マウスの掃除方法

マウスの掃除方法

Q&A番号:001540  更新日:2018/12/13
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8 Enterprise
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8 Enterprise
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:001540  更新日:2018/12/13

マウスの掃除方法について教えてください。

マウスのクリック時に反応が鈍くなったり、マウスポインターの動きが悪くなったりした場合には、マウスの裏側やセンサー部分、または内部のボールなどを掃除してください。

マウスのクリック時に反応が鈍くなったり、マウスポインターの動きが悪くなったりした場合には、マウスの裏側やセンサー部分、または内部のボールなどを掃除してください。

はじめに

レーザー式マウスや光学式マウスではセンサー部分、トラックボールマウスやボール式マウスではマウス内部のボールやローラーに汚れが付着すると、マウスポインターの動きが悪くなります。このような場合、マウスを掃除することで改善する場合があります。

マウスには複数の種類があります。お使いのマウスがレーザー式マウスや光学式マウスかトラックボールマウスかで該当する項目を参照してください。

マウスを掃除する際の注意事項です。

  • クリーニング中に、マウス内部にゴミが入らないように注意してください。
  • クリーニングの際にマウスから取り出した部品は、なくさないようにしてください。
  • 水や中性洗剤は、マウスに直接かけないでください。故障の原因となります。
  • シンナーやベンジンなどの有機溶剤は、使用しないでください。マウスの外装を傷めたり、故障の原因となったりします。
  • ローラーの汚れを取る場合には、金属ブラシやカッター、ヤスリなどのような硬いものは使用しないでください。ローラーに傷がつき、故障の原因となります。
  • ワイヤレスマウスの場合は、先に電池を取り外してください。

操作手順

マウスの掃除方法については、以下の情報を参照してください。

1. レーザー式マウス・光学式マウスの場合

レーザー式マウスや光学式マウスはマウス底面から光を出し、それをセンサーで検知することでマウスの動きを判断しています。

以下の方法で各部を掃除してください。

マウス外側のクリーニング

乾いたきれいな布で拭いてください。汚れがひどい場合は、水か中性洗剤を布に含ませ、かたくしぼってからふき取ってください。

センサー部分のクリーニング

マウス底面にある読み取りセンサー部分に汚れが付着すると、うまく読み取りができなくなり、マウスが正常に動作しなくなることがあります。この場合、汚れを取り除く必要があります。

※ センサー部分が傷ついてしまうと故障の原因になります。市販されている光学式マウス専用クリーナーを利用するか、エアーブラシなどを使って汚れを取り除いてください。

2. トラックボールマウス・ボール式マウスの場合

回転するボールを用いたマウスでは、マウスの内部にホコリなどが入って汚れていると、マウスの操作がうまくできなくなってしまいます。

以下の方法で各部を掃除してください。

マウス外側のクリーニング

乾いたきれいな布で拭いてください。
汚れがひどい場合は、水か中性洗剤を布に含ませ、かたくしぼってからふき取ってください。

ボールのクリーニング

以下の手順で掃除します。

※ トラックボールマウスの場合は、マウスの説明書を確認し、ボールを取り外して掃除します。

  1. マウスの裏側のボール止めを、反時計方向に回します。
    マウスの裏側のボール止めを、反時計方向に回します

  2. ボール止めを取り外し、ボールを取り出します。
    ボール止めを取り外し、ボールを取り出します

  3. ボールを中性洗剤で洗い、汚れを落とします。

  4. 水で中性洗剤を洗い流します。

  5. 乾いた布で水分をふき取り、風通しの良い場所で十分に乾燥させます。

  6. ボールをマウス内に戻します。

  7. ボール止めを取り外したときと逆の手順で取り付けます。

以上で操作完了です。

ローラーのクリーニング

以下の手順で掃除します。

  1. 前述の操作手順1〜2で、ボールを取り出します。

  2. マウス内部のローラーについた汚れを、乾いた布でこすり落とします。
    落ちない場合は、柔らかい歯ブラシなどで汚れを取ります(歯ブラシに水や歯みがき粉などを付けないでください)。

  3. ボールをマウス内に戻します。

  4. ボール止めを取り外したときと逆の手順で取り付けます。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る