Windows 7でアクションセンターが通知するメッセージの表示時間を変更する方法

Windows 7でアクションセンターが通知するメッセージの表示時間を変更する方法

Q&A番号:012589  更新日:2015/01/20
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Starter
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Starter

Q&A番号:012589  更新日:2015/01/20

Windows 7で、アクションセンターが通知するメッセージの表示時間を変更する方法について教えてください。

通知領域に表示されるメッセージの表示時間は、5秒以上の長さに変更することができます。

通知領域に表示されるメッセージの表示時間は、5秒以上の長さに変更することができます。

はじめに

Windows 7を利用していると、通知領域のアクションセンターから通知メッセージが表示されることがあります。

通知メッセージ(一例)
通知メッセージ(一例)

通知メッセージは、表示されると一定時間経過後に、自動で非表示になります。
初期状態では5秒間表示されますが、設定を変更することで、5秒より長い時間表示することができます。

操作手順

Windows 7でアクションセンターが通知するメッセージの表示時間を変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「コンピューターの簡単操作」をクリックします。
    「コンピューターの簡単操作」をクリックします

  3. 「コンピューターの簡単操作センター」をクリックします。
    「コンピューターの簡単操作センター」をクリックします

  4. 「コンピューターでの作業に集中しやすくします」をクリックします。
    「コンピューターでの作業に集中しやすくします」をクリックします

  5. 「時間制限と明滅画像を調整します」欄の「Windowsの通知ダイアログボックスの表示時間」ボックスから任意の時間をクリックします。
    ここでは例として、「15.0秒」をクリックします。
    「時間制限と明滅画像を調整します」欄の「Windowsの通知ダイアログボックスの表示時間」ボックスから任意の時間をクリックします

  6. 「Windowsの通知ダイアログボックスの表示時間」ボックスに設定した時間が表示されていることを確認し、「OK」をクリックします。
    「Windowsの通知ダイアログボックスの表示時間」ボックスに設定した時間が表示されていることを確認し、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

アクションセンターが通知するメッセージの表示時間が変更されたことを確認してください。

↑ページトップへ戻る