Windows 10でスリープから復帰する際にパスワード入力を省略する方法

Windows 10でスリープから復帰する際にパスワード入力を省略する方法

Q&A番号:018311  更新日:2018/07/13
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018311  更新日:2018/07/13

Windows 10で、スリープから復帰する際にパスワード入力を省略する方法について教えてください。

Windows 10では、設定画面にあるアカウントのサインインオプションで、スリープから復帰する際にパスワードを入力しないようにすることができます。

Windows 10では、設定画面にあるアカウントのサインインオプションで、スリープから復帰する際にパスワードを入力しないようにすることができます。

はじめに

Windows 10では、スリープから復帰する際にパスワード入力をしないように設定できます。
設定画面から、該当するアカウントのサインインオプションの設定を変更します。

パスワード入力の手間を省き、スリープ復帰後すぐにパソコンを使えるようになりますが、スリープ復帰後は誰でもパソコン内のデータにアクセスできる状態になり、セキュリティが低下するため、設定は慎重に行ってください。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でスリープから復帰する際にパスワード入力を省略するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「アイコン」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」→「設定」の順にクリックします

  2. 「設定」が表示されます。
    「アカウント」をクリックします。
    「アカウント」をクリックします

  3. 「サインインオプション」をクリックします。
    「サインインオプション」をクリックします

  4. 「サインインを求める」欄で、「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」ボックスをクリックします。
    「サインインを求める」欄で、「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」ボックスをクリックします
    ※ 初期状態で選択されている「PCのスリープを解除する時間」では、スリープ復帰時にパスワード入力が必要です。

  5. 表示された一覧から、「ロックしない」をクリックします。
    表示された一覧から、「ロックしない」をクリックします

  6. 設定が完了したら、右上の「×」をクリックして画面を閉じます。
    右上の「×」をクリックして画面を閉じます

以上で操作完了です。

スリープから復帰する際、パスワードの入力が求められないことを確認してください。

↑ページトップへ戻る