文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:002951
対象シリーズ:PC98-NX、PC-9821
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Tablet PC Edition、Windows XP Media Center Edition 2004、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、Windows NT Workstation 4.0、Windows NT Server 4.0
最終更新日:2019/02/27
印刷する

◆ 「解像度」とはどういう意味ですか?

「解像度」とはどういう意味ですか?

概要
  ディスプレイプリンタスキャナデジタルカメラなど、さまざまな場面で「解像度」という言葉が登場します。

ここでは、この解像度という言葉の意味と、数字の見方について説明します。

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、PC-9800シリーズをお使いのお客様

内容
  ● 解像度とは
ディスプレイやプリンタ、スキャナやデジタルカメラといった、画像を扱う入出力装置において、画像を表示したり入力したりできるデータの細やかさ(密度)のことを表した数字です。


● 1 インチあたりの解像度
解像度を測る単位は、「dpi (ドット・パー・インチ)」です。
これは、1 インチあたり(約 2.54cm)の中に、どれだけのドット(点。ピクセルともいいます)が入っているかを表します。

例えば、解像度が 72 dpi と 360 dpi では、1 インチ四方の点(ピクセル)の数は違います。
  • 解像度 72 dpi の場合
    72 × 72 = 5184

    1 インチ四方あたりのドット数は、5184 ピクセル
  • 解像度 360 dpi の場合
    360 × 360 = 129600

    1 インチ四方あたりのドット数は、129600 ピクセル
パソコンのディスプレイは、1 インチ四方あたり 72 dpi 〜 96 dpiです。 (機種によって異なる)
プリンタやスキャナも機種によって異なりますが、およそ、プリンタが 600 dpi 〜 2400 dpi の印刷解像度を、スキャナが 10 〜 9600 dpi の読み取り解像度があり、ディスプレイよりも精密な印刷/読み取りをおこないます。

また、この解像度の差が、スキャナで取り込んだ画像が、ディスプレイからはみ出して表示されてしまう原因です。


● デジタルカメラとディスプレイ
  • デジタルカメラの「画素数」

    デジタルカメラで使われる画素数という表記は、上記の解像度とは正確には異なります。

    この「画素」という単位は、画像の中にいくつ点があるかを表したものですが、画像の大きさがまだ決められていないため、解像度は計算できません。
    ちなみに、300万画素というと、おおよそ 1280 × 1024 ピクセル程度の画像にあたります。

  • ディスプレイの「画面の領域」

    Windowsの画面のプロパティで設定できる 1024 × 768 ピクセルとか、640 × 480 ピクセルといった「画面の領域」は、解像度(dpi)ではありません。

    例えば、「画面の領域」を 640 × 480 に設定した場合とは、横 640 ピクセル × 縦 480 ピクセル(= 307200 ピクセル)でディスプレイに画像を表示するということです。
    出力するモニタが大きくても、同じ設定であれば、各ピクセルが拡大されて画面全体に表示されます。

    同じディスプレイで画面の領域の大きさを変えると、ピクセル数が変わるために解像度も変わります。
    そのため、画面の領域の大きさを変えることを、一般に「解像度を変える」と表現します。

関連情報
  特にありません。

補足
  特にありません。


◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。