ページの先頭

Aterm MR05LN

[筐体画像]

PA-MR05LN

“デュアルSIM”が、さらに便利&快適!
これが
“SIMロックフリー”の進化型。

LTEモバイルルータ
WAN:LTE(LTE-Advanced)
LAN:11ac/n/a(5GHz帯)⇔11n/g/b(2.4GHz帯)

  • *切替利用

本製品に関するお知らせ

LTE-Advanced※1※2 「3CA※3」 & Wi-Fi「11ac※4」対応

高速で安定した通信環境へ!LTE-Advaned※1※2 「3CA※3」対応

インターネットへの接続は、2GHz+1.5GHz+800MHz、3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する「3CA※3」技術に対応したLTE-Advanced※1 ※2(端末仕様として受信最大375Mbps※2、送信最大50Mbps)により高速通信が可能。
スマートフォンなどと接続するWi-Fiは、電波干渉の少ない5GHz帯11acの2ストリームに対応し、最大約867Mbps※5の高速通信を実現。

動画やブラウジングがスムーズなのはもちろん、10台までWi-Fi機器を同時接続することが可能です。
さらに、屋外で利用可能な11acのW56に対応で、屋内⇔屋外それぞれの使用シーンに合わせた快適な高速通信が楽しめます。

  • ※1 LTE-Advancedの技術の一つであるキャリアアグリゲーションの周波数帯組み合わせは、Band1+Band19+Band21、Band1+Band19、Band1+Band21、Band3+Band19、Band19+Band21に対応。
  • ※2 現在のサービス(2016.09.01現在) では、docomo PREMIUM 4G™サービスにおいて2GHz+1.5GHz+800MHzの受信最大337.5Mbpsとなります。2GHz+1.7GHz+800MHzの受信最大375Mbpsには対応していません。3.5GHzを利用したPREMIUM 4G™の受信最大370Mbpsには対応していません。各通信事業者の提供サービスや対応エリアにより、通信速度は異なります。詳しくは通信事業者へご確認ください。
  • ※3 3CA[3波キャリアアグリゲーション]とは、複数の周波数帯を束ねるLTE-Advancedのキャリアアグリゲーションによって、3波を束ねてさらなる通信高速化を図る技術。
  • ※4 11acは、5GHz帯を使用するため、ご利用には切替設定が必要です。
  • ※5 表示の数値は本商品と同等の構成をもった機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

LTE-Advancedの3CAとは?

LTE-Advancedは、複数の周波数帯を束ねて同時通信を行うLTE回線の主要技術のひとつである「CA(キャリアアグリゲーション)」対応によって安定した通信を実現します。2つの周波数帯(2GHz+800MHz)を束ねるキャリアアグリゲーションに対応した「2CA」に加え、MR05LNは、3つの周波数帯(2GHz+1.5GHz+800MHz)を束ねて高速通信を可能にした「3CA」に対応し、さらなる高速化が実現しました。

  • ※ 現在のサービス(2016.09.01現在) では、docomo PREMIUM 4G™サービスにおいて2GHz+1.5GHz+800MHzの受信最大337.5Mbpsとなります。2GHz+1.7GHz+800MHzの受信最大375Mbpsには対応していません。3.5GHzを利用したPREMIUM 4G™の受信最大370Mbpsには対応していません。各通信事業者の提供サービスや対応エリアにより、通信速度は異なります。詳しくは通信事業者へご確認ください。

さらに、3CAの安定した通信を支える2つの方式に対応

アドオンセル

広域エリアをカバーするマクロセル内にスモールセルを追加(あるいはマクロセルを多重化)し、これらを「CA」で束ねて通信を実施。通信が混雑するエリアでも周波数帯の利用効率が向上し、高速通信が可能になります。

周波数ダイバーシティ

電波が弱くなっても通信速度が低下しないよう、電波状況の良い基地局を優先してつなぐことで速度の低下を防ぎ、安定した通信が可能になります。

進化した「デュアルSIM※1」で操作性が向上

選べる2枚のSIMで、さまざまな使い分けができる!

