Windows 10のInternet Explorer 11でWebページ上に表示されている文字の書体を変更する方法

Windows 10のInternet Explorer 11でWebページ上に表示されている文字の書体を変更する方法

Q&A番号:018416  更新日:2019/09/12
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018416  更新日:2019/09/12

Windows 10のInternet Explorer 11で、Webページ上に表示されている文字の書体を変更する方法について教えてください。

文字の書体(フォント)の設定を変更することで、お好みの書体でWebページを閲覧することができます。

文字の書体(フォント)の設定を変更することで、お好みの書体でWebページを閲覧することができます。

はじめに

Webページ上に表示されている文字の書体は、フォントの設定を変更することで、お好みの書体に変更できます。

フォントを変更した例

既定のフォント(MS Gothic) 変更後のフォント(メイリオ)
既定のフォント 変更後のフォント

※ フォントが指定されているWebページでは、既定のフォント以外で表示される場合があります。
※ 画像として表示されている文字のフォントは変更できません。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11でWebページ上に表示されている文字の書体を変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、「ツール」(ツール)をクリックし、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします。
    「ツール」をクリックし、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします

  2. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「全般」タブをクリックし、「デザイン」欄の「ユーザー補助」をクリックします。
    「全般」タブをクリックし、「ユーザー補助」をクリックします

  3. 「ユーザー補助」が表示されます。
    「書式設定」欄の「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
    「書式設定」欄の、「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

  4. 「インターネットオプション」画面に戻ります。
    「デザイン」欄の「フォント」をクリックします。
    「フォント」をクリックします

  5. 「フォント」が表示されます。
    「Webページフォント」ボックスから任意のフォントをクリックし、「OK」をクリックします。
    ここでは例として、「メイリオ」をクリックします。
    「Webページフォント」ボックスから、任意のフォントをクリックし、「OK」をクリックします

  6. 「インターネットオプション」画面に戻ります。
    「OK」をクリックします。
    「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

Webページの文字の書体が変更されたことを確認してください。
Webページの文字の書体が変更されたことを確認してください

↑ページトップへ戻る