Outlook 2013で以前のバージョンのデータをインポートする方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie VALUESTAR、LaVie
対象OS Windows 8、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014744  更新日:2014/06/11

Outlook 2013で、以前のバージョンのデータをインポートする方法について教えてください。

Outlookからエクスポートしたデータファイルを、インポートにより取り込みます。

Outlookからエクスポートしたデータファイルを、インポートにより取り込みます。

はじめに

Outlook 2013では、以前のバージョンのOutlookから書き出した個人用フォルダーのデータファイル(*.pst)を取り込むことができます。
パソコンの買い換えなどでOfficeのバージョンが変わった場合も、簡単に以前のデータを移行できます。

操作手順

Outlook 2013で以前のバージョンのデータを取り込むには、以下の操作手順を行ってください。

このQ&Aの操作手順は動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する

  1. Outlook 2013を起動し、「ファイル」タブをクリックします。
    「ファイル」タブをクリックします

  2. 「開く/エクスポート」をクリックし、「インポート/エクスポート」をクリックします。
    「開く/エクスポート」をクリックし、「インポート/エクスポート」をクリックします

  3. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。
    「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックし、「次へ」ボタンをクリックします

  4. 「Outlookデータファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。
    「Outlookデータファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」ボタンをクリックします

  5. 「参照」をクリックします。
    「参照」ボタンをクリックします

  6. 「Outlookデータファイルを開く」が表示されるので、以前のバージョンのOutlookからエクスポートしたファイルをクリックし、「開く」をクリックします。
    ここでは例として、「backup」をクリックします。
    エクスポートしたファイルをクリックし、「開く」ボタンをクリックします

    補足

    以前のバージョンのOutlookで、データファイルにパスワードを設定してエクスポートした場合は、パスワードの入力画面が表示されます。backup用のパスワードを入力して「OK」をクリックします。
    パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします

  7. 「次へ」をクリックします。
    「次へ」をクリックします

  8. 「Outlookデータファイル」をクリックし、「サブフォルダーを含む」にチェックを入れて「完了」をクリックします。
    「Outlookデータファイル」をクリックし、「サブフォルダーを含む」にチェックを入れて「完了」ボタンをクリックします

以上で操作完了です。

Outlook 2013に以前のバージョンで使用していた個人用フォルダーが復元されていることを確認してください。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Outlook 2013がインストールされている機種