タイトルバー

拡張子がなくなった。これは、設定だけで解決しそうだな。 ところで、コロンは、拡張子ってわかるかな。
残念ながら、なんのことかわからないわ。よく耳にはするんだけど...。
なるほど、じゃ、拡張子から説明しようか。 たとえばここに「練習.doc」というファイルがあるとしよう。ファイル名の後についている「.doc」のような記号に見覚えはないかな。
そういえば、「.doc」とか「.xls」「.jpg」なんていうのをよく目にするわ。
これが拡張子というやつなんだ。たとえば「.doc」はワープロソフトのワードで、「.xls」は表計算ソフトのエクセルで作ったファイルに付けられる。つまり、拡張子を見ると、そのファイルがどんなソフトで作られたものか、画像か音声のファイルかなんてことがわかるんだ。
なるほど、それでAさんは拡張子が見えないと不便だというわけね。

事件解決へ

次の手順で設定を変更すると、拡張子が元通りに表示されるはずだよ。

1) スタートメニューから[設定]-[フォルダオプション]を選択します。 フォルダオプションのダイアログボックスが表示されます。

2) フォルダオプションのダイアログボックスで「表示」タブを選択します。

3) 詳細設定欄の「ファイルとフォルダ」にある「登録されているファイルの拡張子は表示しない」がチェックされていたら、そのチェックを外して□にします。

 



真犯人は?
今回の真犯人は、設定を変更したままにしていたC男君でした。
Aさん:
よかったよかった、拡張子が見えるようになったよ。
C男君:
父さん、ごめんね。設定を戻すのを忘れていたんだ。

前へ戻る TOPへ戻る  
Copyright(C)NEC Corporation 2000