デュアルSIM

MR05LNは、SIMロックフリー※2。つまりSIMロックをかけていないので、シーンにあわせてお好みのnanoSIMカードを選択できます。
また、nanoSIMカードを2枚挿入できる「デュアルSIM※1」対応なので、サービスの異なる2枚のSIMを組み合わせて使うことも可能です。

  • ※1 nanoSIMカードが2枚挿入され、それぞれのAPN設定が完了していることが必要です。同時に利用することはできません。nanoSIMカードを切り替えてご使用ください。
  • ※2 本商品はSIMロックフリー端末です。工場出荷状態でSIMロックをかけておらず、SIMロック解除に係る手続きは必要ありません。本商品が対応している周波数/通信方式は、こちらの「仕様」でご確認ください。動作確認済みサービスについては、「接続確認済みLTE/3Gサービス事業者リスト」でご確認ください。弊社では、本リストに掲載されいないサービスのnanoSIMカードを利用される場合について、動作確認などを実施しておらず、一切の動作保障はおこないません。

SIMカードを取り出しやすい! 独自設計のスロット構造

現在のスマートフォンの主流であるnanoSIMカードの採用に伴い、この小さなSIMカードが取り出しやすいようスロットの構造にも配慮し、SIM装着の使い勝手を向上させました。

「スムーズSIM切替」により、わずか10秒でSIM切り替えが完了

SIMの切り替えはショートカットアイコンから簡単操作。「スムーズSIM切替」により、切り替え時間がわずか10秒と大幅に短縮しました。

【自動SIM切替】機能で、設定した時間などで2枚のSIMを切替可能

あらかじめ設定を行うと、通信量/時間/クレードル装着の有無に応じて、2枚のSIMを自動で切り替えることが可能です※1。たとえば、データ通信量の上限値※2を超えると自動的にnanoSIMカードを切り替えて使うことができるので安心です。

  • ※1 切替時は通信が切断されます。
  • ※2 データ通信量は目安であり、通信事業者が測定するデータ通信量とは異なる場合があります。

APN設定が簡単

APNリストから選択可能

APNリストが本商品に登録されているので、ご契約された通信事業者をリストから選択するだけで設定ができます。
MR05LNでは、新しいMVNOのサービスが追加になるとディスプレイにお知らせします。新たにAPNリストに追加されたSIMを追加する場合に便利です。リストの更新方法についてはユーザーズマニュアルでご確認ください。

文字入力にも対応

タッチパネルで文字を入力(半角英数・記号)することが可能なので、APN設定の接続先登録なども本商品だけで設定できます。

文字の入力は、携帯電話と同じトグル方式(テンキーで文字入力を行う方式)を採用しているので、使いやすくて便利です。[モード]をタップすると大文字/小文字や記号、数字入力に切り替えることができます。
また、数字の入力は、英字のモードにてトグル方式で入力することも可能ですが、数字だけ続けて入力したい場合には数字入力のモードに切り替えれば、スムーズに入力できるので便利です。

さらに「クイック設定Web」から設定を行えば、サービス名の漢字・ひらがな入力も可能になります。

使いやすいタッチパネル式ディスプレイを搭載

初期設定が簡単! はじめて電源を入れるとウィザードが起動

モバイルルータの初期設定がウィザードで行えます。MR05LNではじめて電源を入れると、ウィザードによる初期設定がスタート。画面に従っていくだけで、APN設定など必要な項目を簡単に設定することが可能です。

らくらく無線スタート&WPSによる無線LAN設定も、タッチパネルでよりスムーズに!

