Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でセキュリティのレベルを既定に戻す方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:015868  更新日:2016/12/22

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、セキュリティのレベルを既定に戻す方法について教えてください。

Internet Explorer 11では、セキュリティの設定を既定に戻し、Webサイトを安全に閲覧することができます。

Internet Explorer 11では、セキュリティの設定を既定に戻し、Webサイトを安全に閲覧することができます。

はじめに

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11では、セキュリティのレベルを自由に変更することができます。
セキュリティのレベルを低く設定している場合は、セキュリティの設定を既定に戻すことで、プログラムの実行やダウンロードを制御して、Webサイトを安全に閲覧することができます。
また、セキュリティのレベルを高く設定していてWebサイトを閲覧できない場合は、既定に戻すことで閲覧できるようになります。

セキュリティ設定は、「インターネット」「ローカルイントラネット」「信頼済みサイト」「制限付きサイト」のゾーンに分かれており、ゾーンごとにセキュリティレベルや詳細な設定が行えます。
※ ただし、「制限付きサイト」のレベルは設定されている「高」以外に変更できません。

セキュリティ設定については、以下の情報を参照してください。
Q&AInternet Explorerのセキュリティレベルの設定について

ここで案内している方法は、デスクトップ版Internet Explorerで行うことができます。

※ ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

操作手順

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でセキュリティのレベルを既定に戻すには、以下の操作手順を行ってください。

  1. デスクトップ版Internet Explorer 11を起動します。
    画面右上の「「ツール」アイコン」(ツール)をクリックし、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします。
    画面右上の「ツール」をクリックし、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします

  2. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「セキュリティ」タブをクリックし、「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」ボックスから各ゾーンをクリックして、「既定のレベル」をクリックします。
    「セキュリティ」タブをクリックし、「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」ボックスから各ゾーンをクリックして、「既定のレベル」をクリックします

    補足

    • 「既定のレベル」がクリックできない場合は、すでに既定のレベルに設定されているので、操作を行う必要はありません。
      「既定のレベル」がクリックできない場合は、すでに既定のレベルに設定されているので、操作を行う必要はありません

    • すべてのゾーンをまとめて既定のレベルに戻す場合は、「すべてのゾーンを既定のレベルにリセットする」をクリックします。
      すべてのゾーンをまとめて変更する場合は、「すべてのゾーンを既定のレベルにリセットする」をクリックします

  3. 各ゾーンについて設定が完了したら、「OK」をクリックします。
    各ゾーンについて設定が完了したら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る