文字サイズを変更する
情報番号:010434
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS:Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate
最終更新日:2017/07/24
印刷する

◆ Windows Vista(R)のInternet Explorer 8でInPrivate設定を利用する方法

Q Windows Vista(R)のInternet Explorer 8で、「InPrivate」設定を利用する方法について教えてください。

A
対処方法
  ここでは、Windows Vista(R)のInternet Explorer 8(以下"IE 8")の「InPrivate」機能について案内します。




「InPrivate」機能については、次の項目を確認してください。

  1. InPrivate ブラウズ

  2. InPrivate フィルター

1. InPrivate ブラウズ
InPrivate ブラウズを利用すると、IE 8に閲覧履歴や検索履歴を残さずにWebサイトを閲覧できます。



  • InPrivate ブラウズは、専用の新しいブラウザを開き、そのブラウザのみ有効です。
    別のブラウザを開いた場合は、そのブラウザはInPrivate ブラウズの対象外です。

  • ブラウザを閉じると、InPrivate ブラウズは終了します。

  • InPrivate ブラウズを使用して閲覧する間、Cookieインターネット一時ファイルなどの情報(一部)を格納します。これらの情報は、InPrivate ブラウズの終了時に廃棄されます。


InPrivate ブラウズを有効にするには、次の方法があります。

《方法 その1》
ツールバーから、「セーフティ」→「InPrivate ブラウズ」の順にクリックします。



アドレスバーに と表示されます。




《方法 その2》
新しいタブを開く(クリック)と、下図のようなブラウザが表示されるので、「InPrivate ブラウズ ウィンドウを開く」をクリックします。

《新しいタブを開く》




《拡大図》


アドレスバーに と表示されます。




「対処方法」の先頭に戻る

2. InPrivate フィルター
最近のWebサイトでは、現在閲覧しているWebサイトに関係のないコンテンツ(広告、地図、Webの解析ツールなど)が多数使用されています。
これらのコンテンツは、閲覧者の閲覧履歴などをコンテンツプロバイダへ送信します。
送信された情報は、コンテンツプロバイダが閲覧者のし好を分析するために利用しています。

InPrivate フィルターは、これらの情報を管理し制限します。



  • コンテンツプロバイダとは、コンテンツを提供している業者のことです。


InPrivate フィルターを有効にするには、次の方法があります。

  1. 初めてInPrivate フィルターを有効にする場合

  2. InPrivate フィルターを有効にしたことがある場合




《初めてInPrivate フィルターを有効にする場合》
初めてInPrivate フィルターを有効にする場合は、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. IE 8を起動し、ツールバーから「セーフティ」→「InPrivate フィルター」の順にクリックします。



  2. 下図のような画面が表示されるので、内容を確認してどちらかをクリックします。

    ここでは例として、「ブロックする」をクリックします。



以上で操作完了です。



《InPrivate フィルターを有効にしたことがある場合》
InPrivate フィルターを有効にしたことがある場合は、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. IE 8を起動し、ツールバーから「セーフティ」→「InPrivate フィルター設定」をクリックします。



  2. 次のいずれかを設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    • 「自動でブロック」
      自動でWebサイトをブロックします。

    • 「ブロックまたは許可するコンテンツを選択」
      手動でWebサイトをブロックします。

    • 「オフ」
      InPrivate フィルターをオフ(無効)にします。


    ここでは例として、「自動でブロック」を選択(クリック)します。



以上で操作完了です。



「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  《PR》できるWindows Vista 《PR》

《PR》できるWord 2007 Windows Vista 対応 《PR》

《PR》できるExcel 2007 Windows Vista対応 《PR》

《PR》できるPowerPoint 2007 Windows Vista対応 《PR》

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。