Excel 2016でURLやメールアドレスにハイパーリンクを設定しないようにする方法

Excel 2016でURLやメールアドレスにハイパーリンクを設定しないようにする方法

Q&A番号:019012  更新日:2018/06/25
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro

Q&A番号:019012  更新日:2018/06/25

Excel 2016で、URLやメールアドレスにハイパーリンクを設定しないようにする方法について教えてください。

ハイパーリンク機能を無効にすることで、URLやメールアドレスを入力しても自動でリンク表示されなくなります。

ハイパーリンク機能を無効にすることで、URLやメールアドレスを入力しても自動でリンク表示されなくなります。

はじめに

Excel 2016の初期設定では、URLやメールアドレスなどを入力するとハイパーリンクに変更されます。
ハイパーリンクをクリックすると、シート上から目的の指定場所まで直接ジャンプすることができます。

ハイパーリンクの機能が不要な場合は、オートコレクトの設定を変更することで、文書に入力したURLやメールアドレスに自動でハイパーリンクを設定しないようにできます。

ハイパーリンク機能を有効にして入力した場合(一例)
ハイパーリンク機能を有効にして入力した場合

  • メールアドレスをクリックすると、メールソフトが起動し、該当のメールアドレス宛てのメール作成画面が開く
  • URLをクリックすると、インターネットブラウザーが起動し、目的のホームページが開く

ハイパーリンク機能を無効にして入力した場合(一例)
ハイパーリンク機能を無効にして入力した場合

※ 設定した内容は、設定変更後に入力されたURLなどに適用されます。設定変更前に入力されたURLなどには適用されません。

操作手順

Excel 2016でURLやメールアドレスにハイパーリンクを設定しないようにするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. リボンから「ファイル」タブをクリックします。
    リボンから「ファイル」タブをクリックします

  2. 「オプション」をクリックします。
    「オプション」をクリックします

  3. 「Excelのオプション」が表示されます。
    画面左側の「文章校正」をクリックし、「オートコレクトのオプション」欄の「オートコレクトのオプション」をクリックします。
    画面左側の「文章校正」をクリックし、「オートコレクトのオプション」欄の「オートコレクトのオプション」をクリックします

  4. 「オートコレクト」が表示されます。
    「入力オートフォーマット」タブをクリックし、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを外して、「OK」をクリックします。
    「入力オートフォーマット」タブをクリックし、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを外して、「OK」をクリックします

  5. 「Excelのオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。
    「Excelのオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

URLやアドレスを入力し、ハイパーリンク機能が無効に設定されていることを確認してください。
URLやアドレスを入力し、ハイパーリンク機能が無効に設定されていることを確認してください

↑ページトップへ戻る