Windows 7のWindows Updateで必要ない更新プログラムを非表示にする方法

Windows 7のWindows Updateで必要ない更新プログラムを非表示にする方法

Q&A番号:012983  更新日:2017/09/13
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:012983  更新日:2017/09/13

Windows 7のWindows Updateで、必要ない更新プログラムを非表示にする方法について教えてください。

更新プログラムの各項目から必要ない更新プログラムを非表示に設定できます。
ただし、Windows Updateの「重要な更新プログラム」はセキュリティ上、重要な更新プログラムのため、非表示に設定せずにインストールすることをお勧めします。

更新プログラムの各項目から必要ない更新プログラムを非表示に設定できます。
ただし、Windows Updateの「重要な更新プログラム」はセキュリティ上、重要な更新プログラムのため、非表示に設定せずにインストールすることをお勧めします。

操作手順

Windows Updateで必要ない更新プログラムを非表示にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」の順にクリックします。

  2. 「Windows Update」が表示されるので、「xx 個のオプションの更新プログラムが利用可能です」をクリックします。

    補足

    該当する更新プログラムがない場合は、「Windows は最新の状態です。」というメッセージが表示されます。

  3. 一覧から、必要ない更新プログラムを右クリックし、「更新プログラムの非表示」をクリックします。
    ※ パソコンの使用環境によって表示される項目は異なります。

  4. 非表示にした項目が、グレーアウト(灰色で表示)されていることを確認します。

  5. 非表示にした項目を有効にしたい場合は、項目を右クリックし、「更新プログラムの再表示」をクリックします。

  6. 複数の更新プログラムを非表示にする場合は、操作手順3〜5を繰り返します。

  7. 非表示にする項目が確定したら、画面右下の「OK」をクリックします。

以上で操作完了です。

「xx 個のオプションの更新プログラムが利用可能です」に表示される個数を確認してください。
※ 該当する更新プログラムがない場合は、メッセージは表示されません。

↑ページトップへ戻る