Windows 8 / 8.1でスリープから復帰する際にパスワード入力を省略する方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014265  更新日:2016/06/23

Windows 8 / 8.1で、スリープから復帰する際にパスワード入力を省略する方法について教えてください。

スリープから復帰する際にパスワード入力をしないように設定することで、パスワード入力の手間を減らし、すぐにパソコンを使うことができます。

スリープから復帰する際にパスワード入力をしないように設定することで、パスワード入力の手間を減らし、すぐにパソコンを使うことができます。

はじめに

Windows 8 / 8.1では「電源オプション」の設定を変更すると、スリープから復帰する際にパスワードを入力しないようにすることができます。

パスワード入力の手間を防ぎ、スリープ復帰後すぐにパソコンを使えるようになりますが、スリープ復帰後は誰でもパソコン内のデータにアクセスできる状態になり、セキュリティが低下するため、設定は慎重に行ってください。

操作手順

Windows 8 / 8.1でスリープから復帰する際にパスワード入力を省略するには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここではWindows 8の画面で案内していますが、 Windows 8.1でも同様の操作が行えます。

「使いかたチャンネル」では、このQ&Aの操作手順を動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する
※ 提供:キューアンドエー株式会社

  1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「電源オプション」をクリックします。
    「電源オプション」をクリックします

  2. 「電源オプション」が表示されます。
    「スリープ解除時のパスワード保護」をクリックします。
    「スリープ解除時のパスワード保護」をクリックします

  3. 「システム設定」が表示されます。
    「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
    「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします

  4. 「スリープ解除時のパスワード保護」欄から「パスワードを必要としない」をクリックし、「変更の保存」をクリックします。
    「パスワードを必要としない」をクリックし、「変更の保存」をクリックします

以上で操作完了です。

スリープから復帰する際、パスワードの入力が求められないか確認してください。

↑ページトップへ戻る