らくらく無線スタートマーク
WPS対応マーク

本体ディスプレイの表示をタップするだけで、SSIDや暗号化キーを含む設定情報を子機側に転送して自動登録できます。
強固なAESモードが暗号化キーとして設定済みだから、安心です。

また、Wi-Fi Allianceが定めた無線LAN規格“WPS(Wi-Fi Protected Setup)”に対応したゲーム機やパソコンなども、本体ディスプレイのタップ操作で簡単に設定できます。

[ショートカット]アイコンから簡単操作!

MR05LNはタッチパネル搭載だから、本体での設定も簡単。ホーム画面にある[ショートカット]アイコンをタップすると、「公衆無線LAN」のON/OFFや「ECO機能」のON/OFFなど簡単に操作できるので便利です。

ステータスアイコンで状態がすぐわかる!

MR05LNは、利用中のSIMや回線、電波受信レベルなどの状態がすぐわかるステータスアイコンをディスプレイ上部に配置しています。また、タッチパネルは「スライド方式」を採用しているので、操作しやすく設定もスムーズです。

名称 表示 状態 説明
1. 電波受信レベル 点灯 LTE/3G/公衆無線LANの信号の強度を4段階で表示
消灯 LTE/3G機能が停止中※1で、公衆無線LANでインターネット接続ができないとき
点灯 LTE/3G/公衆無線LANでインターネット接続ができないとき
2. 接続状態 点灯 LTEでインターネットに接続しているとき
点滅 LTEでインターネットに接続処理中
点灯 3Gでインターネットに接続しているとき
点滅 3Gでインターネットに接続処理中
点灯 公衆無線LANでインターネットに接続しているとき
点滅 公衆無線LANでインターネットに接続処理中
3. 通信時に表示※2 点灯 送信時
点灯 受信時
4. nanoSIMカードの状態 ※3 点灯 PINロック中/PUKロック中/PIN未承認状態
(数字はnanoSIMスロット番号)
※3 点灯 nanoSIMカード未挿入または未認識状態
(数字はnanoSIMスロット番号)
※3 点灯 nanoSIMカードを認識
(数字はnanoSIMスロット番号)
※4 点灯 国際ローミング状態
(数字はnanoSIMスロット番号)
5. 有線の接続状態※5 点灯 LAN側をUSB接続しているとき
点灯 LAN側を優先LANで接続しているとき
6. Bluetoothの状態※6 点灯 Bluetoothがオンのとき(右下の数字は接続台数)
消灯 Bluetooth機能がオフのとき
7. 無線LANの状態※6 点灯 LAN側無線LANが2.4GHz帯で動作中のとき
(右下の数字は接続台数)
点灯 LAN側無線LANが5GHz帯(屋外)で動作中のとき
(右下の数字は接続台数)
点滅 チャネル利用開始前のレーダー確認中
点灯 LAN側無線LANが5GHz帯(屋内)で動作中のとき
(右下の数字は接続台数)
  • ※1 ユーザ設定やデータ通信量管理機能などで通信機能が停止されているとき。
  • ※2 公衆無線LANサービスをご利用時には表示されません。
  • ※3 自動SIM切替が動作中のときは、青色点灯
  • ※4 国際ローミング使用時のみ表示。
  • ※5 クイック設定Webの「USBテザリング機能」「クレードル通信機能」で「使用する」のチェックがはずれている場合は表示されません。
  • ※6 ショートカット画面で各機能([LTE/3G][公衆無線LAN][Bluetooth][Wi-Fi])が[OFF]になっている場合は表示されません。

必要な情報はホーム画面で一目瞭然!

