Windows 8 / 8.1でファイルやフォルダーを圧縮する方法

Windows 8 / 8.1でファイルやフォルダーを圧縮する方法

Q&A番号:014630  更新日:2017/09/13
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014630  更新日:2017/09/13

Windows 8 / 8.1で、ファイルやフォルダーを圧縮する方法について教えてください。

ファイルやフォルダーを圧縮してサイズを小さくすることで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、データ送受信の時間を短縮したりすることができます。

ファイルやフォルダーを圧縮してサイズを小さくすることで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、データ送受信の時間を短縮したりすることができます。

はじめに

Windowsでは、標準機能としてZIP形式の圧縮フォルダーを作成できます。
圧縮とは、ファイルやフォルダーのサイズを小さくする機能です。
電子メールで圧縮したファイルを送受信する場合は、通常ファイルの送受信に比べて、通信時間を短縮することができます。

また、以下のようなファイルは、圧縮を行ってもほとんどサイズは変わりません。

  • JPEG、GIF、MP3、MPEGなどの画像や音声、動画ファイル
  • すでに圧縮されているファイル

なお、ZIP形式に圧縮したファイルやフォルダーを閲覧したり編集したりするには、圧縮フォルダーを展開する必要があります。
圧縮フォルダーを展開する方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8 / 8.1で圧縮されているファイルを展開する方法

操作手順

Windows 8 / 8.1でファイルやフォルダーを圧縮するには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここではWindows 8の画面で案内していますが、Windows 8.1でも同様の操作が行えます。

  1. 「Windows」キーを押しながら「D」キーを押してデスクトップを表示します。

  2. デスクトップが表示されたら、圧縮したいデータの場所を表示します。
    ここでは例として、デスクトップに用意した「testフォルダー」内に保存されているファイルやフォルダーを圧縮します。
    デスクトップが表示されたら圧縮したいデータの場所を表示します

  3. 圧縮するファイルやフォルダーをクリックします。
    ファイルやフォルダーを、「Ctrl」キーを押しながらクリックすると複数選択できます。
    ここでは例として、「testフォルダー」のファイルやフォルダーをすべて選択します。
    圧縮するファイルやフォルダーをクリックします

  4. 選択したファイルやフォルダーを右クリックし、表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせて「圧縮(zip形式)フォルダー」をクリックします。
    選択したファイルやフォルダーを右クリックし、表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせて「圧縮(zip形式)フォルダー」をクリックします

  5. 圧縮(zip形式)フォルダーが作成されたことを確認します。
    ※ 圧縮フォルダーは、フォルダーアイコンにジッパーが付いた状態で表示されます。
    圧縮(zip形式)フォルダーが作成されたことを確認してください

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る