Windows 10で特定のアプリの関連付けが設定できない場合の対処方法

Windows 10で特定のアプリの関連付けが設定できない場合の対処方法

Q&A番号:019257  更新日:2018/05/10
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:019257  更新日:2018/05/10

Windows 10で、特定のアプリの関連付けが設定できない場合の対処方法について教えてください。

「既定のアプリの選択」から使用するアプリへの関連付けが設定できない場合は、ファイルの種類ごとに既定のアプリを設定します。

「既定のアプリの選択」から使用するアプリへの関連付けが設定できない場合は、ファイルの種類ごとに既定のアプリを設定します。

はじめに

Windows 10では、写真や文書など、ファイルを開くときに特定のアプリで起動するように設定することを関連付けといいます。
アプリの関連付けを設定する場合、「既定のアプリの選択」画面でアプリを選択しますが、目的のアプリが表示されないことがあります。
一覧に関連付けたいアプリが表示されないときは、ファイルの種類(拡張子)ごとに起動するアプリを設定します。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

対処方法

Windows 10で特定のアプリの関連付けが設定できない場合は、以下の対処方法を行ってください。

  1. 「スタート」→「設定」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」→「設定」の順にクリックします

  2. 「設定」が表示されます。
    「アプリ」をクリックします。
    「アプリ」をクリックします

  3. 「アプリ」が表示されます。
    「既定のアプリ」をクリックします。
    「既定のアプリ」をクリックします

  4. 「既定のアプリ」が表示されます。
    画面を下にスクロールし、「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックします。
    画面を下にスクロールし、「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックします

  5. 「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」が表示されます。
    一覧から、特定のアプリを関連付けたいファイルの種類(拡張子)の「既定のアプリ」をクリックします。
    ここでは例として、「.png」ファイルに関連付けられている「フォト」をクリックします。
    一覧から、特定のアプリを関連付けたいファイルの種類(拡張子)の「既定のアプリ」をクリックします

  6. 「アプリを選ぶ」が表示され、一覧から関連付けたいアプリをクリックします。
    ここでは例として、「ペイント」をクリックします。
    「アプリを選ぶ」が表示され、一覧から関連付けたいアプリをクリックします

  7. 既定のアプリが変更されたことを確認し、右上の「×」をクリックして画面を閉じます。
    既定のアプリが変更されたことを確認し、右上の「×」をクリックして画面を閉じます

以上で操作完了です。

関連付けを変更したファイルをダブルクリックし、変更したアプリで開くことを確認してください。

↑ページトップへ戻る