Windows 7のWindows Liveメール(2011)でアドレス帳を作成し利用する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:013075  更新日:2016/04/12

Windows 7のWindows Liveメール(2011)で、アドレス帳を作成し利用する方法について教えてください。

アドレス帳にメールアドレスを登録すると、メール作成時にアドレス帳から宛先を選択できるようになります。

アドレス帳にメールアドレスを登録すると、メール作成時にアドレス帳から宛先を選択できるようになります。

はじめに

Windows 7のWindows Liveメール(2011)では、アドレス帳を作成して利用することで、相手のメールアドレスを入力する手間を省いて、メールを送信することができます。
ここでは、アドレス帳を新規作成し、アドレス帳から宛先を入力する方法について案内します。

※ メールアドレスを誤って登録してしまうと、メールを送信できなかったり、無関係の人にメールが送信されたりする場合があります。メールアドレスを登録する際は、入力に誤りがないことを必ず確認してください。

操作手順

Windows 7のWindows Liveメール(2011)でアドレス帳を作成し利用するには、以下の操作手順を行ってください。

1. アドレス帳を作成する方法

アドレス帳に新しく連絡先を登録するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Windows Liveメール(2011)を起動し、画面左下の「アドレス帳」をクリックします。
    画面左下の「アドレス帳」をクリックします

  2. リボンから「ホーム」タブをクリックし、「新規作成」グループの「知り合い」をクリックします。
    リボンから「ホーム」タブをクリックし、「新規作成」グループの「知り合い」をクリックします

  3. 「メンバーの追加」起動時は、「簡易登録」が選択されています。
    登録する相手の名前とメールアドレスを入力します。
    必要に応じて「知り合い」、「プライベート」、「勤務先」、「Messenger」、「メモ」、「ID」を選択して情報を登録し、「アドレス帳に追加」をクリックします。
    登録する相手の名前とメールアドレスを入力し、「アドレス帳に追加」をクリックします

    補足

    入力したメールアドレスの形式が正しくない場合、「入力した電子メールアドレスは無効です。・・・」というメッセージが表示されます。入力に誤りがないか確認してください。
    「入力した電子メールアドレスは無効です。アドレスを確認して、もう一度やり直してください」と表示されたら、入力に誤りがないか確認してください

以上で操作完了です。

2. アドレス帳から宛先を入力する方法

メールを送信する際にアドレス帳から宛先を入力するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Windows Liveメール(2011)を起動し、リボンから「ホーム」タブをクリックし、「新規作成」グループの「電子メールメッセージ」をクリックします。
    リボンから「ホーム」タブをクリックし、「新規作成」グループの「電子メールメッセージ」をクリックします

  2. 「宛先」をクリックします。
    「宛先」をクリックします

  3. アドレス帳に登録されている連絡先が表示されるので、名前と「宛先」、「CC」、「BCC」のいずれかをクリックして「OK」をクリックします。
    v

    補足

    宛先の種類の違いについては、以下の情報を参照してください。
    Q&Aメールソフトの「CC」や「BCC」について

  4. 「宛先」、「CC」、「BCC」それぞれの欄に、アドレス帳から宛先が入力されたことを確認します。
    「宛先」、「CC」、「BCC」それぞれの欄に、アドレス帳から宛先が入力されます

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Windows Liveメール(2011)がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る