MACアドレスフィルタリングの設定方法が知りたい

No. 00228

MACアドレスフィルタリングの設定方法が知りたい

公開日 2009/08/31 最終更新日 2016/10/12

回答

MACアドレスフィルタリングの設定手順は、最初に無線LAN端末のMACアドレスをAtermに登録をして、そのあとにMACアドレスフィルタリングを有効にします。

手順は以下のとおりです。

以下の機種リストより、機種名にカーソルを合わせてクリックしてください。詳細を表示します。

WG2600HP2

初期設定では、『見えて安心ネット』機能が有効です。

『見えて安心ネット』が有効の場合、『見えて安心ネット』で「おとなの端末」「こどもの端末」に登録することで、MACアドレスフィルタリングの設定が完了します。

下記手順内の「MACアドレスフィルタリングを有効にする」の手順のみ行ってください。

なお、従来のAtermシリーズのようにMACアドレスフィルタリングの設定画面で設定を行いたい場合は、以下の手順で行ってください。

MACアドレスフィルタリング画面で設定が行えるように、初期設定を変更する

『見えて安心ネット』が有効の場合、MACアドレスフィルタリング画面での設定が行えないため、『見えて安心ネット』を無効にします。

なお、『見えて安心ネット』で登録したMACアドレスフィルタリングの設定は、登録されたまま引き継がれます。

手順は以下のとおりです。

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『詳細設定』より『その他の設定』を選択してください。

    ※『その他の設定』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『その他の設定』画面が開きますので、「子機の接続制限」の[接続制限方式]で【MACアドレスフィルタリング】を選択します。
  4. アラートが表示されますので【OK】ボタンを押してください。
  5. 【設定】ボタンを押してください。
  6. アラートが表示されますので【OK】ボタンを押してください。

以上で、MACアドレスフィルタリングの設定が行えるようになりました。

引き続きMACアドレスフィルタリングの設定を行います。

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。

    ※『MACアドレスフィルタリング』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【追加】ボタンを押してください。

    タイトル(『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』)の下に、「設定内容を更新しました。」と表示されます。

    設定された内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認を行うことができます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]を【ON】に変更してください。

    【ON】にするとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

以上で完了です。

WG2600HP

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。

    ※『MACアドレスフィルタリング』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【追加】ボタンを押してください。

    タイトル(『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』)の下に、「設定内容を更新しました。」と表示されます。

    設定された内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認を行うことができます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]を【ON】に変更してください。

    【ON】にするとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

以上で完了です。

WG2200HP

初期設定では、『見えて安心ネット』機能が有効です。

『見えて安心ネット』が有効の場合、『見えて安心ネット』で「おとなの端末」「こどもの端末」に登録することで、MACアドレスフィルタリングの設定が完了します。

下記手順内の「MACアドレスフィルタリングを有効にする」の手順のみ行ってください。

なお、従来のAtermシリーズのようにMACアドレスフィルタリングの設定画面で設定を行いたい場合は、以下の手順で行ってください。

MACアドレスフィルタリング画面で設定が行えるように、初期設定を変更する

『見えて安心ネット』が有効の場合、MACアドレスフィルタリング画面での設定が行えないため、『見えて安心ネット』を無効にします。

なお、『見えて安心ネット』で登録したMACアドレスフィルタリングの設定は、登録されたまま引き継がれます。

手順は以下のとおりです。

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細設定』-『その他の設定』を選択してください。
  3. 『その他の設定』画面が開きますので、「子機の接続制限」の[接続制限方式]で【MACアドレスフィルタリングエントリ】を選択して、【設定】ボタンを押してください。
  4. アラートが表示されますので【OK】ボタンを押してください。
  5. 画面右下の【設定】ボタンを押してください。
  6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

