Windows Media Player 12で音楽CDの曲をMP3形式でパソコンに取り込む方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:011056  更新日:2016/02/22

Windows Media Player 12で、音楽CDの曲をMP3形式でパソコンに取り込む方法について教えてください。

Windows 7 / 8 / 8.1のWindows Media Playerでは、音楽ファイルの取り込み形式をMP3形式に変更することで、対応したアプリケーションで音楽ファイルを再生できます。

Windows 7 / 8 / 8.1のWindows Media Playerでは、音楽ファイルの取り込み形式をMP3形式に変更することで、対応したアプリケーションで音楽ファイルを再生できます。

はじめに

Windows 7 / 8 / 8.1のWindows Media Playerで音楽CDの曲をパソコンに取り込むと、既定ではWMA形式で取り込みが行われますが、ご使用の音楽再生アプリケーションや音楽ファイルの管理方法によって、対応する音楽データ形式は異なります。

Windows Media Playerで取り込み形式の設定を変更し、MP3形式で音楽ファイルを取り込むことで、対応したアプリケーションやプレイヤーで音楽ファイルを再生できます。

※ 音楽CDからの複製については、個人で視聴を楽しむ目的以外、著作権法上、無断で複製することは禁じられています。 音楽CDから楽曲をコピーし、無料で配布したり、営利目的で使用したりすることは法律で処罰されます。

※ ここではWindows 7のWindows Media Player 12で案内していますが、 Windows 8 / 8.1でも同様の操作が行えます。

操作手順

Windows Media Player 12で音楽CDの曲をMP3形式でパソコンに取り込むには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Windows Media Playerを起動し、取り込みたい音楽CDをパソコンに挿入します。

  2. CDの読み込みが完了したら、音楽CDの曲目が一覧表示されます。
    「取り込みの設定」をクリックします。
    読み込みが完了し、音楽CDの曲目が一覧表示されたら、「取り込みの設定」をクリックします

  3. 表示された一覧から「形式」にマウスポインターを合わせ、「MP3」をクリックしてチェックを入れます。
    「形式」にマウスポインターを合わせ、「MP3」をクリックしてチェックを入れます

  4. 設定が完了したら、取り込みたい曲にチェックを入れ、「CDの取り込み」をクリックします。
    設定が完了したら、取り込みたい曲にチェックを入れ、「CDの取り込み」をクリックします

  5. 音楽CDの音楽ファイルがパソコンに取り込まれたことを確認します。
    ※ 取り込んだ音楽ファイルは、既定では「ミュージック」フォルダーに保存されます。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Windows Media Player 12がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る