Windows 10でユーザーアカウントのパスワードを設定する方法

Windows 10でユーザーアカウントのパスワードを設定する方法

Q&A番号:017733  更新日:2018/03/22
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:017733  更新日:2018/03/22

Windows 10で、ユーザーアカウントのパスワードを設定する方法について教えてください。

Windows 10のユーザーアカウントには、Microsoftアカウントとローカルアカウントの2種類がありますが、ローカルアカウントには、ここで案内する方法でパスワードを設定できます。

Windows 10のユーザーアカウントには、Microsoftアカウントとローカルアカウントの2種類がありますが、ローカルアカウントには、ここで案内する方法でパスワードを設定できます。

はじめに

Windows 10のユーザーアカウントには、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの2種類があります。
Microsoftアカウントのパスワードは、アカウント作成時にすでに設定されています。
ローカルアカウントには、ここで案内する方法でパスワードを設定できます。

パスワードを設定すると、パソコンにサインインするときパスワードを入力する画面が表示されます。
ローカルアカウントのパスワード入力画面(一例)
ローカルアカウントのパスワード入力画面(一例)

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いについては、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10でのローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いについて

ローカルアカウントを使用する場合は、パスワードを設定していなくてもWindowsにサインインできますが、不正アクセス防止などのセキュリティ対策のため、パスワードを設定しておくことをおすすめします。

ローカルアカウントのパスワードを設定した場合は、パスワードを忘れた場合に備えて、パスワードリセットディスクを作成しておくことをおすすめします。
パスワードリセットディスクの作成方法は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10でパスワードリセットディスクを作成する方法

パスワードを設定する方法は、該当のアカウントでサインインして行う場合と、別のアカウントでサインインして行う場合で異なります。別のアカウントでサインインして行う場合は、管理者アカウントまたは管理者パスワードを使用します。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でユーザーアカウントのパスワードを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

1. ローカルアカウントでサインインしてパスワードを設定する方法

ローカルアカウントでサインインしてパスワードを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. パスワードを設定したいローカルアカウントでサインインします。

  2. 「スタート」→「アイコン」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」→「設定」の順にクリックします

  3. 「設定」が表示されます。
    「アカウント」をクリックします。
    「アカウント」をクリックします

  4. ローカルアカウントが表示されていることを確認し、「サインインオプション」をクリックします。
    ローカルアカウントが表示されていることを確認し、「サインインオプション」をクリックします

  5. 「パスワード」欄に「アカウントにパスワードがありません。…」というメッセージが表示されていることを確認し、「追加」をクリックします。
    ※ 「アカウントパスワードの変更」と表示されている場合は、すでにパスワードが設定されています。
    「パスワード」欄に「アカウントにパスワードがありません。…」というメッセージが表示されていることを確認し、「追加」をクリックします

  6. 「パスワードの作成」が表示されます。
    「新しいパスワード」「パスワードの確認入力」にパスワードを入力し、「パスワードのヒント」ボックスに任意のヒントを入力したら、「次へ」をクリックします。
    「新しいパスワード」「パスワードの確認入力」にパスワードを入力し、「パスワードのヒント」ボックスに任意のヒントを入力したら、「次へ」をクリックします

  7. 「完了」をクリックします。
    「完了」をクリックします

  8. 「設定」画面に戻ったら、「パスワード」欄に「アカウントにパスワードがありません。…」というメッセージが表示されていないことを確認し、「×」で画面を閉じます。
    「パスワード」欄に「アカウントにパスワードがありません。…」というメッセージが表示されていないことを確認し、「×」で画面を閉じます

以上で操作完了です。

次回ローカルアカウントでサインイン時に、パスワードボックスが表示されます。
設定したパスワードでサインインできることを確認してください。
次回ローカルアカウントでサインイン時に、パスワードボックスが表示され、設定したパスワードでサインインできることを確認してください

2. 別のアカウントでサインインしてローカルアカウントにパスワードを設定する方法

別のアカウントでサインインしてローカルアカウントにパスワードを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

補足

  • 別のアカウントでサインインして操作を行う場合は、管理者アカウントでサインインするか、管理者アカウントのパスワードが必要です。

  • 別のアカウントでパスワードを設定すると、EFSで暗号化されたファイルや個人証明書などの情報が失われます。手順7の画面内に表示された注意書きを確認し、アカウントの利用者が了承のうえで操作してください。

  1. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。
    「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。
    「スタート」をクリックし、「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして「コントロールパネル」をクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「ユーザーアカウント」をクリックします。
    ※ 表示方法がアイコンの場合は「ユーザーアカウント」をクリックし、手順4に進みます。
    「ユーザーアカウント」をクリックします

  3. 「ユーザーアカウント」が表示されます。
    「ユーザーアカウント」をクリックします。
    「ユーザーアカウント」をクリックします

  4. 「別のアカウントの管理」をクリックします。
    「別のアカウントの管理」をクリックします

    補足

    「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、「はい」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、「はい」をクリックします

  5. 「アカウントの管理」が表示されます。
    パスワードを設定するローカルアカウントをクリックします。
    パスワードを設定するローカルアカウントをクリックします

  6. 「アカウントの変更」が表示されます。
    「パスワードの作成」をクリックします。
    「パスワードの作成」をクリックします

  7. 「パスワードの作成」が表示されます。
    「新しいパスワード」「新しいパスワードの確認」にパスワードを入力し、「パスワードのヒントの入力」ボックスに任意のヒントを入力したら、「パスワードの作成」をクリックします。
    「新しいパスワード」「パスワードの確認入力」にパスワードを入力し、「パスワードのヒント」ボックスに任意のヒントを入力したら、「パスワードの作成」をクリックします

  8. 「アカウントの変更」画面に戻ったら、アカウント名の下部に「パスワード保護」と表示されたことを確認し、「×」で画面を閉じます。
    「アカウントの変更」画面に戻ったら、アカウント名の下部に「パスワード保護」と表示されたことを確認し、「×」で画面を閉じます

以上で操作完了です。

次回ローカルアカウントでサインイン時に、パスワードボックスが表示されます。
設定したパスワードでサインインできることを確認してください。
次回ローカルアカウントでサインイン時に、パスワードボックスが表示され、設定したパスワードでサインインできることを確認してください

↑ページトップへ戻る