文字サイズを変更する
情報番号:010579
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS:Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate
最終更新日:2017/07/24
印刷する

◆ Windows Vista(R)のInternet Explorer 8でCookieの処理方法を設定する方法

Q Windows Vista(R)のInternet Explorer 8で、「Cookie」(クッキー)の処理方法を設定する方法について教えてください。

A
対処方法
  Windows Vista(R)のInternet Explorer 8では、パソコンに「Cookie」(クッキー)を保存する前に確認メッセージを表示させたり、自動的に「Cookie」を保存するよう設定させたりできます。



  • Windows Vista(R)のInternet Explorer 7でCookieの処理方法を設定する方法は、情報番号:010578を参照してください。

  • 対象機種の確認はここクリックしてください。


Cookieの処理方法を設定するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 「スタート」→「インターネット」を右クリックし、「インターネットのプロパティ」をクリックします。



  2. 「プライバシー」タブをクリックし、「詳細設定」ボタンをクリックします。



  3. Cookieの処理を設定します。
    「自動 Cookie 処理を上書きする」にチェックを入れて、「ファースト パーティの Cookie」と「サード パーティの Cookie」についてそれぞれ目的の項目を選択(クリック)し「OK」ボタンをクリックします。

    • 「受け入れる」
      Cookieは、常にパソコンへ保存されます。

    • 「ブロックする」
      Cookieは、パソコンに保存されません。

    • 「ダイアログを表示する」
      Cookieをパソコンに保存するか、確認メッセージを表示します。

    • 「常にセッション Cookie を許可する」
      Internet Explorer終了時に削除される一時的なCookieが、常にパソコンに保存されるようになります。


    ここでは例として、「ダイアログを表示する」を選択(クリック)します。



    ファースト パーティ : 現在表示しているWebページです。
    サード パーティ : 現在表示しているWebページ以外のWebページです。

  4. 「OK」ボタンをクリックし、「インターネットのプロパティ」画面を閉じます。



以上で操作完了です。

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOneにInternet Explorer 8をインストールした機種


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  《PR》できるWindows Vista《PR》

《PR》できるWord 2007 Windows Vista 対応《PR》

《PR》できるExcel 2007 Windows Vista対応《PR》

《PR》できるPowerPoint 2007 Windows Vista対応《PR》

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。