以上で、MACアドレスフィルタリングの設定が行えるようになりました。

引き続きMACアドレスフィルタリングの設定を行います。

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

  6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

以上で完了です。

WG1900HP・WG1200HP2

初期設定では、『見えて安心ネット』機能が有効です。

『見えて安心ネット』が有効の場合、『見えて安心ネット』で「おとなの端末」「こどもの端末」に登録することで、MACアドレスフィルタリングの設定が完了します。

下記手順内の「MACアドレスフィルタリングを有効にする」の手順のみ行ってください。

なお、従来のAtermシリーズのようにMACアドレスフィルタリングの設定画面で設定を行いたい場合は、以下の手順で行ってください。

MACアドレスフィルタリング画面で設定が行えるように、初期設定を変更する

『見えて安心ネット』が有効の場合、MACアドレスフィルタリング画面での設定が行えないため、『見えて安心ネット』を無効にします。

なお、『見えて安心ネット』で登録したMACアドレスフィルタリングの設定は、登録されたまま引き継がれます。

手順は以下のとおりです。

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『基本設定』より『基本設定』を選択してください。
  3. 『基本設定』画面が開きますので、「子機の接続制限」の[接続制限方式]で【MACアドレスフィルタリング】を選択します。
  4. 【設定】ボタンを押してください。
  5. アラートが表示されますので【OK】ボタンを押してください。
  6. 『設定変更受付完了』画面が開きますので、【今すぐ再起動する】ボタンを押して、再起動を行ってください。
  7. 再起動が完了すると、「再起動が完了しました。」と表示されますので、【OK】ボタンを押してください。

以上で、MACアドレスフィルタリングの設定が行えるようになりました。

引き続きMACアドレスフィルタリングの設定を行います。

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。

    ※『MACアドレスフィルタリング』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【追加】ボタンを押してください。

  6. 『設定変更受付完了』画面が開きますので、【今すぐ再起動する】ボタンを押して、再起動を行ってください。
  7. 再起動が完了すると、「再起動が完了しました。」と表示されますので、【OK】ボタンを押してください。

    以上で、設定は完了です。

    設定された内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認を行うことができます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]を【ON】に変更してください。

    【ON】にするとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 『設定変更受付完了』画面が開きますので、【今すぐ再起動する】ボタンを押して、再起動を行ってください。
  6. 再起動が完了すると、「再起動が完了しました。」と表示されますので、【OK】ボタンを押してください。

以上で完了です。

WG1800HP2・WG1800HP・WG1400HP・WF1200HP2・WF1200HP

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

  6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。
  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

以上で完了です。

WG1200HS・WG1200HP・WF800HP

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細モード』に切り替えて、『Wi-Fi設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 「MACアドレス」に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。「コメント」は必要に応じて任意で入力してください。

     MACアドレスの入力は、「1234567890AB」のように入力します。

    「12:34:56:78:90:AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように「:」(コロン)や「-」(ハイフン)の入力は不要です。

  4. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスエントリ』で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. 左メニューから『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. 「プライマリSSID」(または「セカンダリSSID」)の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】を選択します。

    ※ 使用を行うSSID側で【使用する】を選択してください。

  3. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

以上で、設定は完了です。

WG800HP

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『Wi-Fi(無線LAN)設定』より『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。

    ※『MACアドレスフィルタリング』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

    タイトル(『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』)の下に、「設定内容を更新しました。」と表示されます。

    設定された内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認を行うことができます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、『Wi-Fi(無線LAN)』より『Wi-Fi設定詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSIDを選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]を【ON】に変更してください。

    【ON】にするとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

以上で完了です。

WG600HP・WR9500N・WR8750N・WR8700N・WR8600N

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『無線LAN設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

  6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『無線LAN設定』-『無線LAN詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『無線LAN詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSID(プライマリまたはセカンダリ)を選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「無線LAN端末(子機)の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

以上で完了です。

WG300HP

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

    1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
    2. 左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
    3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
    4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

       MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

      「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

    5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

    6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

      保存された設定内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『Wi-Fi(無線LAN)設定』を選択してください。
  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSID(プライマリまたはセカンダリ)を選んで【選択】ボタンを押してください。
  3. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

以上で完了です。

WF300HP2・W500P・W300P

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細モード』に切り替えて、『Wi-Fi設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 「MACアドレス」に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。
  4. 「コメント」は必要に応じて任意で入力してください。

