2011年9月〜2012年5月発売のVALUESTAR、LaVieのSmartVisionで録画番組をリモコンで操作する画面からDVDに書き込む方法

2011年9月〜2012年5月発売のVALUESTAR、LaVieのSmartVisionで録画番組をリモコンで操作する画面からDVDに書き込む方法

Q&A番号:016301  更新日:2017/03/27
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 7 Home Premium Windows 7 Home Premium

Q&A番号:016301  更新日:2017/03/27

2011年9月〜2012年5月発売のVALUESTAR、LaVieのSmartVisionで、録画番組をリモコンで操作する画面からDVDに書き込む方法について教えてください。

SmartVisionの録画番組はDVDに保存できますが、番組のコピー制御方式によって書き込みできる回数が異なります。

SmartVisionの録画番組はDVDに保存できますが、番組のコピー制御方式によって書き込みできる回数が異なります。

はじめに

2011年9月〜2012年5月発売モデルでは、録画番組をDVD媒体に書き込む場合、利用する書き込み形式に合わせて適切なDVD媒体の種類やフォーマット形式を選択し、SmartVisionのCPRMアップデートを実施する必要があります。

  • 事前にSmartVisionのCPRMアップデートを実施する必要があります。1度アップデートすれば、次回以降は不要です。
    詳細については、以下の情報を参照してください。
    Q&ASmartVisionでCPRMアップデートを行う方法について

  • 利用できるDVD媒体の種類は、CPRM対応のDVD-R(1層/2層)またはDVD-RAMです。

  • DVD-Rに複数の録画番組を1度に追加できますが、1度書き込み作業を行ったDVD-Rには録画番組を追記できません。
    ※ DVD-RAMは追記できます。

  • ダビング10に対応しているため、ダビング10に対応した番組であれば10回まで録画番組をDVDなどに書き出せます。
    10回目はムーブで、HDDデータは削除されます。

  • コピーワンスの番組は、録画したデータを1つだけ保存することが許可されています。
    DVDに録画データを書き出し後は、SmartVisionの録画フォルダー一覧からデータは削除されます。

  • ワイヤレスTVデジタルモデルの場合、「ワイヤレスTVデジタル」と接続が確立している必要があります。

  • 画面によってはリモコンでも操作ができます。

  • DVD-VR形式、またはAVCREC形式のどちらかを選択して録画番組をDVDに書き込めます。
    ※ DVDスーパーマルチドライブモデルは、DVD-VR形式の書き込みのみ対応しています。
    それぞれの形式の詳細については、補足を参照してください。

操作手順

2011年9月〜2012年5月発売のVALUESTAR、LaVieのSmartVisionで録画番組をリモコンで操作する画面からDVDに書き込むには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「SmartVisionテレビを見る」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「SmartVisionテレビを見る」の順にクリックします

  2. SmartVision画面下部の「フルスクリーン」をクリックします。
    SmartVision画面下部の「フルスクリーン」をクリックします

  3. テレビ画面上でマウスを動かして、表示された操作パネルから「テレビメニュー」をクリックします。
    テレビ画面上でマウスを動かして、表示された操作パネルから「テレビメニュー」をクリックします

  4. 「録画番組一覧」から書き込みたい番組が保存されている録画フォルダーを選択します。
    「録画番組一覧」から書き込みたい番組が保存されている録画フォルダーを選択します

  5. 書き込みたい録画番組でコピー制御方式のアイコンを確認します。
    書き込みたい録画番組でコピー制御方式のアイコンを確認します

    補足

    • COPYアイコンは、「COPY回数」+「1回(MOVE)」の合計がDVD媒体に書き込みができます。
    • MOVEアイコンは、1度だけDVD媒体に書き込みができます。書き込み後はハードディスクから削除されます。
    • FREEアイコンは、何度でもDVD媒体に書き込みができます。

    コピー制御方式のアイコン

  6. CPRM対応のDVD-R/RAMを挿入し、書き込みたい録画番組上で右クリックして表示された一覧から「ダビング」をクリックします。
    書き込みたい録画番組上で右クリックして表示された一覧から「ダビング」をクリックします

  7. 「光ディスク」をクリックして、「この番組を保存」をクリックします。
    「光ディスク」をクリックして、「この番組を保存」をクリックします

    補足

    複数の録画番組をまとめてDVD-R/RAMに書き込む場合は、以下の操作手順を行います。

    1. 「光ディスク」をクリックして、「番組を選んで保存」をクリックします。
      「光ディスク」をクリックして、「番組を選んで保存」をクリックします

    2. 追加する録画番組にチェックを入れます。
      追加する録画番組にチェックを入れます

    3. 録画番組上で右クリックし、表示された一覧から「選択を完了」をクリックします。
      録画番組上で右クリックし、表示された一覧から「選択を完了」をクリックします

