Windows 10のWindows Defenderで検出された脅威を確認する方法

Windows 10のWindows Defenderで検出された脅威を確認する方法

Q&A番号:018511  更新日:2018/10/05
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018511  更新日:2018/10/05

Windows 10のWindows Defenderで、検出された脅威を確認する方法について教えてください。

Windows Defenderのスキャンでマルウェアや疑わしいアプリなどの脅威が検出された場合は、スキャンの履歴から詳細を確認できます。

Windows Defenderのスキャンでマルウェアや疑わしいアプリなどの脅威が検出された場合は、スキャンの履歴から詳細を確認できます。

はじめに

Windows Defenderでは、自動また手動でスキャンを行い、パソコンや外付けドライブ内のデータにマルウェアと呼ばれる悪意のあるソフトウェア(ウイルスやスパイウェアなど)が含まれていないか確認できます。

スキャンを行った結果、マルウェアや疑わしいアプリなどの脅威が検出された場合は、Windows Defenderのスキャンの履歴から、現在確認している脅威や、すでに検疫や許可を行った脅威の詳細を確認することができます。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のWindows Defenderで検出された脅威を確認するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「設定」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」→「設定」の順にクリックします

  2. 「設定」が表示されます。
    「更新とセキュリティ」をクリックします。
    「更新とセキュリティ」をクリックします

  3. 画面左側から「Windows セキュリティ」をクリックし、「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします。
    画面左側から「Windows セキュリティ」をクリックし、「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします

  4. 「Windows Defenderセキュリティセンター」が表示されます。
    「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
    「ウイルスと脅威の防止」をクリックします

  5. 「脅威履歴」をクリックします。
    「脅威履歴」をクリックします

以上で操作完了です。

「現在の脅威」欄に表示されている内容を確認してください。
※ 脅威が検出された場合は、内容を確認のうえ検疫や許可など必要な操作を行ってください。
「現在の脅威」欄に表示されている内容を確認してください

補足

  • スキャンで脅威が確認されなかった場合は、「現在の脅威はありません。」と表示されます。
  • 検疫や許可した脅威については、上記の画像の「検疫済みの脅威」と「許可された脅威」欄に表示されます。

↑ページトップへ戻る