Excel 2010で印刷時にすべてのページに表の見出し行を挿入する方法

Excel 2010で印刷時にすべてのページに表の見出し行を挿入する方法

Q&A番号:013692  更新日:2016/07/12
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:013692  更新日:2016/07/12

Excel 2010で、印刷時にすべてのページに表の見出し行を挿入する方法について教えてください。

印刷タイトルの設定を変更することで、2ページ目以降にも見出し行が挿入された状態で印刷できます。

印刷タイトルの設定を変更することで、2ページ目以降にも見出し行が挿入された状態で印刷できます。

はじめに

複数ページに渡る表を印刷する場合、初期状態では1ページ目だけにタイトル行(見出し行)が挿入されます。
2ページ目以降には見出し行は印刷されないため、列に該当する項目名がわからなくなることがあります。

Excel 2010では、印刷タイトルの設定を変更することで、2ページ以降の表の冒頭にも見出し行を挿入できます。

  • 変更前(印刷プレビュー)

    1ページ目 2ページ目以降
    1ページ目 2ページ目以降
  • 変更後(印刷プレビュー)

    1ページ目 2ページ目以降
    1ページ目 2ページ目以降

操作手順

Excel 2010で印刷時にすべてのページに表の見出し行を挿入するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 印刷したい任意の表を表示します。
    ここでは例として、60件のデータが入力されている表を印刷します。
    印刷したい任意の表を表示します

  2. リボンから「ページレイアウト」タブをクリックして、「ページ設定」グループの「印刷タイトル」をクリックします。
    リボンから「ページレイアウト」タブをクリックして、「ページ設定」グループの「印刷タイトル」をクリックします

  3. 「ページ設定」が表示されます。
    「シート」タブをクリックして、「印刷タイトル」欄から「タイトル行」ボックス右端のアイコンをクリックします。
    「シート」タブをクリックして、「印刷タイトル」欄から「タイトル行」ボックス右端のアイコンをクリックします

  4. 「ページ設定 - タイトル行」ボックスが表示されたら、印刷タイトルに設定する行をクリックします。
    ここでは例として、1行目をクリックします。
    「ページ設定 - タイトル行」ボックスが表示されたら、印刷タイトルに設定する行をクリックします

  5. 「ページ設定 - タイトル行」にクリックした行が表示されるので、右端の「アイコン」をクリックします。
    クリックした行が表示されたら、右端のアイコンをクリックします

  6. 「ページ設定」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。
    「ページ設定」画面に戻ったら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

印刷時、すべてのページに見出し行が挿入されることを確認してください。

1ページ目 2ページ目以降
1ページ目 2ページ目以降

↑ページトップへ戻る