再セットアップの概要(Windows 7)

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:011263  更新日:2016/12/05

Windows 7の再セットアップの概要について教えてください。

Windows 7では、再セットアップを行うことでパソコンを購入時の状態に戻すことができます。ここではWindows 7の再セットアップの概要について案内します。

Windows 7では、再セットアップを行うことでパソコンを購入時の状態に戻すことができます。ここではWindows 7の再セットアップの概要について案内します。

はじめに

再セットアップとは、パソコンのハードディスクの内容を消去して購入時の状態に戻す作業です。
Windows 7で、パソコンが起動しない、パソコンの一部の動作がおかしいなどの現象が発生した場合は、再セットアップを行うと問題が解決する場合があります。

ここでは、Windows 7の再セットアップの一連の流れについて案内します。

1. 必要なものを用意する

再セットアップを行うにあたり、以下のものが必要となります。

  1. パソコン添付のマニュアル、またはWeb提供「電子マニュアルビューア」
    • VALUESTAR 全モデル / LaVie L / LaVie Sの場合
      「パソコンのトラブルを解決する本」または「トラブルの予防と解決」
    • LaVie Mの場合
      「ユーザーズマニュアル」
    • LaVie Lightの場合
      「ユーザーズマニュアル」
      ※ 「ユーザーズマニュアル」についてはWeb提供のものがあります。
  2. OfficeのCD-ROMまたはDVD-ROM(Office添付モデルのみ)
    • Office Personal 2007 添付モデルの場合
      「Microsoft Office Personal 2007」CD-ROM
    • Office Personal 2010 添付モデルの場合
      「Microsoft Office Personal 2010」DVD-ROM
    • Office Home and Business 2010 添付モデルの場合
      「Microsoft Office Home and Business 2010」DVD-ROM

パソコン添付のマニュアルが手元にない場合には、弊社ホームページ「電子マニュアルビューア」でも公開しています。
電子マニュアルビューアについては、以下の情報を参照してください。
121ware電子マニュアルビューア

2. 必要なデータをバックアップする

データのバックアップ方法については、必要に応じて以下の情報を参照してください。

Windowsの障害などで「バックアップ・ユーティリティ」が使えない場合でも、以下の「バックアップレンジャー」、または「データファイナルレスキュー」を使うとデータのバックアップを行える場合があります。
※ 「バックアップレンジャー」または「データファイナルレスキュー」の使用については、インストールされているモデルが対象になります。
Q&A2007年8月〜2010年1月発売VALUESTAR/LaVieの「バックアップレンジャー」でデータをバックアップする方法
Q&A2010年4月〜2010年9月発売のVALUESTAR、LaVieの「データファイナルレスキュー」を使ってデータをバックアップする方法

3. インターネットの設定情報を控える

再セットアップを行うと、インターネット接続の設定は自動的に復元されません。
インターネットを利用している場合は、プロバイダーの会員証、接続設定情報(アカウント情報、接続設定情報など)を用意してください。

会員証がない場合は、次の項目を控えてください。

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 電子メールアドレス
  • メールパスワード
  • プライマリDNS
  • セカンダリDNS
  • メールサーバー
  • ニュースサーバー

※ 必要に応じて、LANの設定も控えてください。

4. ユーザー名を控える

家族など複数のユーザーでパソコンを共有している場合、それらのユーザー名も控えておいてください。

補足

バックアップ・ユーティリティでデータを復元する場合は、同じユーザー名を設定する必要があります。
このときのユーザー名は、「大文字」と「小文字」の区別、「全角」と「半角」の区別に注意してください。

5. BIOSの設定を初期化する

BIOSを初期化します。
BIOSを初期化する方法は、以下の情報を参照してください。
Q&ABIOSを初期化する(購入時の状態に戻す)方法

機種により操作方法が異なる場合があります。詳細については、パソコン本体添付のマニュアルを確認してください。

6. 周辺機器を取り外す

パソコン本体の電源を切り、周辺機器をすべて取り外します。周辺機器を増設したまま再セットアップを行うと、パソコン購入時の状態に戻すことができない場合があります。
パソコン本体添付マニュアル「セットアップマニュアル」、または「パソコンの準備と基本」、または「準備と設定」などのセットアップ前の接続手順に記載されている機器のみがパソコンに接続されている状態にします。

  • 周辺機器を取り外す
    メモリ、プリンター、スキャナーなどパソコン購入後に増設した周辺機器を取り外す必要があります。
    ※ ODDが別売で、再セットアップディスクから再セットアップする場合はODDのみ接続してください。

  • 各種メディアがセットされていないか確認する
    各種メディアがセットされているときは取り出してください。

  • インターネットの通信回線と接続に使っている電話線やLAN ケーブルを取り外す
    LANにはワイヤレスLANもあるので、各種ケーブルを取り外すだけでなくワイヤレスLANを無効にしてください。
    ※ ワイヤレスLANの無効については、「ワイヤレススイッチ」が付いたモデルでスイッチを「オフ」にしてください。

7. 再セットアップを行う

準備が完了したら、再セットアップ作業を行います。
再セットアップの手順については、パソコンのハードディスク領域を利用する方法と、再セットアップディスクを利用する方法があります。
それぞれの手順については、以下の該当する情報を参照してください。
Q&AWindows 7でハードディスク領域を使用してパソコンの再セットアップを行う方法
Q&AWindows 7で再セットアップディスクを使用してパソコンの再セットアップを行う方法

8. Windowsの設定を行う

再セットアップ作業が完了したら、Windowsの初期設定を行います。
Windowsの初期設定については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 7でパソコンの初回セットアップ(初期設定)を行う方法

必要に応じて、パソコン添付マニュアル「パソコンのトラブルを解決する本」、または「トラブルの予防と解決」、または「ユーザーズマニュアル」も参照してください。

9. Officeをインストールする

パソコン添付マニュアル「セットアップマニュアル」、または「パソコンのトラブルを解決する本」、または「トラブルの予防と解決」を参照してOfficeのインストールを行います。

必要に応じて、以下の情報も参照してください。
Q&AOffice 2010を再インストールする方法
Q&AOffice 2007を再インストールする方法

10. 周辺機器を取り付ける

メモリ、プリンター、スキャナーなど、再セットアップを行う前に取り外した周辺機器を接続します。
周辺機器によって接続方法が異なるので、各周辺機器のマニュアルなどを参照して接続してください。
※ 周辺機器によっては、事前にドライバーのインストールなどが必要な場合があります。

11. インターネット/セキュリティの設定を行う

プロバイダーから送付された会員証、接続設定情報(アカウント情報、接続設定情報など)を参照して、インターネットやメールの設定を行います。
セキュリティ設定は、お使いのソフトウェアの説明書などを参照してインストールや設定などを行ってください。

12. 必要なソフトをインストールする

別途購入してインストールしたソフトウェアは、再セットアップにより削除されているので、ソフトウェア添付の説明書などを参照して再度インストールを行います。
パソコン購入時に添付されているソフトウェアの場合は、ソフト&サポートナビゲーターからインストールを行うことができます。
※ LaVie Light モデルについては、サポートナビゲーターにインストール手順が記載されています。

以上が一連の流れです。

再セットアップとその後の設定が完了したら、Windows Updateやアプリケーション、セキュリティソフトのアップデートを実施してください。

↑ページトップへ戻る