Windows 8 / 8.1で圧縮ファイルを展開する方法

Windows 8 / 8.1で圧縮ファイルを展開する方法

Q&A番号:014003  更新日:2017/09/13
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014003  更新日:2017/09/13

Windows 8 / 8.1で、圧縮ファイルを展開する方法について教えてください。

Windows 8 / 8.1では、ZIP形式とLZH形式の圧縮ファイルを、マウス操作で展開することができます。

Windows 8 / 8.1では、ZIP形式とLZH形式の圧縮ファイルを、マウス操作で展開することができます。

はじめに

Windows 8 / 8.1では、標準の機能として、ZIP形式とLZH形式の圧縮ファイルを展開することができます。
空き容量を増やす目的でファイルやフォルダを圧縮した場合や、メールに添付しているファイルがZIPまたはLZH形式で圧縮されていたときは、ここで案内する方法で内容を確認できます。

  • ZIPやLZH形式以外の圧縮ファイルを展開するには、専用のアプリをインストールする必要があります。
    必要なアプリの詳細については、圧縮ファイルの作成元に確認するか、インターネットで検索して確認してください。

  • Windows 8 / 8.1でファイルやフォルダーを圧縮するには、以下の情報を参照してください。
    Q&AWindows 8 / 8.1でファイルやフォルダーを圧縮する方法

操作手順

Windows 8 / 8.1で圧縮ファイルを展開するには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここではWindows 8の画面で案内していますが、Windows 8.1でも同様の操作が行えます。

1. 右クリックで圧縮ファイルを展開する方法

右クリックで圧縮ファイルを展開するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Windows」キーを押しながら「D」キーを押してデスクトップを表示します。

  2. 圧縮ファイルが保存されている場所を表示します。
    圧縮ファイルを右クリックし、表示された一覧から「すべて展開」をクリックします。
    ここでは例として、デスクトップ画面に保存したZIP形式のファイルを展開します。
    圧縮ファイルを右クリックし、表示された一覧から「すべて展開」をクリックします

  3. 「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」が表示されます。
    「参照」をクリックして、展開したフォルダーを保存する場所を指定し、「展開」をクリックします。
    「参照」をクリックして、展開したフォルダーを保存する場所を指定し、「展開」をクリックします

以上で操作完了です。

圧縮ファイルが展開されたことを確認してください。
圧縮ファイルが展開されたことを確認してください

2. ダブルクリックして圧縮ファイルを展開する方法

ダブルクリックして圧縮ファイルを展開するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Windows」キーを押しながら「D」キーを押してデスクトップを表示します。

  2. 圧縮ファイルが保存されている場所を表示し、展開したいファイルをダブルクリックします。
    ここでは例として、デスクトップ画面に保存したZIP形式のファイルを展開します。
    展開したいファイルをダブルクリックします

  3. 圧縮ファイルの内容が表示されます。
    リボンから「展開」タブをクリックし、「すべて展開」をクリックします。
    リボンから「展開」タブをクリックし、「すべて展開」をクリックします

  4. 「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」が表示されます。
    「参照」をクリックして、展開したフォルダーを保存する場所を指定し、「展開」をクリックします。
    「参照」をクリックして、展開したフォルダーを保存する場所を指定し、「展開」をクリックします

以上で操作完了です。

圧縮ファイルが展開されたことを確認してください。
圧縮ファイルが展開されたことを確認してください

↑ページトップへ戻る