     MACアドレスの入力は、「1234567890AB」のように入力します。

    「12:34:56:78:90:AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように「:」(コロン)や「-」(ハイフン)の入力は不要です。

  5. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスエントリ』で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. 左メニューから『Wi-Fi詳細設定』を選択してください。
  2. 「プライマリSSID」(または「セカンダリSSID」)の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】を選択します。

    ※ 使用を行うSSID側で【使用する】を選択してください。

  3. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

以上で、設定は完了です。

WF300HP・WR9300N・WR8500N・WR8400N・WR8370N・WR8300N・WR8200N・WR8170N・WR8160N・WR8175N・WR8150N・WR8100N・WR4500N・WR4100N・WM3800R・WM3600R・WM3500R・WM3450RN・WM3400RN・WM3300R・MR05LN・MR04LN・MR03LN

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

    1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
    2. 左メニューから『無線LAN設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
    3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
    4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレスエントリ追加」の[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

       MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

      「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

    5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。

    6. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

      (【保存】ボタンがない機種は、押す必要はありません)

      保存された設定内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『無線LAN設定』-『無線LAN設定』を選択してください。
  2. [対象ネットワークを選択]で、MACアドレスフィルタリングを有効にするSSID(プライマリまたはセカンダリ)を選んで【選択】ボタンを押してください。

    (WR8200Nをご使用の場合は、本手順を行なう必要はありませんので次の手順に進んでください。)

  3. 「無線LAN端末(子機)の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

    (【保存】ボタンがない機種は、押す必要はありません)

以上で完了です。

WR8165N

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細モード』に切り替えて、『無線LAN設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 「MACアドレス」に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。「コメント」は必要に応じて任意で入力してください。

     MACアドレスの入力は、「1234567890AB」のように入力します。
    「12:34:56:78:90:AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように「:」(コロン)や「-」(ハイフン)の入力は不要です。

  4. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

    保存された設定内容は、『MACアドレスエントリ』で確認できます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. 左メニューから『無線LAN設定』を選択してください。
  2. 「プライマリSSID」(または「セカンダリSSID」)の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】を選択します。

    ※ 使用を行うSSID側で【使用する】を選択してください。

  3. 【設定】ボタンを押し、画面の指示に従って再起動をしてください。

以上で、設定は完了です。

WR7870S・WR7850S・WR7800H

Atermに接続を許可する無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『無線LAN設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 『MACアドレスフィルタリング(無線)』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレス編集」の[エントリ番号]で使用していない番号を選択します。はじめて登録する場合は、【1】のままお進みください。

    引き続き、[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  4. MACアドレスの入力が完了いたしましたら、【編集】ボタンを押してください。

  5. 【最新状態に更新】ボタンを押します。「無線接続を許可するMACアドレス」に編集を行ったMACアドレスが表示します。
  6. 左メニューの【登録】ボタンを押して、設定を保存してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  7. Atermが再起動を行いますので、再起動が完了するまでお待ちください。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『無線LAN設定』-『無線LAN詳細設定』を選択してください。
  2. [編集する動作モード]で、MACアドレスフィルタリングを有効にする動作モードを選択してください。
  3. 「無線LAN端末(子機)の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  4. 【設定】ボタンを押してください。

  5. 左メニューの【登録】ボタンを押して、設定を保存してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  6. Atermが再起動を行いますので、再起動が完了するまでお待ちください。

以上で完了です。

WR6670S・WR6650S・WR6600H・WR1200H

Atermに接続を許可する無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスをあらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細設定』-『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。
  3. 『MACアドレスフィルタリング(無線)』画面が開きますので、「接続を許可するMACアドレス編集」の[エントリ番号]で使用していない番号を選択します。はじめて登録する場合は、【1】のままお進みください。

    引き続き、[指定方法]が【手動設定】であることを確認して、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  4. MACアドレスの入力が完了いたしましたら、【編集】ボタンを押してください。

  5. 【最新状態に更新】ボタンを押します。「無線接続を許可するMACアドレス」に編集を行ったMACアドレスが表示します。
  6. 左メニューの【登録】ボタンを押して、設定を保存してください。

    ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  7. Atermが再起動を行いますので、再起動が完了するまでお待ちください。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。

引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、左メニューから『詳細設定』-『無線LAN側設定』を選択してください。
  2. 「無線LAN端末(子機)の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]で【使用する】にチェックを入れてください。

    チェックを入れるとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。
  3. 【設定】ボタンを押してください。

  4. 左メニューの【登録】ボタンを押して、設定を保存してください。
  5. ボタンを押すとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。
  6. Atermが再起動を行いますので、再起動が完了するまでお待ちください。

以上で完了です。

W1200EX-MS・W1200EX

初期設定では、『見えて安心ネット』機能が有効です。

『見えて安心ネット』が有効の場合、『見えて安心ネット』で「おとなの端末」「こどもの端末」に登録することで、MACアドレスフィルタリングの設定が完了します。

下記手順内の「MACアドレスフィルタリングを有効にする」の手順のみ行ってください。

なお、従来のAtermシリーズのようにMACアドレスフィルタリングの設定画面で設定を行いたい場合は、以下の手順で行ってください。

MACアドレスフィルタリング画面で設定が行えるように、初期設定を変更する

『見えて安心ネット』が有効の場合、MACアドレスフィルタリング画面での設定が行えないため、『見えて安心ネット』を無効にします。

なお、『見えて安心ネット』で登録したMACアドレスフィルタリングの設定は、登録されたまま引き継がれます。

手順は以下のとおりです。

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『基本設定』より『基本設定』を選択してください。
  3. 『基本設定』画面が開きますので、「子機の接続制限」の[接続制限方式]で【MACアドレスフィルタリング】を選択して、【設定】ボタンを押してください。
  4. アラートが表示されますので【OK】ボタンを押してください。
  5. 『設定変更受付完了』画面に切り替わるので【今すぐ再起動をする】を押して再起動をしてください。

    再起動中は完了するまでお待ちください。

以上で、MACアドレスフィルタリングの設定が行えるようになりました。

引き続きMACアドレスフィルタリングの設定を行います。

無線LAN端末のMACアドレスを登録する

登録を行なう無線LAN端末のMACアドレスは、あらかじめ控えておいてください。

(参考情報として、無線LAN端末のMACアドレスが知りたいを公開しています)

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『子機との接続設定』より『MACアドレスフィルタリング』を選択してください。

    ※『MACアドレスフィルタリング』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面が開きますので、【追加】ボタンを押してください。
  4. 『MACアドレスフィルタリング エントリ追加』画面が開きますので、[MACアドレス]に無線LAN端末のMACアドレスを入力()します。

     MACアドレスの入力は、2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力します。

    「1234567890AB」や「12-34-56-78-90-AB」のように無線LAN端末のMACアドレスが記載されている場合、「12:34:56:78:90:AB」と入力します。

  5. MACアドレスの入力が完了いたしましたら【設定】ボタンを押してください。
  6. 『設定変更受付完了』画面に切り替わるので【今すぐ再起動をする】を押して再起動をしてください。

    再起動中は完了するまでお待ちください。

    設定された内容は、『MACアドレスフィルタリング エントリ一覧』画面で確認を行うことができます。

以上で、MACアドレスの登録は完了です。引き続き、MACアドレスフィルタリングを有効にします。

MACアドレスフィルタリングを有効にする

  1. クイック設定Webの、『子機との接続設定』より『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択してください。

    (5GHz帯側でMACアドレスフィルタリングを有効にする場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください)

  2. 「子機の接続制限」の[MACアドレスフィルタリング機能]を【ON】に変更してください。

    【ON】にするとアラートが表示されますので、内容を確認して【OK】ボタンを押してください。

  3. 【設定】ボタンを押してください。
  4. 『設定変更受付完了』画面に切り替わるので【今すぐ再起動をする】を押して再起動をしてください。

    再起動中は完了するまでお待ちください。

以上で完了です。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HS、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1900HP、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

W1200EX、W1200EX-MS

WM3300R、WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

MR03LN、MR04LN、MR05LN

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。