
E列の条件付き書式が削除できました。
(1月の日付データも強調されることなく表示されています。)

E列の条件付き書式が削除できました

↑ページトップへ戻る

対象製品

Excel 2007がインストールされている機種