Windows 10でアプリの自動更新を有効/無効に設定する方法

Windows 10でアプリの自動更新を有効/無効に設定する方法

Q&A番号:020469  更新日:2018/11/13
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020469  更新日:2018/11/13

Windows 10で、アプリの自動更新を有効/無効に設定する方法について教えてください。

Windows 10の初期状態ではMicrosoft Storeアプリで自動更新機能が有効に設定されていますが、自動更新したくないアプリがある場合は無効に変更できます。

Windows 10の初期状態ではMicrosoft Storeアプリで自動更新機能が有効に設定されていますが、自動更新したくないアプリがある場合は無効に変更できます。

はじめに

Windows 10では、Microsoft Storeアプリに更新プログラムが通知された際、アプリの自動更新を有効に設定しておくと、アップデート可能なアプリを最新の状態へ自動的に更新することができます。
更新したくないアプリがある場合や消費電力を抑えたい場合などは無効に設定することをおすすめします。

  • Windows 10の初期状態では、自動更新機能は有効に設定されています。
  • Microsoft Storeアプリを自動更新するには、パソコンがインターネットに接続されている必要があります。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でアプリの自動更新を有効または無効に設定するには、以下の操作手順を行ってください。

1. アプリの自動更新を有効にする方法

アプリの自動更新を有効にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Microsoft Store」を起動し、画面右上の「もっと見る」(もっと見る)をクリックして、表示された一覧から「設定」をクリックします。
    「Microsoft Store」を起動し、画面右上の「もっと見る」をクリックして、表示された一覧から「設定」をクリックします

  2. 「アプリ更新」欄の「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックして、「オン」にします。
    「アプリ更新」欄の「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックして、「オン」にします

以上で操作完了です。

Microsoft Storeアプリが自動で更新されることを確認してください。

2. アプリの自動更新を無効にする方法

アプリの自動更新を無効にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Microsoft Store」を起動し、画面右上の「もっと見る」(もっと見る)をクリックして、表示された一覧から「設定」をクリックします。
    「Microsoft Store」を起動し、画面右上の「もっと見る」をクリックして、表示された一覧から「設定」をクリックします

  2. 「アプリ更新」欄の「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックして、「オフ」にします。
    「アプリ更新」欄の「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックして、「オフ」にします

以上で操作完了です。

Microsoft Storeアプリが自動で更新されないことを確認してください。

↑ページトップへ戻る