Windows 7でコントロール パネルのJava Control Panelが起動できない場合の対処方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Starter
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Starter

Q&A番号:012101  更新日:2013/02/27

Windows 7で、コントロール パネルの「Java Control Panel」が起動できない場合の対処方法について教えてください。

Windows 7で、コントロール パネルの「Java Control Panel」が起動できない場合、「Java」を再インストールする必要があります。

Windows 7で、コントロール パネルの「Java Control Panel」が起動できない場合、「Java」を再インストールする必要があります。

操作手順

※ ここで案内する方法を行うには、インターネットに接続されている必要があります。

Javaを再インストールするには、次の項目を確認してください。

1. Javaをアンインストールする

パソコンにインストールされているJavaをアンインストールします。

Javaをアンインストールするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロール パネル」の順にクリックします。

  2. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。

  3. 一覧から、「Java」をクリックし「アンインストール」をクリックします。

    使用するパソコン環境によって、表示されるJavaのバージョンや個数は異なります。
    ここでは例として、「Java(TM) 6 Update 17(64-bit)」をクリックします。
    アンインストール後「Internet Explorer」(32ビット)も実施してください。

    Windows 7 64ビット版の場合

    Windows 7 32ビット版の場合

  4. 「Java(TM) 6 Update 17 (64-bit)をアンインストールしますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

  5. 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

  6. 「Windows に Java を設定しています。しばらくお待ちください。」というメッセージが表示されるので、しばらく待ちます。

  7. アンインストールが完了すると一覧が表示されるので、「閉じる」をクリックします。
    この時、32ビット版の「Java(TM) 6 Update 17」などが表示されている場合は、操作手順2から同様に操作を行います。

以上で操作完了です。

2. Javaをインストールする

パソコンにJavaをインストールします。

Javaをインストールするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」をクリックし、使用するInternet Explorerをクリックします。

    ※ 2010年1月以降発売のVALUESTAR、LaVieは、機種によってInternet Explorer(64ビット)とInternet Explorer(32ビット)の2種類がインストールされています。
    ここでは例として、「Internet Explorer(64ビット)」をクリックします。
    インストール後「Internet Explorer」(32ビット)も実施してください。

  2. 次のリンクをクリックします。
    外部サイトORACLE社 - あなたとJAVA,今すぐダウンロード

  3. 下図のようなホームページ画面が表示されるので、「無料 Javaのダウンロード」をクリックします。

  4. 「Windows - Internet Explorer 64ビット版 Java」が表示されていることを確認し、「無料 Javaのダウンロード」をクリックします。
    この時、案内されているダウンロード手順も確認してください。

  5. 「このファイルを保存しますか?」というメッセージが表示されるので、「保存」をクリックします。

  6. 保存場所を指定し、「保存」をクリックします。
    ここでは例として、「ダウンロード」フォルダーに保存します。

  7. 下図のような画面が表示されるので、しばらく待ちます。

  8. 「実行」をクリックします。

  9. 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

  10. 「使用許諾契約を表示」をクリックし、使用許諾契約を一読します。
    その後「インストール」をクリックします。

    「使用許諾契約」画面

  11. 「Java をインストールしています」という画面が表示されるので、しばらく待ちます。

  12. 「Java のインストールに成功しました。」という画面が表示されるので、「閉じる」をクリックします。

  13. 「閉じる」をクリックし、Internet Explorerを閉じます。

以上で操作完了です。

コントロール パネルを使ってJavaがインストールされたことを確認してください。

↑ページトップへ戻る