Windows 10のInternet Explorer 11で前回終了時に開いていたタブを再表示する方法

Windows 10のInternet Explorer 11で前回終了時に開いていたタブを再表示する方法

Q&A番号:020506  更新日:2019/03/22
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020506  更新日:2019/03/22

Windows 10のInternet Explorer 11で、前回終了時に開いていたタブを再表示する方法について教えてください。

Windows 10のInternet Explorerを誤って終了してしまった場合でも、前回終了時に表示していたタブを復元できます。

Windows 10のInternet Explorerを誤って終了してしまった場合でも、前回終了時に表示していたタブを復元できます。

はじめに

Windows 10のInternet Explorer 11では、前回Internet Explorerを終了した際に表示していたタブを、再度表示することができます。
操作を誤ってInternet Explorerを終了してしまった場合でも、この操作を行うことで元の状態に戻すことができます。

Internet Explorerのウィンドウを複数起動していた場合は、最後に終了したウィンドウで表示していたタブが再表示されます。

ここで案内している操作を行うには、新しいタブを開いたときに「新しいタブページ」が表示されるように設定されている必要があります。
以下の情報を参照し、新しいタブを開いたときに表示するページを「新しいタブページ」に設定してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で新しいタブを開いたときに表示されるページを変更する方法

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11で前回終了時に開いていたタブを再表示するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11でWebページを表示している状態で、右上の「×」(閉じる)をクリックします。
    ここでは例として、3つのタブを表示した状態でInternet Explorer 11を終了します。
    Internet ExplorerでWebページを表示している状態で、右上の「閉じる」をクリックします

  2. Internet Explorer 11を起動して、「アイコン」(新しいタブ)をクリックします。
    Internet Explorer 11を起動して、「新しいタブ」をクリックします

  3. 「よくアクセスするサイト」画面が表示されます。
    画面下部の「前回のセッションを開く」をクリックします。
    画面下部の「前回のセッションを開く」をクリックします

以上で操作完了です。

前回終了時に表示していたタブが再表示されたことを確認してください。
前回終了時に表示していたタブが再表示されたことを確認してください

↑ページトップへ戻る