ホーム画面で「受信・送信」のステータスや「日付・時刻」など、必要な情報を確認できます。
また、状況によって表示される「APN設定を確認してください」などのメッセージもホーム画面で確認できます。

「データ通信量」部分には、現在のデータ通信量の累計値※1/上限設定値※2が表示されるので、使用量をチェックしながら利用できて安心です。上限設定値については、各SIMごとに設定できるので便利です。

SIM契約ごとのデータ通信量管理にも対応

MR05LNでは、お使いのSIMごとにデータ通信量管理が行えます。データ通信量の月次管理だけでなく、日時管理に加え、設定した上限値になると通信を止めることも可能。サービスに合わせて管理できるので、データ量超過の心配から解放されます。

  • ※1 データ量はあくまで目安です。ご契約の事業者の計測方法と異なる場合があります。
  • ※2 データ通信量の上限値は、各SIMごとに設定が必要です。

好みで変更できるカラータイル

ディスプレイのカラータイルは3色をご用意しました。カラータイルはタッチパネルでいつでも簡単に変更できるので、その日の気分や持ち物にあわせてコーディネートを楽しむことも可能です。

スリムで携帯性に優れたスタイリッシュデザイン

光沢の入ったシルバーパール仕上げのデザインで高級感を演出

正面のフロントパネルと背面のリアカバーを同じ形状にし、サイドにラインが入らないスタイリッシュな本体設計。エッジを効かせたフラットフォルムでありながら、手に心地よいフィット感を提供します。
光沢の入ったシルバーパール仕上げの高級感あるデザインで、モバイルライフのステータスを高めます。

置き忘れを防げる「ストラップホール」付き

MR05LNは、本体底面にストラップホールを装備。コンパクトな本体を外出先に置き忘れてしまわないか心配な場合は、お好みのストラップなどアクセサリーを付けられるので便利です。

複数機器を同時につないでも安心のセキュリティ

異なる暗号化方式の機器の同時利用に便利!【マルチSSID】&【ネットワーク分離】機能

仮想的な2つのアクセスポイント名(SSID)をもうけ、それぞれ個別の暗号化設定を行える【マルチSSID】機能。“AES”対応の無線LAN機器と、ゲーム機など“WEP(128bit)”対応の機器を同時に使うことができます。

また、【ネットワーク分離】機能では、セカンダリSSIDに接続した機器は、インターネットへのアクセスのみ可能とし、プライマリSSIDに接続した機器へのアクセスを制限できます。例えばWEP暗号化を設定したゲーム機から、強固なAES暗号化を設定したパソコンにアクセスできないので安心です。

  • * 【らくらく無線スタート】機能で11bの端末を検出した際には、セカンダリSSIDが有効となり、設定されます。
  • * 公衆無線LANサービスをご利用中には、マルチSSID機能、ネットワーク分離機能はご利用になれません。

長時間使える機能が豊富

Bluetooth®テザリングで最大約30時間通信が可能※1

Bluetooth® テザリング

MR05LNは高速なWi-Fi通信に加え、省電力で長時間通信が可能なBluetooth®テザリングに対応。
外出時や、お使いのnanoSIMカードのご契約に合わせ、Bluetooth®テザリング※2で通信すると、通信速度の抑制や、MR05LNおよび接続しているスマホなどの子機ともに電池持ちの効果があります。

Bluetooth®通信によるテザリング

  • 最大3Mbpsの通信
  • 本商品および接続しているスマートフォンやタブレットともに省電力で運用可能なので、長時間の持ち出し使用やバッテリー残量が少ない場合に

Wi-Fi通信によるテザリング

  • 高速通信により、ストレスなくインターネットの利用が可能
  • ※1 動作時間は使用環境により異なります。
  • ※2 接続する端末(子機)は、Bluetooth® 2.1以上、かつネットワークが接続できるプロファイル(PANU)に対応している必要があります。接続確認機種は、こちらをご覧ください。

休止状態(ボタンによる起動)であれば最大約1250時間の待受け

「クイック設定Web」での設定により、設定した時間経過後に休止状態に移行し、連続待受時間1250時間を実現します。

  • * 1250時間を実現するためには、「クイック設定Web」の電源設定画面から「自動省電力設定」→休止状態を選択、「休止状態設定」→「リモート起動」→使用する のチェックを外してください。