  8. DVDのフォーマット形式により、以下のいずれかの画面が表示されます。
    「デジタル放送画質の変換」から任意の画質を選択して「保存開始」をクリックします。
    ※ 以下の画面上で、書き込み形式を変更できます。

    • DVD-VR形式の場合
      DVD-VR形式の場合に表示される画面

      DVD-VR形式の場合、「デジタル放送画質の変換」から以下の画質が選択できます。
      DVD-VR形式の場合、「デジタル放送画質の変換」から以下の画質が選択できます

    • AVCREC形式の場合
      AVCREC形式の場合

      AVCREC形式の場合、「ダイレクト」画質で録画した番組は「デジタル放送画質の変換」から以下の画質が選択できます。
      ※ 「ダイレクト」画質以外の録画番組では、録画モードによって選択できる画質が異なります。
      AVCREC形式の場合、「ダイレクト」画質で録画した番組は「デジタル放送画質の変換」から以下の画質が選択できます

    補足

    • 未フォーマットのDVD-RAMを利用する場合は、「フォーマット」をクリックします。
      画面の説明に沿ってDVD-RAMをフォーマットしてから、書き込みを実施します。

    • すでに番組を保存したDVD-RAMに番組を追加する場合は、書き込み形式を変更できません。
      フォーマットすると、すでに録画されたすべての番組が削除されます。

    • DVDスーパーマルチドライブモデルでは、この画面でフォーマットできません。
      SmartVisionを終了してからDVD-RAMのフォーマットを実施します。

      DVD-RAMをフォーマットする方法については、以下の情報を参照してください。
      Q&AWindows 7でCD/DVD/ブルーレイディスクをフォーマットする方法

    フォーマット画面

  9. 書き込みが完了するまで待機します。ご利用の機種や書き込み形式により表示される画面が異なります。
    ※ 手順8の「デジタル放送画質の変換」で「変換しない」を選択した場合は「変換処理」されません。

    • ライブ映像の画面
      ライブ映像の画面

    • 書き込み優先モードの画面
      書き込み優先モードの画面

    補足

    書き込みを中止する方法は、ご利用の機種によって異なります。

    • ライブ映像の画面
      画面上で右クリックし、表示された一覧から「光ディスク作成の中止」をクリックします。
      画面上で右クリックし、表示された一覧から「光ディスク作成の中止」をクリックします

    • 書き込み優先モードの画面
      「中止」をクリックします。
      「中止」をクリックします

    • 共通の中止方法
      タスクトレイの「SmartVision」アイコンを右クリックし、表示された一覧から「光ディスク保存(書き込み)の中止」をクリックします。
      タスクトレイの「SmartVision」アイコンを右クリックし、表示された一覧から「光ディスク保存(書き込み)の中止」をクリックします

      ※ 「中止してもよろしいですか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
      「中止してもよろしいですか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします

  10. 完了画面が表示されたら、「閉じる」をクリックします。
    完了画面が表示されたら、「閉じる」をクリックします

    補足

    デジタル録画番組の元データを録画モード変換や簡易編集などを行っている場合は、元データと変換処理後の番組は同じグループとして扱われます。
    「元データ」と「元データを録画モード変換したもの」、および「元データを簡易編集したもの」が同じグループとなるため、書き込みを実施するたびに同一グループのすべてのデータで、コピーできる残り回数が減っていきます。

以上で操作完了です。

補足

DVD-VR形式とAVCREC形式の違いは、以下のとおりです。

DVD-VR形式

  • デジタル放送をアナログ相当の画質に変換して保存する従来の書き込み方法です。
  • AVCREC形式より画質は落ちますが、対応している再生機器の種類が数多くあります。
  • 字幕には対応していません。
  • 利用できるDVD-RAMのフォーマット形式は、UDF2.0またはUDF2.01です。

AVCREC形式

  • デジタル放送をハイビジョン画質のままDVDに保存できるため、DVD-VR形式よりも高画質で保存できます。
  • ご利用のパソコン以外のパソコンやプレーヤーで再生するには、再生機器がAVCREC形式に対応している必要があります。
  • 字幕に対応しています。
  • 利用できるDVD-RAMのフォーマット形式は、UDF2.5です。
  • DVDスーパーマルチドライブモデルでは利用できません。

↑ページトップへ戻る

対象製品

2011年9月〜2012年5月発表VALUESTAR、LaVieでSmartVisionがインストールされている機種