Windows 8 / 8.1でタッチパネルを使用した基本的な操作方法

Windows 8 / 8.1でタッチパネルを使用した基本的な操作方法

Q&A番号:013978  更新日:2018/03/19
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:013978  更新日:2018/03/19

Windows 8 / 8.1で、タッチパネルを使用した基本的な操作方法について教えてください。

Windows 8 / 8.1では、タッチパネル上でマウスの代わりに指を使い操作します。

Windows 8 / 8.1では、タッチパネル上でマウスの代わりに指を使い操作します。

説明

Windows 8 / 8.1でタッチパネルを使用した基本的な操作方法については、以下を参照してください。

  1. タップ
    画面を指先で軽くたたきます。
    項目を選択する場合などに使用します。
    マウスのクリックに相当します。
    画面を指先で軽くたたきます

  2. 長押し
    指先を押しつけてそのまま数秒待ちます。
    項目の詳細情報などが表示されます。そのほか、状況に応じたトーストメニューが開きます。
    マウスの右クリックに相当します。
    指先を押しつけてそのまま数秒待ちます

  3. ピンチ
    2本の指先で画面をタッチしたまま、指でつまむように間隔を互いに近づけます。
    画像や地図などで表示が縮小されます。
    2本の指先で画面をタッチしたまま、指でつまむように間隔を互いに近づけます

  4. ズーム
    2本の指先で画面または項目をタッチしたまま、指の間隔を広げていきます。
    画像や地図などで表示が拡大されます。
    2本の指先で画面または項目をタッチしたまま、指の間隔を広げていきます

  5. 回転
    2本の指先を写真などの上に置き、そのまま両方の指で同時に右方向または左方向に円をなぞるように回転させます。
    回転させた方向に写真が回転します。
    2本の指先を写真などの上に置き、両方の指で同時に右方向または、左方向に円をなぞるように回転させます

  6. スライドによるスクロール
    指先で画面に触れて、その指をそのまま移動、または軽く払います。
    画面上のリストやWebページなどがスクロールします。
    指先で画面に触れて、その指をそのまま移動、または軽く払います

  7. スライドによる移動
    指先で画面上の項目などに触れて、その指をそのまま移動します。
    画像、写真などの位置が移動します。
    マウスのドラックに相当します。
    指先で画面上の項目などに触れて、その指をそのまま移動します

  8. スワイプによる選択
    指先で項目に触れて、その指をそのまま軽く払います。
    スタート画面のタイルや写真などを「選択」する時などに使用します。指先でタイルを押し、軽く上または下に払うとタイルの右上にチェックがつき、選択された状態になります。
    マウスの右クリックに相当します。
    指先で項目に触れて、その指をそのまま軽く払います

  9. 端からのスワイプ
    画面の外側を指で触れて、画面に向かってそのまま指を移動、または軽く払います。
    画面の外側を指で触れて、画面に向かってそのまま指を移動、または軽く払います

    スワイプの方向により、表示されるものが違います。

    • 右端から
      チャームが表示されます。

    • 左端から
      開いているアプリが表示されます。
      そのまま指を離さずにアプリを画面の左端に押し戻すと、最近使ったアプリ一覧が表示されます。

    • 上端または下端から
      ナビゲーションバー、チャームが表示されます。
      上端を指で触れて、下端までそのまま指を移動すると表示されているアプリが閉じます。

↑ページトップへ戻る