MR05LNで休止状態に移行する方法

本商品の電源が入っているときは、ホーム画面に戻してから電源ボタンを長押しし、電源オプションが表示されたら[休止]をタップすると休止状態となります。

連続待受 最大約40時間が可能なウェイティングモード

スマートフォンからのWi-Fi接続がオフで、通信のない状態が続くと自動的に「ウェイティングモード」に移行し、最大約40時間の連続待受が可能です。スマートフォンのWi-Fi接続が復帰すると、MR05LNがすぐに起動できます。

  • * 接続機器(スマホなど)のアプリやWi-Fi設定により、Wi-Fiが切断されない場合があります。
  • * 「クイック設定Web」の電源設定画面から「自動省電力設定」→ウェイティングを選択する必要があります。

スマートフォンからの操作で連続待受 最大約500時間を実現(工場出荷状態)

スマートフォンからのWi-Fi接続がオフで、接続のない状態が続くと自動的に「休止状態」に移行し、最大約500時間の連続待受が可能です。

また、MR05LNをバッグにいれたままスマートフォンから「Aterm Mobile Tool」アプリを使って休止や復帰が簡単にできます。

「LTE国際ローミング」対応により海外でも利用可能

ドコモWORLD WINGクラス「クラス5」エリア相当に対応※1

3Gエリアに加え、LTEエリアでの国際ローミングにも対応しました。お申し込み手続きを行えば、国内でご使用中のSIMが海外でもご利用になれます。※2

  • ※1 ご利用いただけるエリア・サービスネットワークについては、ドコモ・ホームページでご確認ください。
  • ※2 ご契約の事業者が国際ローミング対応している場合に限ります。詳しくは通信事業者へご確認ください。

公衆無線LANに対応

カフェや駅構内などの「公衆無線LANスポット」に対応!

LTE/3G回線だけでなく、公衆無線LANにも対応しているので、カフェや駅構内などの公衆無線LANスポットで高速なインターネット利用が可能です。

  • ※1 現在のサービス(2016.09.01現在) では、docomo PREMIUM 4G™サービスにおいて2GHz+1.5GHz+800MHzの受信最大337.5Mbpsとなります。2GHz+1.7GHz+800MHzの受信最大375Mbpsには対応していません。3.5GHzを利用したPREMIUM 4G™の受信最大370Mbpsには対応していません。各通信事業者の提供サービスや対応エリアにより、通信速度は異なります。詳しくは通信事業者へご確認ください。
  • ※2 5GHz帯でのご利用には、切替設定が必要です。
  • ※3 表示の数値は本商品と同等の構成をもった機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
  • ※4 公衆無線LAN利用時は、Bluetooth接続台数は1台までとなります。
  • * 公衆無線LANサービスのご使用時には、64bitWEPの暗号化方式には対応しておりません。

専用クレードルでGiga対応のホームルータに早変わり

家に帰れば、ギガビット(有線LAN 1000Mbps)のホームルータに

別売りの専用クレードル「PA-MR05L-EX5C」は、ギガビット(1000Mbps)対応の有線LANポートを1ポート搭載。ホームルータとして利用することも可能になります。

LTEホームルータとして使う(ルータモード)

ご自宅にあるWi-Fi機器はもちろん、デスクトップパソコンなどLANケーブルで接続が必要な機器からも、LTEの高速通信が利用できます。

  • * 充電池パックの保護のため、高温になったら充電を停止することがあります。
  • * 停電復旧後、電池保護のため充電が再開されない場合があります。その場合は、USB ケーブルの抜き差しを行ってください。充電が再開されます。

Wi-Fiアクセスポイントとして使う(ブリッジモード)

ご自宅にブロードバンド環境がある場合には、クレードルと既設のルータをLANケーブルで接続し、MR05LNを【ブリッジモード】にすることで、Wi-Fiアクセスポイントに早変わり。
外出先で使用していたWi-Fi接続機器をそのまま使用できるので便利です。

PA-MR05L-EX5C(オプション)の製品情報

  • * 充電池パックの保護のため、高温になったら充電を停止することがあります。
  • * 停電復旧後、電池保護のため充電が再開されない場合があります。その場合は、USB ケーブルの抜き差しを行ってください。充電が再開されます。

