121ware 閉じる


ウイルスバスター in 121ware

受け取りたくない、読みたくない! 迷惑メールの対処法、教えます

<ページ1>

<ページ2>

<ページ3>

  • 図解 メールソフトの対策機能を利用する(前半)

<ページ4>

<ページ5>

メールソフトの迷惑メール対策機能を利用する

メールソフトにも、迷惑メールをできるだけシャットアウトする機能がついています。マイクロソフトが無料提供しているメールソフト「Windows Liveメール」を例に、迷惑メール対策機能の使い方を紹介しましょう。

※Windows7では、推奨メールソフトとしてWindows Liveメールが無料で提供されています。Windows LiveメールはマイクロソフトのWindows Live公式サイトから無料ダウンロードできます(Windows Liveへのログインが必要です)。

Windows Liveメールには、迷惑メールフィルタ機能が搭載されています。これを利用すれば迷惑メールと思われるメールは、受信しても受信フォルダには入らずに、専用フォルダ([迷惑メール]フォルダー)に自動で移されます。

迷惑メールフィルタ機能では、4段階の「迷惑メールの処理レベル」が設けられ、レベルに応じて、迷惑メールかが判断されます。処理レベルは、以下の手順で確認・変更できます。

迷惑メールの処理レベルを選ぶには

1.画面の左上端にある▼メニューをクリックして開き、「オプション」→「セキュリティのオプション」の順にクリックして選びます。

1.画面の左上端にある▼メニューをクリックして開き、「オプション」→「セキュリティのオプション」の順にクリックして選びます。

2.「セキュリティのオプション」画面で「オプション」をクリックすると、以下の画面が表示され迷惑メールの処理レベルを設定できます。

2.「セキュリティのオプション」画面で「オプション」をクリックすると、迷惑メールの処理レベルを設定する画面に変わります。

初期設定では「低」が設定されています。これを「高」にすると、不審なメールのほとんどが迷惑メールと判断され、自動的に専用フォルダに振り分けられます。

ただし判断基準がかなり厳しくなるため、一般のメールが誤って迷惑メールとして処理されてしまう可能性があります。この場合は定期的に迷惑メールの入ったフォルダをチェックし、迷惑メール以外の通常メールが含まれていないか確認することが必要です。

メール振り分け機能を利用して、迷惑メールを自動で分類する

このほか、「メッセージルール」というメールの振り分け機能を利用する方法もあります。これは、メールのタイトルや文中に含まれるキーワードから、迷惑メールと思われるものを自動的に分類して、指定したフォルダに振り分けるものです。

例えばタイトルに「広告」「交際相手」などとついたメール、また特定の相手(メールアドレス)から送られてくるメールなどを、迷惑メールとしてルールづけするのです。メッセージルールによって振り分けられた迷惑メールは、受信しても自動的に指定したフォルダに移るので、読まずに済みます。

ここではタイトルに「広告」という文字が含まれるメールを迷惑メールとして、フォルダに振り分ける方法を紹介します。

1.「フォルダー」のメニューから「メッセージ ルール」をクリックします。

1.「フォルダー」のメニューから「メッセージ ルール」をクリックします。

2.「ルール」画面が開いたら、「電子メール ルール」の「新規作成」をクリックします。

2.「ルール」画面が開いたら、「電子メール ルール」の「新規作成」をクリックします。

3.「新規のメール ルール」画面が開くので、下図のように条件とアクションを選択して、条件となるキーワードを指定します。

・1つめの欄で条件を指定:「件名に指定した文字列が含まれる場合」をクリックしてチェックをつけます。

・2つめの欄でアクションを指定:「指定のフォルダーにコピーする」をクリックしてチェックをつけます。

・3つめの欄で条件の詳細を編集:青い下線のついた「指定した文字列が含まれる」をクリックします。

3.「新規のメール ルール」画面が開くので、下図のように条件とアクションを選択して、条件となるキーワードを指定します。

4.「単語の入力」画面が開くので、上の欄に「広告」と入力して「追加」をクリックします。

4.「単語の入力」画面が開くので、上の欄に「広告」と入力して「追加」をクリックします。

5.「単語」欄に「広告」が追加されたら、「OK」をクリックして「単語の入力」画面を閉じます。

6.「新規のメール ルール」画面に戻ったら、迷惑メールを振り分けたいフォルダを指定します。青い下線のついた「指定のフォルダー」をクリックします(手順3の図をご覧ください)。

7.「移動」画面が開くので、「迷惑メール」フォルダを選択して「OK」をクリックします。

7.「移動」画面が開くので、「迷惑メール」フォルダを選択して「OK」をクリックします。

8.最後に、一番下の欄にこの条件(ルール)の名前を入力します。ここでは「迷惑メール #1」と入力し、「ルールの保存」をクリックします。

>8.最後に、一番下の欄にこの条件(ルール)の名前を入力します。ここでは「迷惑メール #1」と入力し、「ルールの保存」をクリックします。

9.「ルール」画面に戻ったら、「OK」をクリックして画面を閉じます。

Windows XPのパソコンに標準で搭載されているメールソフト「Outlook Express」をお使いの場合も、メールの振り分け機能を利用して、迷惑メールを自動的に隔離することができます。Outlook Expressでメールを振り分ける方法は、以下の記事を参照してください。

「セキュリティ教本」
迷惑メール対策 〜Outlook Express編〜

前へ 1 2 3 4 5 次へ



トレンドマイクロ・オンラインショップはこちら


NEC Copyright(C) NEC Personal Computers, Ltd.