Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でお気に入りバーの表示/非表示を設定する方法

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でお気に入りバーの表示/非表示を設定する方法

Q&A番号:016595  更新日:2017/09/13
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:016595  更新日:2017/09/13

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、お気に入りバーの表示/非表示を設定する方法について教えてください。

Internet Explorer 11では、よく利用するWebページを画面上部のお気に入りバーに追加することができます。

Internet Explorer 11では、よく利用するWebページを画面上部のお気に入りバーに追加することができます。

はじめに

Internet Explorer 11では、画面上部にお気に入りバーを表示することができます。
頻繁に利用するWebページをお気に入りバーに追加することで、都度、検索を行ったり、お気に入りセンターから探したりすることなく、目的のWebページを閲覧できます。

お気に入りバーは、いつでも表示と非表示を切り替えることができます。
Webページを表示する画面を広くしたい場合は、非表示にしてください。

  • Windows 8.1では、デスクトップ版Internet Explorerで行うことができます。
  • ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

操作手順

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でお気に入りバーの表示または非表示を設定するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、お気に入りバーを表示する方法を案内します。

  1. Internet Explorer 11を起動し、「新しいタブ」右側の何も表示されていない箇所を右クリックして、表示された一覧から「お気に入りバー」をクリックします。
    「新しいタブ」右側の何も表示されていない箇所を右クリックして、表示された一覧から「お気に入りバー」をクリックします

  2. 画面上部に「お気に入りバー」が表示されたことを確認します。
    画面上部に「お気に入りバー」が表示されたことを確認します

以上で操作完了です。

お気に入りバーの特定のリンクをクリックして、該当のWebページが表示されることを確認してください。

補足

「お気に入りバー」を非表示にするには、手順1で「お気に入りバー」をクリックしてチェックを外します。
「お気に入りバー」を非表示にするには、「お気に入りバー」をクリックしてチェックを外します

↑ページトップへ戻る