スマ―トフォン用アプリでモバイルをもっと便利に

スマートデバイス(Android、iOS)用に無料アプリを提供

スマ―トフォン・タブレットの画面で、電波強度や電池残量をチェックできる「Aterm Mobile Tool」

「Aterm Mobile Tool」(無料ダウンロードアプリ)を利用すれば、スマートフォンやタブレットからMR05LNを操作できます。
電波状況や電池残量の確認はもちろん、インターネットの接続やリモート起動なども、MR05LNをバッグなどに入れたままスマートフォンの画面で行えます。

さらに、休止状態への移行や休止状態からの「リモート起動」もスマートフォンからの操作で行えます。

  • * 本アプリを起動する前に、「クイック設定Web」画面を開いて管理者パスワードの設定を行ってください。
  • * 本アプリは【ブリッジモード】ではご利用できません。
Aterm Mobile Tool

Mobile Tool(パソコン)

「Aterm Mobile Tool」のダウンロードはこちらから

QRコードを読み取るだけで簡単接続!「らくらくQRスタート」

「Aterm らくらくQRスタート」(無料ダウンロードアプリ)を利用すれば、商品に同梱されているQRコードを読み取るだけで、Atermと無線LAN接続が完了できます。
QRコードに無線接続とセキュリティの情報が埋め込まれているので読み取るだけで自動で設定可能です。
スマートフォン※1を手動で設定する際に必要だった面倒な暗号化キーの入力がなくなります。

  • ※1 「Aterm らくらくQRスタート」をご利用になるスマートフォンなどはカメラ機能に対応している必要があります。オートフォーカス機能がない、また、解像度が低いカメラではQRコードが認識できない場合があります。
らくらくQRスタート

らくらくQRコード(パソコン)

らくらくQRスタート for Androidダウンロード(無料)はこちらから
らくらくQRスタート for iOSダウンロード(無料)はこちらから

  • * 本アプリは無料です。ただしインターネット接続(LTE通信や3G通信など)のパケット通信料はお客様ご負担となります。

ファームウェアの更新も画面タッチでらくらく

新しいファームウェアが公開されたら、画面でお知らせ

新しいファームウェアが公開されると、ホーム画面上にポップアップでお知らせします。

重要なソフトウェアは自動で更新【メンテナンスバージョンアップ機能】

メンテナンスバージョンアップ機能は、本商品のソフトウェアに重要な更新があった場合に自動でバージョンアップするので安心です。

  • * 本機能をご利用になる場合は、この機能に必要なお客様ご使用のMR05LNの機器情報をNECプラットフォームズ(株)のサーバへ通知します。なお、本機能をご利用にならない場合は設定により停止することができます。
  • * 弊社が本商品の機能を提供するうえでソフトウェアのバージョンアップが必須と判断した場合を示します。詳しくはこちらでご確認ください。

「Aterm Mobile Tool」ダウンロードページ

Mobile Tool

下記のQRコードを読み取ると、「Aterm Mobile Tool」のダウンロードページへ簡単にアクセスできます。(スマートフォン・タブレットでQRコードを読み取るアプリが必要です。)

  • * 本アプリは無料です。ただしインターネット接続(LTE通信や3G通信など)のパケット通信料はお客様ご負担となります。

Android用

Android 6.0/5.1/5.0/4.4/4.3/4.2/4.1/4.0
およびGoogle Playに対応した端末(2016年8月現在)
※Android版Aterm Mobile Tool Ver3.0.8以降は、Android4.0未満の端末には非対応です。

iOS用(iPhone・iPad)

iOS 9.1、9.0、8.1x、8.0x、7.0x、6.1、6.0xに対応。(2016年8月現在)

Aterm Mobile Tool QRコード

パソコンの方はこちらから
Aterm Mobile Tool for iOS ダウンロード(無料)