Microsoft Edgeで「このサイトは安全ではありません」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法

Microsoft Edgeで「このサイトは安全ではありません」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法

Q&A番号:021267  更新日:2019/06/21
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:021267  更新日:2019/06/21

Microsoft Edgeで、「このサイトは安全ではありません」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法について教えてください。

「このサイトは安全ではありません」と表示される場合は、パソコンの時刻設定や、ウイルス感染の確認、セキュリティレベルの変更などを行うことで問題が解決するか確認します。

「このサイトは安全ではありません」と表示される場合は、パソコンの時刻設定や、ウイルス感染の確認、セキュリティレベルの変更などを行うことで問題が解決するか確認します。

はじめに

「このサイトは安全ではありません」というエラーメッセージは、Webページの安全性が確認できない場合などに表示されます。
また、パソコンの時刻がずれていたり、セキュリティレベルが高く設定されていたりする場合などにも表示されることがあります。

閲覧しようとしているWebページが信頼できる場合は、ここで案内する対処方法の項目を順に行い、現象が改善されるか確認してください。
※ 信頼できない場合はWebページを閲覧せず、画面を閉じてください。

「このサイトは安全ではありません」エラーメッセージ(一例)
「このサイトは安全ではありません」エラーメッセージ(一例)

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

対処方法

Microsoft Edgeで「このサイトは安全ではありません」というエラーメッセージが表示される場合は、以下の対処方法を行ってください。

1. パソコンの時刻を修正する

パソコンの日時が正しく設定されていないと、インターネットとパソコンの時間のずれによってセキュリティ情報に問題が発生し、「このサイトは安全ではありません」というメッセージが表示されることがあります。

パソコンの日時を現在時刻に変更し、再度該当のWebページを表示して問題が解決するか確認します。
パソコンの日時を変更する方法については、以下の情報の「1. インターネット経由で自動設定する方法」を参照してください。
Q&AWindows 10で時計の時刻や日付を合わせる方法

2. ウイルスに感染していないか確認する

「このサイトは安全ではありません」というメッセージが表示される場合は、パソコンがウイルスに感染している可能性があります。
ウイルス対策ソフトを使用してパソコンをスキャンし、ウイルスに感染していないか確認してください。

パソコンがウイルスに感染していないか確認する方法は、ウイルス対策ソフトを使用している場合と、Windows Defenderを有効に設定している場合で異なります。
以下の情報を参照し、ウイルス感染の有無を確認してください。

ウイルス対策ソフトを使用している場合

ウイルスチェックを行い、感染していた場合は、画面の指示に従ってウイルスを駆除してください。
ウイルス対策ソフトの操作方法や設定方法については、ウイルス対策ソフトのメーカーに確認してください。

補足

ウイルス対策ソフトメーカー各社が提供している「オンラインスキャン」を使用して、ウイルスチェックを行うこともできます。
Q&Aウイルス対策ソフトメーカーの「オンラインスキャン」について

Windows Defenderを有効に設定している場合

Windows Defenderでフルスキャンを行うことで、ハードディスク上のすべてのファイルおよび実行中のすべてのプログラムをチェックすることができます。

Windows Defenderでフルスキャンを行う方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10のWindows Defenderでフルスキャンを行う方法

3. ウイルス対策ソフトのセキュリティレベルを変更する

ウイルス対策ソフトのセキュリティレベルが高く設定されていると、Webページが表示されないことがあります。
セキュリティレベルを変更し、該当のWebページが表示できるようになるか確認します。

ウイルス対策ソフトのセキュリティレベルの変更方法は、ご利用のウイルス対策ソフトによって異なります。
操作方法については、ウイルス対策ソフトのメーカーに確認してください。

※ Windows Defenderを使用している場合は、「4. Microsoft Edgeのセキュリティレベルを変更する」に進みます。

4. Microsoft Edgeのセキュリティレベルを変更する

Microsoft Edgeのセキュリティレベルが高く設定されていると、Webページが表示されないことがあります。
セキュリティレベルを変更し、該当のWebページが表示できるようになるか確認します。

セキュリティレベルを「オフ」にすると、パソコンの保護が無効になります。
Webページ閲覧後は必ず設定を元に戻してください。

Microsoft EdgeのセキュリティレベルはWindows Defender SmartScreenから変更します。
セキュリティレベルを変更する方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10でWindows Defender SmartScreenの設定を変更する方法

5. ブラウザーを変更する

該当のWebページが、Microsoft Edgeに対応していない可能性があります。
Internet Explorer 11など、使用するブラウザーを変更してWebページが正常に表示できるか確認してください。

↑ページトップへ戻る