Windows Vistaでスクリーンキーボードを使用する方法

Windows Vistaでスクリーンキーボードを使用する方法

Q&A番号:010401  更新日:2014/12/26
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows Vista Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Business
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business

Q&A番号:010401  更新日:2014/12/26

Windows Vistaで、スクリーンキーボードを使用する方法について教えてください。

Windows Vistaでは、キーボードが使用できない場合でも、スクリーンキーボードを画面上に表示し、マウス操作で文字を入力することができます。

Windows Vistaでは、キーボードが使用できない場合でも、スクリーンキーボードを画面上に表示し、マウス操作で文字を入力することができます。

はじめに

Windows Vistaでは、キーボードを使用せずに、スクリーンキーボードを画面上に表示し、マウス操作のみで文字入力ができます。

※ 外出先で不特定多数の人が利用するパソコンを使って重要な情報(個人情報など)を入力する場合は、セキュリティ対策としてスクリーンキーボードの使用をおすすめします。

操作手順

Windows Vistaでスクリーンキーボードを使用するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    「コンピュータの簡単操作」をクリックします

  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。
    「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。
    「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします

  4. 「スクリーンキーボードを開始します」をクリックします。
    「スクリーンキーボードを開始します」をクリックします

  5. スクリーンキーボードが表示されます。
    マウスポインタでキーをクリックして入力します。
    マウスポインタでキーをクリックして入力します

  6. メニューバーから「キーボード」をクリックすると、キーボードレイアウトを変更できます。
    メニューバーから「キーボード」をクリックすると、キーボードレイアウトを変更できます

  7. メニューバーから「設定」をクリックすると、下記のような設定ができます。
    メニューバーから「設定」をクリックすると、下記のような設定ができます

    • 「常に手前に表示」
      スクリーンキーボードを常に手前に表示したい場合に設定します。

    • 「クリック音の使用」
      キーをクリックしたとき、音を鳴らしたい場合に設定します。

    • 「入力モード」
      次のような入力方法を設定できます。

      a. 「クリックモード」
      マウスで画面上のキーをクリックすると、文字が入力されます。

      b. 「スキャンモード」
      キーボードが継続的にスキャンされ、ホットキーを押すか、スイッチ入力デバイスを使って文字を入力できる領域が強調表示されます。

      c. 「自動選択モード」
      マウスまたはジョイスティックを使い、事前に設定した時間キーを選択すると、選択された文字が自動的に入力されます。

    • 「フォント」
      キーに表示されているフォントを任意のフォントに設定できます。

以上で操作完了です。

補足

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コンピュータの簡単操作」→「スクリーンキーボード」の順にクリックしても、スクリーンキーボードを起動できます。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コンピュータの簡単操作」→「スクリーンキーボード」の順にクリックしても、スクリーンキーボードを起動できます

↑ページトップへ戻る