Outlook 2013でメールにファイルを添付する方法

Outlook 2013でメールにファイルを添付する方法

Q&A番号:015143  更新日:2016/09/12
対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:015143  更新日:2016/09/12

Outlook 2013で、メールにファイルを添付する方法について教えてください。

Outlook 2013では、送信するメールに文書や画像などのファイルを添付することができます。

Outlook 2013では、送信するメールに文書や画像などのファイルを添付することができます。

はじめに

Outlook 2013では、メールにファイルを添付して送信することができます。
添付できるファイルのサイズは、利用しているプロバイダーによって異なります。
そのため、サイズによってはメールの送信ができないことがあります。

操作手順

Outlook 2013でメールにファイルを添付するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「新しい電子メール」をクリックします。
    Outlook 2013を起動し、「新しい電子メール」をクリックします

  2. 電子メールメッセージの作成画面が表示されます。
    リボンから「メッセージ」タブをクリックし、「挿入」グループの「ファイルの添付」をクリックします。
    「メッセージ」タブをクリックし、「挿入」グループの「ファイルの添付」をクリックします

  3. 「ファイルの挿入」が表示されます。
    画面左側から添付したいファイルが保存されている場所をクリックし、添付するファイルをクリックして、「挿入」をクリックします。
    ここでは例として、「デスクトップ」に保存されている、Excelファイルを添付します。
    画面左側から添付したいファイルが保存されている場所をクリックし、添付するファイルをクリックして、「挿入」をクリックします

以上で操作完了です。

「添付ファイル」ボックスが追加され、Excelファイルが添付されていることを確認してください。
「添付ファイル」ボックスが追加され、Excelファイルが添付されていることを確認してください

※ 複数のファイルを添付する場合は、手順2〜3を繰り返し行います。

↑ページトップへ戻る