Windows 7のコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne、LaVie Light
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne、LaVie Light
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Starter
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Starter

Q&A番号:011022  更新日:2013/12/05

Windows 7のコントロールパネルからアプリケーションを削除する方法について教えてください。

アプリケーションを削除することで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、パソコンの起動時間や処理速度が速くなる効果があります。

アプリケーションを削除することで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、パソコンの起動時間や処理速度が速くなる効果があります。

はじめに

パソコンにインストールされたアプリケーションは、コントロールパネルから削除(アンインストール)することができます。
パソコン内の不要なアプリケーションを削除することで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、パソコンの起動時間や処理速度が速くなる効果があります。

アプリケーションによっては、削除用のプログラムが用意されていることがあります。
「すべてのプログラム」に表示されるアプリケーションのフォルダーに削除用のプログラムある場合は、そちらから削除することをおすすめします。

操作手順

Windows 7のコントロールパネルからアプリケーションを削除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「プログラムのアンインストール」をクリックします。
    ※ 表示方法がアイコンの場合は「プログラムと機能」をクリックします。
    「プログラムのアンインストール」をクリックします

  3. パソコンにインストールされているアプリケーションの一覧が表示されます。
    削除したいアプリケーションをクリックし、「アンインストール」または「アンインストールと変更」をクリックします。
    ここでは例として、「Microsoft Silverlight」を削除します。
    削除したいアプリケーションをクリックし、「アンインストール」または「アンインストールと変更」をクリックします

  4. 以降の手順は、削除するアプリケーションによって異なります。
    表示される画面の指示に従って、削除を行ってください。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る